株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

回回回 合わせ鏡 回回回 2013年3月30日

M様のお母様はとてもさっぱりした性格で、当社の吉野に似ているのかもしれません。そのせいか、なんかお互いに惹かれあうものがあるのでしょう。M様お母様と吉野が話しているのを見ていると、合わせ鏡のようでかなり面白いです。

そのM様お母様が、体調を崩されて病院に行かれたところ、重篤だと宣告されたそうです。

しかし、どうにも納得のいかない宣告に、他の病院にも行かれ、「大丈夫。重篤ではありませんよ。」と専門医の先生に太鼓判を押されたそうです。柴田がM様お母様からその話を聞いて、喜びいさんで事務所で報告しました。

吉野は「良かった!M様お母様のところに行く!今すぐ行く!」と言って、スキー旅行のお土産を手にM様お母様のお宅へ直行しました。

そして、M様お母様のお住まいに到着すると、玄関が開いた瞬間、どうやら泣いていたようです。その後は二人してうれし涙を隠すように、同じようにぶっきらぼうに話をしています。

「心配でご飯が食べられなくてさ」
「そんな時は、呼んでくださいよ。私、一緒に食べます」
「でも、もう平気だから、また太っちゃうよ」
「太りましょう。痩せすぎてると体力なくなっちゃうから」

M様お母様もメガネを外して指で涙をぬぐっておられました。なんか、そんなM様お母様を見ていて、本当に良かったと思い、また、セカンドオピニオンの重要性をつくづく感じました。なんでもそうですが、ものには色々な見方があり、それが自分の人生に関わることだったり、命に関わることならば、余計に広く意見を聞かねばならないと思いました。

屈託のない、そして裏表のないさっぱりしたお母様がスタッフ一同大好きです。そして、これからも、素敵な息子さんのためにも、私達のためにも、元気で長生きしていただきたいと思います。

そして、吉野が晩御飯の時間帯を狙って突撃するかもしれません。そしたら、温かく迎えてやってください。お願いします。
 

★近所のおばちゃん 2013年3月27日★

先日の日曜日から月曜日にかけて2組のお施主様と一緒にスノーボード旅行に行ってきました。

以前からスノーボードへ一緒に行きましょうと話していましたが、子育て世代のご家族様、お子様の年齢もありますので話をしてから3年程経過してしまいましたがようやく一緒に行くことができました。

いつもはなかなか起きないお子さん達が1度で起きたと奥様から伺いました。
きっと楽しみにしていたのでしょう。
でも一番喜んでいたのは私かもしれません。大好きな子達とずーっと一緒にいられるのですから。







楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

今回の旅行で色々勉強になりました。
子育てママさんが旅行に行く場合の必需品、あったら便利の施設等々。
当社のお施主様はボーダーが多いので来冬も企画する予定です。
次回の企画に反映できたらと思っています。

さてさて、なぜ、タイトルが「近所のおじさん・おばさん」かというと実はお施主様、奥様に「うちの主人と柴田さんと吉野さん家を建ててもらっているのに、こんなにしてもらっていいのかっていってたんですよ。」と言われました。M様奥様、そんなこと言わないでください。

そう、私達は建築屋ですが近所のおじさん、おばさんでもいたいのです。

小さい時、寄り道をしていると
「かずおちゃん、早くお家に帰りなさい。お母さん心配してるわよ。」と言ってくれる隣のおばさん。

母親に叱られて家をとびだしたはいいが行くところがないので幼馴染の家に転がり込んで夜になると自宅へ送ってくれる幼馴染のおじさん。

きっと私達の子どもの頃は周りの大人が気にかけてくれていたから安心していられたのかもしれません。

せっかく縁あって出会えたのですからどうか、近所のおじさん、おばさんでいさせてくださいね。
 

回回回 地鎮祭 回回回 2013年3月23日

地鎮祭は出席させていただくたびに厳粛な気持ちになります。
『地盤大辞典』によると、土地の四隅に青竹を差し、その間をしめ縄で結んだ場所は結界だそうです。そして、「結界」というのは諸説ありますが、平たく言うと「神の領域」とか「聖なる領域」と「俗なる領域」の二つの世「界」を「結」びつけるものだそうです。

神主さんが長く「オ―」と声を発する時に、神様が結界の中に降臨されます。そして、土地をお借りすること、工事が無事に終わるように、さらにはここに住まう人々の子孫繁栄を願い、玉串を奉納し、そして、再度神主さんが長く「オー」と声を発する時に、神様がもとの世界にお戻りになられます。ちなみに、地鎮祭は神道だけではなく、仏教でも同じような儀式があるそうです。

今週は地鎮祭を2度執り行いました。金曜日は、松戸市のY様。





Y様は本当に素敵なご夫婦です。職人気質でありながら、意外と柔らかい部分も持ち合わせているご主人様としっかり者で愛情溢れる奥様。いわゆる、理想のご夫婦です。大好きです。どうか、私達が施工するお住まいがY様ご家族の笑顔を守り続けますように、しっかりと神様にお願いします。

そして、土曜日は鎌ヶ谷市にお住まいのT様。





地鎮祭には、ご主人のご両親、弟さんもご出席いただきました。T様ご夫妻の素敵なところ、それは雑誌から抜け出てきたような洗練されたご夫妻なのに、とてもざっくばらんでお話しやすいところでしょうか。決めるべきところはキッチリ考えつくされて、期日までに明確なご回答をくださる。そして、いい意味で妥協はなさらないところも、頭が下がります。「商品がないなら自分たちで作る」というご主人様の意気込みは、まさに注文住宅の権化です。

