株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

★介護職員初任者研修&お弁当男子 2013年5月28日★

社内で希望者を募り、ホームヘルパー2級講座を受講している私達。
先行者(柴田)は5月24日に実習を無事?終え、レポート提出のみとなりました。

さて、なぜここに来てホームヘルパーの2級講座かと申しますと、実は4月から制度が変わり、講座名も
ホームヘルパー2級から介護初任者研修となり、試験制度が導入されたからです。

そして、ホームヘルパー2級の勉強は私共の仕事にも大変役に立つ仕事です。
まだ介護される側でない私達は介護される側の気持ちや、介護する側の気持ちを理解し、学ぶことで、介護リフォームや、年齢の高い方のお住まいの提案の幅が広がりますし、経験したことをお話しすることで真実性も出てきます。

ようするに、必要な資格なので試験制度になる前に資格を取得しましょうということでみんなでチャレンジ!という運びになりました。

私とスタッフは日曜生として現在スクーリングの真っ最中。
今回で4回目のスクーリングとなりますが教室も雰囲気も良く和気あいあいとスクーリングしています。

3級の資格をもっている私は授業免除があり、出たり、出なかったりとなっていてたまにどこまで進んでいるか分からなくなっており、結局スタッフに免除講座の概要を聞いてる始末。
20年前に取得した資格なのでそこら辺はご容赦いただき、日曜日は真面目な受講生として頑張っています。

今回で4回目となったスクーリング。
お昼にサプライズが!!
なんと、スタッフのご主人が作られたおベントを頂きました。
ポイントはスタッフではなく、ご主人が作ったということ!!

おかずはウインナー、卵焼き、牛焼肉、筍の煮物、ベビーリーフ&トマト
そして、デザートはゴールデンキウイ&苺
豪華三段弁当です。
卵焼きは私の好きな塩味の卵焼き。
盛り付け、彩り、完璧です。
もちろん、味付けも最高です。

いいですねぇ。料理のできる男性。
おかげで午後の授業は元気100倍!
アンパンマンなみのパワーで受講できました。

家事メンご主人、ご馳走様でした。m(__)m
そして、仕事が忙しいからと体調を気遣ってくれたスタッフ、ありがとう(^^)

次回は私が作りますね。


 

★S様ショールーム見学 2013年5月25日★

松戸市で建築中のS様ご家族様と一緒にパナソニックショールームへ行ってきました。
ご主人様と長女のお嬢さんは午後から合流するとのことで奥様と次女のお嬢様をお迎えに上り、ショールームへ。
やはり、女の子は色決め、デザインになると目がキラキラしますね。




まいちゃん一押しのワイド浴槽。
3人で浴槽に入れます。
そして、女性陣、満場一致で「美泡湯を入れたい!!」とご要望が上がりました。

冷え性の改善にも効果的な美泡湯は確かに装備したくなりますね。




今回S様ご家族様とご一緒させていただいて感じたこと。

なんて、楽しいご家族なのでしょう!
年頃の女の子二人ですがパパとも非常に仲が良く、ワイワイ賑やかでとても微笑ましいご家族でした。


帰りの車の中でのママとお嬢さん達の写真をご覧いただければわかると思いますがみんな、笑顔。
ママのポジションがパパに変わっても二人のお嬢さん達は同じ行動でしょう。
愛し、愛されの仲良し家族。

羨ましい限りです。


S様、次回の打ち合わせも宜しくお願い致します。
 

回回回 理想の家 回回回 2013年5月25日


本題に入る前に、こちらの写真をご覧ください。

アスファルトの歩道の割れ目からスミレの花が咲いていました。コンクリートの下には土がある、という当たり前の事実を、日常の雑多な物事に気をとられ、ともすれば忘れてしまうなんとも悲しき今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

【住ま居るちゃまのお言葉】裸足で土の上を最後に歩いたのは、はたしていつだったろう・・・
さて、「理想の家」という時、みなさんは何を一番最初に思い浮かべるでしょうか。

おそらく高度経済成長を経た日本国民は、外国人にウサギ小屋と揶揄された狭いプレハブ住宅からの脱却により、「広い家」を求め、広い家を快適に使いこなすための「収納のたっぷりある家」を求め・・・とおそらく「理想の家」という時には荒唐無稽な「何か今と違うもの」を求めずにはいられないものなのかもしれません。

「広い家」を手に入れても、そこは誰かがきれいにしなければ快適な暮らしはできません。きれいにするのは誰でしょう。

「収納のたっぷりある家」でその収納になんでもかんでも入れていけば、何がどこにあるかすぐに分からなくなります。収納スペースもきちんと整理整頓ができていなければ、何の意味ももたない空間になってしまいます。整理整頓するのは誰でしょう。

