株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

◆ちびっ子現場見学&重機記念撮影会 2016年9月30日◆

市川市柏井にて、オーナーズ展示場建設工事着工の準備を進めております。
本日も朝から、ショベルカー2台で土を掘り起こす作業です。
近くで見ると迫力ありますね!

お互い、小さい息子を持つ私たちは、「子供に見せてあげたいですね~。」なんて会話をしていると、「じゃ、せっかくだから見せてあげましょう!」と吉野。
勤務中にもかかわらず、急遽子供たちが通う保育園へ早めのお迎えに行き、また現場へ戻り間近で作業中のショベルカーを見せてあげる事ができました。 


子供には色々な体験・経験をさせてあげたいと考えてくださる事がとてもありがたく、またそんな職場でお仕事をさせていただける事に感謝です。





 

◆皆様のお宅の屋根は大丈夫ですか~? 2016年9月20日◆

私事ですが、住まいを建築して丸9年。10年目に突入しました。

スタッフから、「10年経ったら、防蟻処理と屋根をチェックしましょう。」と言われておりましたので、
先日、お施主様宅の作業帰りに我が家の屋根を見ていただきました。
隅々まで見てもらい、チェックは終了したのですが・・・
私も自宅の屋根を確認したく、柴田に懇願し(笑) ユニックのゴンドラに乗せてもらちゃいました。(笑)
自ら、自宅の屋根を見るってそうできませんよね~?(笑)



ユニックのゴンドラに乗って・・・って高~い!楽しい~♪
って楽しんでいる場合ではないですね。自宅の屋根をチェックチェック・・・

全体的に色が薄くなり、特に外側の薄く白くなっている部分が気になりました。 あと1~2年のうちに屋根の洗浄と重ね塗りが必要との事。
見てみると、よーくわかります。 
ついでに雨樋も確認!
10年使ってますが、つまりもなく綺麗でした。


お住まいを長持ちさせるのに大切なのは、時期が来たら現状を確認ししっかりメンテナンスをすること!

日々生活をしておりますと、症状や不便さがないと住まいのメンテナンスなんて忘れてしまいますよね~。


このブログに目を通していただいた方!

皆様のお住まいは大丈夫ですか?屋根に限らず気になる箇所はございませんか?
小さなことでも構いません。いつでも当社までご連絡ください。
一緒に確認させていただきます。

あっ!私のようにご自身で高い場所を確認されたい方もご相談ください。(笑)
 

★家について思うこと 2016年9月15日★

昨日、当社とお付き合いのあるサッシ店の方とサッシメーカ―の方が打ち合わせに見えました。

そして、この度窓の体感ショールームを新設したとの事で見学の案内もされていきました。
今後の国の政策について熱く語るサッシメーカーの担当者。

うん、うん、言ってることはよく分かるけどその仕様の住まいは一体どれだけの人が建てられるの?
という疑問を持ちつつ・・・・・

さて、その疑問はご案内いただいた体感ショールームで実際に体感しながらメーカーさんに伺って来ようと思います。

頂いた資料に目を通し、まずはお施主様の立場で物事を考え頭の中を整理していきたいと思います。


ただ一つ、言い切れるのは当社は現在でも2020年の基準はクリアしています。

果たして、この関東圏から西に2030年の適合住宅基準が必要なのか?
それならばエリアを選んでそのエリアだけは2030年以降の基準にし、補助金を出す等費用対効果のある方法も考えられるのではと考えている今日この頃です。


家は完成して終わるわけではありません。
そこから新しい生活がスタートします。
快適に過ごせることはもちろんですが、家族との思い出を作るために旅行に行ったり、子育て世代の方はお子さんの習い事や塾などの教育費をかけたいと思われることでしょう。
又、老後の資金も蓄えたいと思われる方もいらっしゃると思います。

ですから住宅ローンの返済に追われてゆとりが全くないというのではなんのために住まいづくりをしたのか分からなくなってしまいます。

当社ではそのような事がないよう、総資金計画、ライフプランはもちろん、ご家族様の趣味、子育て世代の方にはどのようなお子様に育てたいか等もお伺いして住まいづくりの提案をさせていただいています。

お施主様から
「変わってますよね。だってショールームへ行く前にショールームは高いものが良く見えるように並んでます。家に収まってしまえば一緒です。○○様のお住まいはご要望に合わせて住設機器をコーディネートしているのですからそのことを踏まえて見学してくださいね、なんて普通言いませんよ。だって高くなる方が売り上げになるじゃないですか?」

とよく言われます。
はい、その通り。お高い物を選べば追加工事になりますので当社も売り上げになります。

しかし、そうならないように、資金計画やライプラン、ご要望をじっくりとお伺いしているのです。
当社は縁あって出会った方と末永いおつきあいをしていただきたいから。
その思いを第一に日々仕事をしています。

 

◆嬉しいお手紙をいただきました 2016年9月12日◆

本日、こんな嬉しいものが届きました。

次男・たいちゃんのお誕生日プレゼントと、先日お届けにあがった梨のお礼にと市川市のK様ご家族様からご丁寧にお手紙をいただきました。
ありがとうございました。
たいちゃんも一生懸命お手紙を書いてくれたんだね。上手だよ~♪
カラフルで可愛いお手紙どうもありがとう。




 

