株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 
 

★皆様、ご迷惑おかけしました。m(__)m 【吉野】★ 2010年09月30日(木)

松戸店ではあいおい損害保険の取り扱いも行っています。

松戸の担当は笑顔の可愛い、20代の女性の立花さん。
若いですが、まじめで気配りの出来る女性です。

実は、保険の取り扱いをするには試験を受けて、合格しなければ説明したり、領収書を切ったりすることができません。ですから、各保険会社の募集人試験に合格し、その後、商品試験も合格しなければならないのです。

1か月半前、立花さんが来所した時に

「吉野さん、商品の試験もうそろそろ受けていただきたいのですが。10月になるとあいおいとニッセイ同和と一緒になるのでテキストが変わるので9月の試験受けませんか?」

うーん、今まで延ばしてもらっていたし、いずれは受けなきゃいけないし・・・・

「じゃぁ 受けようかな…」

「分りました。手続きしますね。」

というやり取りが1か月半前にあったのに、仕事にかまけてテキストを開かなかった私。
(もちろん、きちんと講習も受け、この内容であれば、2日前にもう一度テキストを確認すれば、
合格点はとれるかなぁと、予測を立てての行動ですが。)

今回は予測が大幅に外れ、大慌てです。
テストの前々日、26日の朝から頭痛がひどくなり、熱が上がってきて思わず会社でダウン。
午後からは市川市国分のY様の契約があり、柴田と伺う予定でしたが、急遽坂本にバトンタッチ。
もちろん、勉強どころではなく、どうにかこうにか回復したのが27日の朝でした。

坂本はスケジュールの変更し、契約に行ってもらい、

Y様にはご心配をおかけし、

浦安市で建築されるN様奥様、鎌ヶ谷市で建築中のH様奥様にもがんばってメールをいただき、

会計の先生にもお気遣いいただき、早めに打ち合わせを切り上げていただいたり・・・・

前日の夜には坂本、柴田に一夜漬けグッズ(清涼目薬、肩こり用のシップ、チョコラBB、しょうが湯、機能性食品ゼリー、ビタミンC飲料etc・・)を差し入れてもらい、どうにかこうにか試験に臨むことができました。


さて、周りの方に助けられ、どうにかこうにか受けた試験。

結果は一週間後です。 

皆さんに顔向けできるでしょうか・・・・・ドキドキです。


 

■西小岩H様1年点検  【柴田】■ 2010年09月29日(水)

昨年西小岩で建築されたH様宅のアフター点検に行ってきました。

久しぶりぃーブッチィちゃん。元気だったかな?




まずは、外回りの10項目のチェックを行い、その後、室内の建具、サッシ、クロス、配管等の27項目チェックを行っていきます。
今回のチェックで補修が必要な場所は、ブッチィーちゃんが突進し、空いてしまった網戸の隙間とクロスのすきでした。
業者と日時を決めて連絡させていただくことになりました。

帰り際にH様ご主人様が、「快適で暖かく、過ごしやすい家です。」とニコニコしながら言ってくださいました。
感激です!!

H様、お茶ごちそうさまでした。
これからも末長いお付き合いよろしくお願いいたします。


 

★Y様リフォーム契約 【吉野】★ 2010年09月27日(月) 

市川市国分にお住まいのY様にリフォーム契約をいただきました。
今回のリフォームは外壁・屋根の塗装と、室内リフォームです。

Y様のお住まいはとてもモダンなお住まいですので、そのイメージを崩さないよう、工事を進めていきたいと思っています。

Y様、数多い工務店の中から当社をお選びいただきありがとうございます。
今後とも末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。


Y様、昨日のご契約の時に伺えませんでしたが、私は元気に仕事をしておりまーす。
お気遣いいただきありがとうございます。


 

■H様現場確認 【柴田】■ 2010年09月25日(土)



鎌ヶ谷市東中沢のH様邸の現場確認に行ってきました。
只今私、現場泣かせの天気で毎日天気予報とにらめっこ状態です。
本日現場には大工さん、基礎屋さんが入っています。基礎屋さんは土間の生コン打設と次の現場の確認作業を行いました。

それでは通常あまり見ることのない生コン打設画像です。





いかがですが?