「理想の家」というのは上記のような「広い家」「収納のたっぷりある家」という一般論で語れないところにある種個々の真実が隠されています。そして、それは、幸せの青い鳥を探すのにとてもよく似ているような気がします。

「己を知ること」「身の丈を知ること」に尽きる、と思います。
「本当に必要な広さはどれくらいなのか」「何をどれくらい収納するのか」という、基本的なところからまずは考えることで、本当の「理想の住まい」は見えてきます。

おそらく当社のお施主様でしたら、冒頭の「理想の家とは」という問いに対し、「うちに決まってるでしょ~」とお応えいただけたことでしょう。お施主様の表情までもが目に見えるような気がします。

当社では、構造現場見学会や完成現場見学会を行って、毎回多くのお客様にご来場いただきますが、実は、そのお客様の中には、すでに当社でお住まいを建ててくださったお施主様も遊びに来てくださいます。そして、必ず「素敵~。でも、やっぱり我が家が一番。」と言う最高級の褒め言葉をいただきます。

「理想の家」はそれぞれのお施主様によって異なります。そして、お施主様個々のオーダーメイドの「理想の家」を追求するお手伝いをするのが、当社の仕事です。そして、そこには、お施主様の守るべき大切な存在があり、その存在を守る要塞としての意味も含まれています。

そのような意味においても、是非当社の見学会にご来場いただければ、と思います。自分の理想の家づくりをされる場合には、もちろん他のお施主様の「理想の家」をご覧いただくのもとても参考になりますし、要塞としてきちんと機能できるのかという意味でも、最終的には壁で隠れてしまう構造の部分もご覧いただきたいと思います。

6月・7月に現場見学会を開催いたします。皆さま、どうぞご参加ください。そして、「理想の家」についてご一緒に語りませんか。

 

★事務所大好き!! 2013年5月24日★

鎌ヶ谷市で建築されたN様と船橋市で建築されたT様がお子様を連れて遊びに来てくれました。
以前から食事をしましょうと約束していたので事務所近くの食いしん坊へ。






お腹もいっぱいになり、子ども達がいつも口にすることはそう、
「事務所行きたーい!!」
「いいよ」と言えばみんな揃って
「一緒の車で行きたーい!!」


アイスを食べている時はみんなおとなしいのですが、食べ終わると・・・・




本当にみんな大はしゃぎ。

お施主様のお子様達は事務所が大好き。
なんで事務所好きなの?と聞くとおもちゃがいっぱいあるから、面白いからと色々な答えが返ってきます。
まぁ室内でシャボン玉なんてなかなかできないですもんね。(^.^)
そして、T様奥様、N様奥様から嬉しいサプライズが!!


チャイルドマインダーの合格祝いにケーキを用意して下さいました。
T様奥様、N様奥様ありがとうございます。



9歳のとあちゃんはもちろん、1歳のりちかちゃんまで23時まで大興奮。
「帰りたくなぁーい」
「まだ遊ぶ!」
「長い針が12のところまでいい?」
とママと交渉が始まります。

とあちゃん、みくちゃん、ゆらちゃん、りくとくん、りちかちゃん。
私達も明日仕事がなければずっと遊びたいし、できれば一緒にお泊りしたいくらいなのよ(>_<)

夏休みになったらみんなでお泊まり会できるよう、企画するからそれまで待っててね。
あっ、そんなに事務所が好きなら事務所にテント張ってキャンプする?(^^)

そうそう、今日のお昼にもう一人事務所大好きっ子が事務所に来てくれました。
M様のお子様もっくん。

風邪をひいたので事務所の隣の萩町クリニックへ診察にいらしたそうです。
ちょうど仕事をしながらもっくんに会いたいなぁって考えていた時、もっくんが事務所の扉に張り付いて恥ずかしそうな笑顔を向けてくれていて思わずビックリ!
思いっきりテンションあがっちゃいました。

もっくんも元気になったらとあちゃん、みくちゃん、ゆらちゃん、りくとくん、りちかちゃんと一緒に遊ぼうね。


 

★松戸市S様邸解体着工 2013年5月24日★

松戸市で建築されるS様邸の解体着工を行いました。
まずは既存のガレージから解体開始です。
ゆっくり、慎重に解体を進めていきたいと思っています。


明日はS様とショールム見学へ。
キッチン、システムバス、トイレ、洗面台、内部建具を見学予定です。
S様の二人のお嬢様はとても礼儀正しく可愛らしい!!