◆リビング収納棚完成~ 2016年9月11日◆

DIYで製作中の収納棚の背板と扉の取り付け作業です。

背板は薄いベニア板を使用しており、ビスだと割れてしまうので釘で止めていきます。

扉は蝶番と合わせ、仕上がりを確認しながら取り付けていきます。






幅140cm 高さ100cm 奥行30cmの棚が完成しました。
我が家の間取りサイズにピッタリ♪
下も11cmほどあけて、収納できるようにしました。

次は収納棚に合わせてテレビボードもDIYでチャレンジできたら・・・と思っております。
 

★イメージパース 2016年9月8日★

現在お打合せさせていただいているH様邸リビングのイメージパースを作成しています。

お好きな色使いを考えながら作成してみるとあっという間に8パース。

とりあえず気に入ったものを選んでみました。


床をダーク色にし、木の柔らかさやぬくもりを強調したリビング。


階段や、手すり、カウンターもダーク色でまとめたリビング


床をホワイト色にし、明るく優しい雰囲気の漂うリビング
イメージが湧きやすいように手持ちの家具を配置したり、床の色を変えたり建具の色を変えたり、造作階段の色を変えたりと色々考えているとあっという間に1日が過ぎてしまいます。

世界でただ一つのオンリーワンの住まいづくり。
ご依頼いただいたご家族様の事だけを考えながら作成する時間はまるで好きな人の喜ぶ顔が見たい思うときと同じ気持ちなのかもしれません。

こようなこともこの仕事の醍醐味なのかもしれませんね。(^^)
 

◆只今、DIY作業中~ 2016年9月7日◆

最近、ホームセンターや100円ショップなどで、「DIY」専用コーナーをよく目にします。
小さなお子様から大人まで、簡単に制作できるものがたくさん販売されています。
書店には、「DIY」の雑誌が多く並んでおります。
 
当社でも先日、お子様達が可愛い小物入れとヘアゴムの飾りを作りました。



そして・・・次のDIYは我が家のリビング収納棚にチャンレンジです。
DIYのいいところは、置きたい場所に合わせてジャストサイズで製作できること。
家具屋さんで気に入った家具を見つけても、既製品でサイズを合わせるって難しいですよね~。

なんなら作っちゃお。って事で作業開始です!

板をカットし、色を塗ります。ホームセンターに並んでる塗料の種類も豊富なんですよ!




今回使った塗料はこれ。

こちらの塗料オススメですよ。
木目を活かしながら、自然に色を付けることができます。
ムラ塗りも目立ちませんので、初めての方でも安心です。






スタッフのサポートのおかげで、形になってきましたー。

あとは背板と扉を付けたら完成です。

DIYにご興味のある方。
スタッフがサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
楽しいですよ~♪
 

★業者打ち合わせ 2016年9月7日★

現在、解体中のO様と、許可申請中のT様邸のサッシ及び住設機器の業者打ち合わせを行いました。

間違えがないように一つ一つ丁寧に確認をしていきます。

例えば玄関ドア一つにしても扉のデザイン、カラーはもちろん、鍵の形状、ハンドルの形状、カラー
と確認することが多いのです。
そして、出隅、入隅用など住まいの形によっても種類が異なります。

本日は2棟ですので半日以上かけて確認をしていきます。
お施主様の大切なお住まい、間違えのないよう、慎重に確認していきます。

完成を楽しみにしておられるO様、T様、今暫くお待ちください。


打ち合わせ中にO様邸の照明プランボードが納品されました。

照明選びも住まいづくりテンションが上がる作業です。
きっとO様もプランボードの納品を楽しみにされていることでしょう。

O様、次回打ち合わせ日時、連絡させていただきますね。(^^)


 

◆可愛い~♪ 2016年9月5日◆

先日、DIY教室に参加していただいたT様のお子様。!

小学校一年生ですが、インパクトもドライバーも上手に使いこなし、作品を仕上げました。
「ドライバー、やった事あるでしょう?」と聞いてみると、「うん!パパとやってるよ!」とSちゃん。

やっぱり~。(笑)
手つきが違いました(^0^)/



後日、お母様が可愛いお写真を送ってくださいました。

完成後、ご自宅でお父さんと一緒に好きな水色とピンクで色付けしたそうです。

可愛い卓上小物入れになったね♪
お母様、お写真ありがとうございました。



 

★鎌ケ谷市O様 オーデリックショールーム 2016年9月4日★

鎌ケ谷市で建築中のO様とオーデリックショールームへ行ってきました。

住まいづくりをするうえで照明のショールームは必須。
なぜならば照度を確認していただきたいからです。
人によって明暗は異なります。
又、電球色の好きな方、昼光色の好きな方と好みも違いからです。

ちなみにどこでもかしこでも本が読みたい私は昼光色が好きですが、お部屋の雰囲気を柔らかくしたい場合、電球色がおすすめです。
又、調光ができるタイプの物もありますのでそれらを上手に取り入れることもおすすめです。





まずは照明取り付け位置とどのような照明をつけるか、確認します。






その後照明の照度や形等を確認していきます。
お部屋の内装やお好きな雰囲気を伺いながらの照明選び。
これも注文建築の醍醐味ですね。(^^)




今日は愛息子ちゃん達はご主人様のお姉様が預かってくださり、ご夫妻様だけでのショールーム見学となりました。

ちょっぴりなにか物足りない気持ちをかかえながらですが、ゆっくり照明を選ぶことができました。

お姉様、ありがとうございました。

.