家は色々な業者さんの手を借りて仕上がっていくものです。一人一人が誠実に仕事をしてくれるおかげで、お施主様が安心してお住まいいただける家を造ることができるのです。

私は当社の協力業者さんを心から信頼しています。
いつも誠実な仕事をしてくれて本当にありがとうございます。

 

■注文住宅を建てるスタッフの日常in松戸  【柴田】■ 2010年09月21日(火)

先週は忙しくブログアップがなかなかできずにいましたが、とあるお施主様から
「ブログアップしてないけど、身体の調子はどう?」というお電話をいただきました。



大丈夫です。元気ですよ。
ということで、ロシア民謡『一週間の歌」風に先週の日常をまとめてアップしてます。

月曜日は松戸市で建築されるN様と松戸市でリフォームを検討中のK様とお打ち合わせ。


火曜日は松戸市で建築予定のM様と打ち合わせ。


水曜日H様邸の業者打ち合わせ。打ち合わせがない時に一気に事務処理を済ませます。
木曜日は西小岩のS様邸に訪問。


金曜日は松戸市で建築予定のM様奥様ともっくん、松戸市で建築されるN様奥様とみーちゃんと
パナソニックショールームへ。


M様ご家族様と、N様ご家族様はこれからご近所なる予定。
お子さんも同学年ですので、家族ぐるみのお付き合いが始まるといいですね。


ママ達が見学している間は吉野ともっくん、みーちゃんのお世話を。
吉野はお昼寝させるのが上手です。 眠り薬でも飲ませているかと思うほどです。


ショールームの帰りにN様のご自宅に訪問させていただきました。
好奇心旺盛のもっくんVS慎重派みーちゃん。
仲良くしてね。


土曜日は土地探しをされているI様と土地の見学へ。
ゆっくり、じっくり探しましょうね。


日曜日は鎌ヶ谷市で建築中のH様と現場確認。


T様、これが私の一週間の仕事ですう~ テュラテュラテュラテュララァ ♪

m(__)m


 

回回回 ご趣味は・・・ 回回回【坂本】 2010年09月20日(月)

暦上では、充分秋の筈ですが
本日打ち合わせの合間にM様ご夫婦とMotor樹君とお昼を食べに外に出たら
まだ蝉が鳴いているAutumn in Matudoです。

秋といえば、「スポーツの秋」、「読書の秋」、「食欲の秋」、なんでもありの季節ですね。

趣味に没頭するには最適な季節ということなのでしょうか。
お施主様の中には、趣味のための部屋をつくられた方もいらっしゃいます。

私は趣味を聞かれると「読書です。」と反射的に答えてしまいますが、厳密に言うと
「読書中毒」です。ジャンルを問わず、図書館で手当たり次第借りてきて読みます。
なぜ、図書館かというと、実家にいた頃は本を買っていたのですが、引越しする際に
段ボールで3箱処分しました。勿論それだけではないのですが、少しは処分しないと
いけないということで、泣く泣く処分する分としてより分けたのが段ボール3箱でした。
その悲しみのせいか、本は基本的には図書館で借りるようにしています。

そして読み始めると、他のことを何もしなくなります。休みが続くと1日3冊ペースで
読んでいきます。
ご飯も食べず、朝から読み始めて気づいたらあたりが暗くなっていたというのは
日常茶飯事です。一週間休みがあれば、確実に読書で不健康なダイエットができると
思います。しかし、ちょっと状況的に歯止めの効かない自分が危ないと思い、
定期的に本断ちをします。今、本断ちしている最中です。
これは、すでに病気の域に達しているので、本来では趣味でも何でもないと、
自覚はしています。だから、安易に「趣味は読書です」という時に罪悪感を感じます。

皆さんのご趣味はなんですか。

ちなみに吉野は絵本博士です。絵本は小さい頃から、保護者向けのあとがきまで
読んでいたそうですので、子供にどんな絵本を読ませればいいのか分からない方は
是非、吉野までお気軽にお尋ねください。
それから、吉野の趣味ですが、今日確信したことがあります。
それは「子供」です。

吉野の趣味は子供です。

今日、事務所で「あーーーー癒されるーーーー」とトローンとした瞳で呟いているので
「何に」と聞いたら、「**ちゃん(お施主様のお子さん)の写真見てたら癒される」と
至福の顔でパソコンに向かっていました。
子供が趣味なだけあって、面倒見がとにかくいいです。そして、気が利きます。
育児で困っているお母様、ちょっと気分転換したい時には吉野にお子さんを預けて
ください。それが吉野の癒しの時間になること請け合いです。

柴田の趣味はスノーボードです。技量はプロ並みだそうです。冬が楽しみです。
柴田の癒し顔を見られるのは「リラックマ」。意外とかわいい一面があります。

お施主様にお会いすると皆様口々に「今度の釣り部は・・・」とおっしゃいます。
以前、松戸店で主催した釣りを皆様相当楽しまれたようで、何よりです。
趣味がもともと釣りだったのか、これを機に釣りが趣味になったのか、とにかく
うれしい限りです。
ちなみにこのイベントの中心人物は、当社の大工です。
建築のことでも釣りのこと、政治の話でも何でもござれの、この大工さん、とにかく
味わい深い、一緒にいて飽きない人です。