こんな姪っ子ちゃんがいたら・・・なんてついつい考えてしまいます。
明日のショールム見学を密かに楽しみにしている私でした。(^.^)
 

★鎌ヶ谷市T様邸&松戸市Y様邸木工事順調です。2013年5月24日★

現在、鎌ヶ谷市のT様邸と松戸市のY様邸が木工事を行なっています。どちらも順調に進んでいますのでお施主様どうぞ、もうしばらくお待ちくださいね。
鎌ヶ谷市T様邸です。
断熱材も入りボードを張り始めています。


松戸市Y様邸です。
床が張り終わり、断熱材を張っていきます。


どちらの建物も耐震+制震ダンパー装置付きの地震に強い住まいです。
どちらも1000万円台でもちろん自由設計。
どちらも個性的なお住まいになっています。
6月下旬、7月初旬に現場見学会を開催します。皆様のご来場をお待ちしております。
 

回回回 イエロー8棟 回回回 2013年5月18日

別にタイヤを売りたいわけではないのですが、思い立ってこのタイトルにしてみました。「なぜ、イエローか」という突っ込みは、なしでお願いします。語呂が良かっただけです。

本ブログにて吉野も書いておりますが、吉野はチャイルドマインダーに合格しました。チャイルドマインダーというのはどういう資格かと言うと、英国発祥の資格で、少人数保育で家庭的な温かさを大切にし、こども一人一人の個性を尊重する質の高い保育を実践する保育専門職です。

子供の豊かな成長と発達を支える質の高い保育を実践し、社会からの高い要求水準に責任をもって対応できる保育専門職です。保育プロフェッショナルとして求められる多分野にわたる知識と技術を習得し、保育業務に関わる様々な領域の専門知識を身に付けるため、通信で学び、スクーリングに行き、試験に合格しなければなりません。

数々の難関をクリア―して手にした合格証書の重みは格別だったかと思います。仕事をしながら、合間を縫って勉強することの尊さを感じずにはいられません。

そして、なぜ吉野がこの資格をとったかと言うと、まず、子供が好きだから。そして好きなだけではなく、子供のため、そのお母さんのために何か力になることがしたかったから、です。もちろん、お施主様との打合せの中で、この資格を存分に生かしてくれると思います。みなさん、どうぞ安心してお子さんとお打ち合わせにいらしてください。

さて、タイトルの話に戻ります。当社では、今、工事の進行状況やお打ち合わせの状況、お施主様の情報は全てスタッフが共有しています。

それは、「さぁ、それは●●に聞かないと分かりません」「担当ではありませんので…」「●●の部署にご連絡いただければすぐに分かります」「その担当は半年前にやめましたので分かりません」と言うような、建築関係の会社ではよくある文言を言い訳にしたくないからです。

しかし、そのためには、あまり多くの棟数を抱えて、現場が混乱するようなことがあっては困りますし、業者さんも確かな腕の職人さんでなければ、意味がありません。それは、お施主様には「お住まいを建ててよかった」「建てた後も、きちんと見ていてくれている」という安心を感じていただきたいからです。

だから、当社では「年間8棟」しか、できません。そして、やらないのです。
 

★K様ニチハショールーム 2013年5月16日★

松戸市で建築中のK様とニチハショールムへ行ってきました。


ご主人様、とても悩んでいらっしゃる様子が写真から伺えます。
奥様は「うーんどれもいいんじゃない?」という感じでしょうか?




自分のライフスタイルに合わせた間取りに、自分の好きなデザイン、色、そして使いやすい住設機器を選んだオンリーワンのお住まいは9月に完成予定です。

K様完成が楽しみですね。
 

★Y様照明ショールーム 2013年5月16日★

現在松戸市で建築中のY様と一緒にパナソニック照明ショールームへ行ってきました。
 
明かりの種類、照度、デザイン等を確認し、プランニングボードを作成します。

実は住宅設備より、照明の方が悩まれる方が多いのです。
ですから実際に照明をも確認して頂き、自分の好みの照明色を選んでいただきます。
照明のデザインでお部屋の雰囲気を左右しますのでどのような雰囲気にしたいかをあらかじめ考えてからショールームへ行くとあまり迷わず決めることができます。


Y様、ショールーム見学大変お疲れさまでした。
プランボードが出来上がるまで今しばらくお待ちくださいね。
 

★K様地鎮祭 2013年5月15日★

5月11日(土)松戸市K様邸の地鎮祭を行いました。
あいにくの雨でしたが無事地鎮祭を取りおこなうことができました。



ゆう君もパパと一緒に玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行いました。

うまくできたかな?