また、吉野と柴田が画策しているようですので、釣り部の皆様方今しばらくお待ちください。
 

★突然の暴風雨 【吉野】★ 2010年09月14日(火)

昨日打ち合わせが終わり、食事をしてから明日の打ち合わせの準備をしようかと思っていた所、
『ゴロゴロ! ガッシャーン』という凄い音が。

もしかして雨が降る?なんか、風も強くなってきたし・・・・
そうです。心配なのは11日に上棟した現場のこと。

現場の足場や材料、シートなどが暴風で飛ばされていないかがとても気になるのです。
慌てて、インターネットで天気情報を確認すると、波浪警報が出ていました。

とりあえず、現場を見に行こうということになり急遽現場へ。

現場についてホッ。
ネットは風が流れやすい様にあげてありました。
さすが篠さん。(大工さんです)

今日は朝から打ち合わせが入っていますので、終わり次第現場に向かいまーす。
 

■H様上棟・K様地鎮祭 【柴田】■ 2010年09月11日(土)

本日は大安吉日。地鎮祭と上棟、二つのおめでたいことが重なりました。
私は上棟担当、吉野、坂本が地鎮祭・打ち合わせ担当に分かれ行うこととなりました。

まずは鎌ヶ谷市で建築中のH様の上棟の様子です。


朝8時から作業を開始し、着々と作業は進んでいきます。

2階の床貼りの前まで確認し、地鎮祭会場へ移動しました。




その前に、前日地鎮祭を行うために草刈りをしている、吉野の面白い姿を公開。

長靴にキャップにゴーグル、マスク姿の吉野。怪しいですよね。


K様の所で刈った草をN様の土地に移動させていただき、地鎮祭の準備完了。
置かせていただいた草は9月13日には集配業者が運んでくれますのでご安心ください。



少し緊張したお顔のご主人様。

げん君は地鎮祭の間おとなしくしていてくれました。  ありがとうね。

地鎮祭も無事終了し、お施主様に敷地確認をしていただき、一路上棟現場へ。
吉野と坂本はK様打ち合わせの為事務所へ。



そして、打ち合わせ終了後上棟現場に向かい上棟式の準備を
してくれました。

大工さんと一緒に四方払いをするH様ご夫妻。



上棟が暑さの為、2時間程遅れましたが無事上棟式を行うことができました。

最後はご夫妻のご両親と記念撮影。皆さんとても素敵な笑顔を向けてくださいました。ありがとうございます。
又、色々とお気遣いいただき、ありがとうございました。


事故のないよう、工事を行って行きたいと思います。
完成の時にご夫妻の最高の笑顔をいただけるよう、工事スタッフ一丸となって頑張ります。

それとですね、奥様が帰り際に言われた、

「釣り部の活動は次回いつですか?」

のお答えですが、只今企画中です。
吉野と堀之内のM様と打ち合わせをしながら決めていきたいと思います。

浦安市のN様からも同様のお問い合わせをいただいておりますので早急に行いたいとは思っております。
今しばらくお待ちくださいね。


 

★M様打ち合わせ 【吉野】★ 2010年09月10日(金)

先日松戸市に建築予定のM様ご家族と事務所にて打ち合わせをさせていただきました。

もとくんは人見知りをあまりせず、いつもニコニコ。
それより柴田の嬉しそうな顔。ご満悦です。

太鼓やピアノの絵本で遊んだ後はお休みタイム。
寝顔もとってもかわいいです。



その間に打ち合わせを進め、本日決めていただくことと、確認していただくことも終わったので
今日の一大イベントを決行することになりました。

それは草刈り・・・・・

この猛暑にもかかわらず、雑草は元気に伸びています。



実はこの分譲地、草を刈らなきゃいけない坪数150坪程ありまして(N様、K様の土地も含め)
徐々に行っていたのですが、M様ご主人様がお手伝いくださるということで、3人で草刈りを行うことに。

まずは先日草刈りをした、K様の土地の草集めを行い・・・・



次はM様の土地の草刈りと草集めを行いました。


牧場で働く人達・・・・・ に見えてしまうのは私だけでしょうか?



M様ご主人様は大変器用な方で、すぐに草刈り機のコツをマスターしバンバン切り倒していました。



奥様ともとくんも様子を見に来てくださいました。
この笑顔たまりません。 癒されます。

暗くなり始めたのでこの日は終了。
M様お疲れさまでした。
この後の処理はお任せくださいね。


 

★I様打ち合わせ 【吉野】★ 2010年09月10日(金)


松戸市で土地をお探し中のI様と打ち合わせをさせていただきました。
まずはHABITAを見学していただこうと思い、事務所からHABITAへ。

途中、堀之内で建築されたM様のご自宅の前を通ると、M様ご主人と外構業者の深野さんが表札を取り付けていました。


すると、突然伺ったのにもかかわらず、M様奥様がリビングを拝見させてくださいました。

我が社のアイドルぴーちゃん登場。お散歩行く途中だったのにごめんね。
M様奥様、突然伺ったのにお住まいを見せていただきましてありがとうございます。



M様のお住まいを見学した後は曽谷のHABITAへ。



I様ご夫妻の愛娘りこちゃん。1歳3カ月の笑顔のキュートな女の子です。



一通り見ていただいた後、事務所へ戻りご要望を伺いました。

今回、りこちゃんの遊び相手は柴田でした。
初めてりこちゃんと会ったので泣かれるかなぁーと思いながら打ち合わせさせていただいていたのですが、ななんと、りこちゃん一度も泣かず!!それどころか楽しそうに柴田と遊んでいました。

これにはI様ご夫妻もびっくりしていました。
人見知りが始まり、知らない人と会うと固まっていたりこちゃん。柴田は人ではなく、クマに見えたのかもしれませんね。(笑)

I様ご家族様ご来場ありがとうございました。
ご不安点、ご不明点ございましたらお気軽にお電話ください。

それでは次回の打ち合わせでお会いできる日を楽しみにしています。

 

★優しい言葉 【吉野】★ 2010年09月09日(木)

この頃お施主様との会話やメールのやり取りで必ず聞かれるのが

「休めましたか?」
「明日は休めますか?」
「身体大丈夫ですか?」
「昨日は何時まで打ち合わせだったのですか?」

皆様ご心配おかけして申し訳ありません。
そして、優しい言葉をいつもありがとうございます。

私も柴田も大丈夫です。
もちろん坂本も。

柴田は見た目より若いですし、(あっ、別に老けていると言っている訳ではありません)
体力は十分あります。

以前ブログでもお伝えしましたが私は前職でコンビニエンスのフランチャイズ本部のトレーナー、OFCを約9年経験しています。
ご存じの通りコンビニエンスのオーナーは24時間年中無休の仕事です。
そのような過酷な労働をされているオーナーさんがビジネスパートナーだった訳ですから仕事で1カ月2カ月休まなくても精神的には大丈夫です。

ただ・・・やはり年を重ねていくとですね、肉体的には少々きつい時もありますが・・・・

でも、大丈夫です。好きで始めた仕事です。
完成し、引き渡した時の大きな喜びが待っているのですから。
この喜び1度体験したらもうこの仕事から離れられません。

引き渡しの時に最高の笑顔をいただけるよう、住ま居るスタッフはがんばります!!


 

回回回 床(フカフカ・段差編) 回回回【坂本】 2010年09月04日(土)

現在の住宅では、決してあり得ないことかと思いますが、
昔の住宅は建築工法及び資材の関係上、長く住んでいると床がフカフカしてきます。
どれくらいフカフカかというと、

「え? 大丈夫?」

というくらいでしょうか。

日本の住宅の歴史は長く、竪穴式住居に始まり、寝殿造り・書院造、
田舎でよく見る田の字型住宅、等その変遷を見ているだけでも
楽しいものです。

田の字型住宅とは、まさに室内の間取りが上から見ると漢字の「田」の字に
なっています。
田舎の祖父母の家がまさに田の字型住宅。味わい深い家なのですが、
何せ築年数が古い。

なんとか、自分のできる範囲でリフォームをしてみたいと思い、
インテリアコーディネータの試験を受験したのが昨年のことです。

おかげさまをもちまして、一次試験は合格したのですが、今年、二次試験の
申し込みを忘れて、あと1年以上勉強する羽目になりました。
これこそが、私の私たる所以なのですが・・・。

さて、そんな話はさておき、祖父母の家で一番気になるのが、床のフカフカです。
大工のさぶちゃんに来てもらう、ということでとりあえず一件落着したのですが、
なぜ、フカフカするのか。