私は私用で地鎮祭に出席できなかったので翌日、柴田に「ゆう君は元気だった?」と聞くと「元気いっぱいだったよ」と答えてくれました。

K様、いよいよ基礎着工です。完成まで今しばらくお待ちくださいね。

 

★資格取得♪  2013年5月15日★

先週は身内の不幸でバタバタとし、ようやく落ち着いたと思ったら週末から喘息の発作と風邪が重なり、高熱が出て布団とお友達状態になっていました。

「なんてついてないのかしら・・・」なんて思いながらぜいぜいしながら昨日の夕方、事務所で書類の整理をしていたら柴田がにこやかに宅配便を手に近寄ってきました。

「はい、これ。お待ちかねのやつでしょ?」
「!!!」
そうです、待ってました。



チャイルドマインダー合格通知。
試験を受けて3週間。
合否がずーっと気になっていました。


今、勉強するのならなぜ学生時代もっと勉強しておかなかったのと親が嘆くくらい、学生時代より社会人になってから勉強している気がしています。

社会に出てもっと色々な事を知りたい、自分の仕事と繋げていけるものはないかとか、人の役に立つ資格はないか等、自分で考えるようになった時、初めて自分自身の為に勉強はしたくなるものですよね。

自己啓発も兼ねて行なっている資格取得。
じつはもう、始めています。(^.^)
 

★N様邸外構DIYその2 2013年5月7日★

ゴールデンウィーク中、鎌ヶ谷市で建築されたN様邸にて外構DIYを行いました。
そもそもDIYの意味は「Do it youre self!」直訳すると「できることはじぶんでやっちゃおう!」
ということです。
N様ご家族様は団結力のあるご家族様ですので、パパもママもとあちゃんもゆらちゃんも、1歳児のりちかちゃんも全員一致の協力態勢でDIYに臨まれました。


いつも賑やかで笑い声の絶えないN様邸。
そして、素敵だと感じるのはとあちゃん、ゆらちゃんがパパの事が大好きで、尊敬していると素直に言えること。
会うたびに必ず二人のどちらかが一度は叱られ、泣く姿は定番となっていますが、それでもしばらくすると、けろっとしてまたパパの近くをチョロチョロしはじめる二人の可愛いこと。
そんな姿を見守るママも素敵です。
外壁の仕上げは刷毛引きで仕上げたいとのことで最終日はご主人様と奥様と仕上げることに。
その間、GW中、遊びたいけどずっと我慢して弟、妹の面倒を見ていてくれたとあちゃん、ゆらちゃんと一緒に約束していたアスレチックと船橋のアメージングスクエアに行ってきました。












大はしゃぎで遊んでいた二人。帰りの車の中ではゆらちゃんは「眠くない!」と言いながらぐっすり。
お姉ちゃんのとあちゃんはゆらちゃんが寝た後、学校の話やママ達のお話を沢山してくれました。

とあちゃんの話しを聞きながら、6年前、遊び疲れるとぐずって泣いて私の腕の中でスースー寝てた彼女が浮かんできました。
月日の経つの早いものですね。
きっとあっという間に大人になってしまうのでしょうね。

又、沢山の思い出ができたGWでした。
 

回回回 S様ご契約 回回回 2013年5月3日

4連休の初日の幕開けにふさわしい、五月晴れに恵まれた5月3日、S様ご夫妻とお嬢様に事務所までお越しいただき、契約書の読み合わせ等を行い、ご契約の運びとなりました。

柴田、吉野が契約書の読み合わせを行い、ご契約内容を確認していきます。

そして、ご契約のサインをされる際には、お写真をとらせていただきます。これは、当社ではお施主様にお渡ししている、お住まいが完成するまでのDVDを作成する際に、どうしても入れたいカットでもありますし、本ブログにアップさせていただいております。

ご契約の時から、長い長いお付き合いが始まります。私達スタッフにとっては、それは、お施主様と人生を歩んでいくという意味において、婚姻届にも似たとても大きな意味をもつものでもあります。そして、お施主様に「住ま居る住宅研究所」というブランドを認めていただいたという証でもあります。

ブランドというのは、品質、メンテナンス等において他の追随を許さない、固有の存在であり、それを認めていただければこその存在です。長い間、ご愛顧いただく、時間がたてばたつほどに、そのブランド力は深みを増していきます。

S様ご家族にとっての「お住まい」の持つ意味をしっかりと形にできるよう、これから頑張ってまいります。そして、当社をお選びいただいたことにご満足いただける住まいづくりをいたします。何かご不安な点や気になる点がございましたら、お気軽にご連絡ください。



 

★N様邸外構DIYその1   2013年5月2日★

さて、今年のゴールデンウィークは鎌ヶ谷市N様N邸にて外構DIYを行なっています。
以前から外構をご自分達で行いたいとおっしゃっていたN様ご夫妻。
6年の間に2人のお子様の出産があり、中々時間が取れなかったのですが、ようやく下のお子さんも1歳になり、この機会にDIYをやろうということになり今回行なうことになりました。

さて、今回行なう内容は
まずは駐車スペースの部分に砕石を入れ、車を止めても沈まない様にすること。
家屋の左側の部分にブロックを積み、塗り壁で仕上げること。
サイディング・庇を高圧洗浄で清掃すること。
この3点です。
かなりの壮大な計画となりました。






さてさて、N様邸の外構計画、仕上がりはどうなることでしょう?
楽しみにしていてくださいね。


.