柴田から豆知識を仕入れました。

家をつくる時に、束→大引き→根太→フロアというのが昔の工法でした。
根太の上にフロア材をひくので、フカフカの床はごくごく当たり前のことだったそうです。
今では、束→大引き→合板→(断熱材)→フロアというのが一般的だそうです。
だから、今の住宅は床が固いのが一般的なのだそうです。

さすが、専門家。

それと、もうひとつ。
床の段差が気になります。
今では、段差をなくす住宅が一般的ですが、昔の住宅は段差が多いですよね。
その段差をローコストでなくす場合には、どうすればいいのか。
考えてみました。

◎段差の間に、三角の断面をもつ三角柱を入れる。
◎段差をなくすために、段差分のカーペットを引く。

他に自分でできることが思い浮かびません。

床は実は一番奥が深いのかもしれません。
あまりにも身近すぎて、あまりにも視野から外れていて、でも必ず体が
触れている場所。

フカフカも段差も、さぶちゃん任せにせず、私も何とか祖父母の役に
立ちたい、そう思っています。

皆様の中に、「自分の力でなんとかしたい。でもアイデアだけでも・・・」という
方、いらっしゃいますか?
あなたのお気持ちよーく分かります。だって、私と同じですから。
一緒に考えませんか?きっと、もっといいアイデアが出るかもしれません。

ちなみに、この問題と、前回掲載した「ねるとん」は年内に続きがありますので
お楽しみに。


 

■K様壁補修工事【柴田】■ 2010年09月04日(土)


先日2年前に松戸市で建築されたK様邸の壁補修工事立会いをしてきました。

このきれいな円の穴をあけたのは上のお子様です。
ある意味芸術的です。
なんて、悠長なことを言っていられるのは保険に入っているからです。



穴は一か所でもボードを全部剥がし、もう一度ボードの張替をしなければなりません。


他の床や壁が傷つかない様にきれいに養生をしていきます。

他の場所が傷つかない様にボードを剥がし、施工場所に合うようにボードのカットをしていきます。



その間私と吉野は大工さんの手伝いをしながら各所のお掃除をさせていただきました。
どうしてもボードをはがすとボードの屑が出ますので、養生の隙間から入る屑をきれにするために
キッチンのお掃除もさせていただきました。
ついでにガスコンロの周りなども・・・・




吉野は壁の落書き消しを黙々としていました。



午後からは大工さん、電気屋さんと交代しクロス屋さんの仕事です。



壁の凹凸をなくすな為、丁寧にパテ埋めをし、乾かします。



夕方作業完了。 皆さんお疲れ様でした。


その後は直ちゃんとオセロをやったり、カードゲームをしたり…

なおちゃん、二人ともなおちゃんのプリクラ、携帯に貼ってありますよ。
吉野も、なおちゃんのダンス楽しみにしています。
練習頑張ってね。



 

★N様キッチン水栓DIY 【吉野】★ 2010年09月03日(金)



松戸市で建築されるN様の現在のご自宅のキッチン水栓を柴田とご主人様でDIYしました。
その間私はN様奥様と打ち合わせをしつつ、おしゃべりタイムに突入。



ぬいぐるみの名前はモカちゃん。みーちゃんのお気に入りです。



私達3人がワイワイ楽しんでいるころ、ご主人様と柴田は着々と部品の取り外しを行っていました。


そこで問題発生。なんと、ねじが錆びていて部品の取り外しが思うようにできません。
部品を取り外してから近くのホームズに水栓金具を買いに行く予定でしたが、糸鋸で切断しなければならないので作業を中断してホームズへ向かいました。



子供用の買い物カートがあったのでみーちゃんを乗せようとしたら乗るのではなく押したいとのこと。
私はみーちゃんと二人でぐるぐるとカートを押しまわしていました。

二人でカートで遊んでいる間に水栓も決まり、西野様の自宅に戻ることに。みーちゃんはこのカートが気に入ったらしく、中々離してくれません。
暫く遊んだ後、納得してくれたらしく、離してくれました。



自宅に戻り作業再開。水漏れしない様にしっかり着けてくださいね。


最後に、水漏れしない様にパッキンをし、ボルトを締めて完了です。
作業時間にして約2時間。お疲れさまでした。

DIYって楽しいですよね。
目黒姉さん、もうそろそろお姉さんズ再開しましょうか?
9月下旬に集合しましょう!!


 

■ H様邸JIO配筋検査  【柴田】■ 2010年09月02日(木)


鎌ヶ谷市中沢で建築中のH様邸Ji0配筋検査を行いました。



検査結果はもちろん合格です。H様ご安心ください。

そして、猛暑の中基礎工事を行っている職人さんお疲れさまでした。


.