そして、T様の宝。私達の癒し。さくちゃん。


このかわいらしい仕草や笑顔に私達も活力をもらっています。
また打合せで会えるのを楽しみにして、今日もこれから仕事を頑張ります。
 

★パワーの源 2013年3月16日★

色々な方に「建築の仕事って楽しいですよね。」ってよく言われます。

ハイ、楽しいですよ。色々な方に逢えるし、作り上げていく楽しみがあります。

でもね、大変な作業でもあるのです。
当社は大手メーカーの様に
「自由設計だと坪80万円です、企画の中から選んで頂ければ坪60万円位ですよ。」なんて言わないですから。
もちろん、「AとBのどちらになさいますか?」なんていうことも言いません。
ですからそのご家族様のライフスタイル、ご予算、好みに合わせた、いわば「特注品」ばかりなのです。

この「特注品」をお施主様のご予算内で抑えるため、私共は日々努力をしています。

当社で建築された方はこの努力をご存じですから皆さんとても協力してくださり、ご自分のお住まいを建築をご検討中の方に見せてくださるのです。

もちろん自慢の我が家をお披露目したい気持ちもあると思いますが。(^^)

以前ブログにも書きましたが、プランを考えている時はそのご家族様の事をずーっと考えています。
ご家族の趣味は何だろう?
どんな性格かしら?
洗濯と掃除どちらが好きだろう?
好きな色は?
どんな子育てをしたいかしら?
ご主人は帰宅が早いかしら?それとも遅い?
ご夫妻はお酒は飲むのかしら?
将来は同居も考えているかな?
どうしたら喜んでくれるかしら?  と本当に片思中の心境です。

まぁ、こんな感じでプラン中から走り続けてますから完成する頃は脳内疲労と肉体疲労で疲れ果てています。

そんな私共のリポビタンAいえ、元気な源がこちらです。 ↓
そう、お施主様のお子様達の笑顔。

鎌ヶ谷市で建築されたH様のお子さんこうちゃん。
この頃お会いしていないのでH様奥様が写真を送ってくださいました。
(といっても1月の苺狩りツアーではお会いしてるのですが(^^))

たまらないですね。この笑顔。
今では1歳3カ月に。

生後2日目のこうちゃんはこちら↓


子供の成長って早いですね。

お施主様と私共で作り上げたお住まいで新しい命が成長していく。
この喜びが日々私達を奮い立たせています。


 

回回回 奇跡の出会い 回回回 2013年3月16日

以前、勤めていた会社で、「営業研修」というものを受けたことがあります。2泊3日でした。当時、経理職だった私は、「なんで、営業研修を受けなければならないの?関係ないじゃん。」と思いました。

ところが、不思議なもので、研修が終わって帰る頃には「あぁ、行って良かった!友達も出来た!楽しかった!頑張るぞ!」としみじみ感じました。

営業というのは、知識も大切ですが、どうすればお客様に心を開いていただけるか、というのが一番大切なことなんだ、ということを学びました。そして、もう一つ。それは、営業研修では、住宅関連の知識の他に、2階建て住宅の3パターンの間取りを覚えて、正確に図面を描かねばなりません。これは、最終試験で100点をとらなければ、研修を終えることが出来ないという過酷なもので、その当時、図面を描いたことのない私は、間取りを覚える以前に図面の読み方も分からないど素人でした。ほとんど徹夜で意味も分からず丸覚えしたのが、昨日のことのように思い出されます。

今では、図面もパースも描けるようになりましたが、それでも、あの営業研修がきっかけでした。

3月は別れの季節、4月には新たな出会いの季節です。意外なところに自分が本当に好きなものが転がっている可能性もあるんですね。自分と関係ない、ではなく、もしかしたらこれ(この出会い)が自分の可能性を広げてくれるかもしれない、という気持ちで何でも気持ちよく挑戦していきたいな、とつくづく思います。

考えてみれば、全く違う人生を歩んできた吉野と柴田もこうして、同じ目標を持ち、お施主様のために日夜頑張っています。人と人の出会いって本当に奇跡だな、と最近思います。それでは、本日の奇跡のコンビをご覧ください。









ドン!








 

★A様お打ち合わせ 2013年3月14日★

柏市でリフォームをご検討のA様とお打ち合わせをさせていただきました。

A様と初めてお会いしたのが今から1年半程前ですが、私、A様のフルネームおよび漢字覚えておりました。
なぜかというと、中学時代私と顔がそっくりだと言われ続けたバスケット部A君と同姓同名だったのです。
(A様、私事で申し訳ありありません。しかし、これも何かの縁だと思っています。)

全面リフォームをご検討したいということでしたので事務所に戻りさっそくプランと見積もり、資金計画に取り掛かっております。
A様が安心して暮らせるお住まいになるよう、最善のプラン及び資金計画表を提出させていただきますので今しばらくお待ちください。
こちらはプラン一例です。
もちろん耐震+制震ダンパー搭載の地震に強い家仕様、A様のライフスタイル及び将来性を考えたオンリーワン設計です。

ここから又打ち合わせをさせていただきよりA様のライフスタイルに合った住まいづくりをさせていただきたいと思っております。


 

★可愛い子♪ 2013年3月14日★

またまた可愛い子と出逢いました。

先日お打ち合わせさせていただいたS様の愛娘はなちゃんです。
はなちゃんは以前私が飼っていたシーズのレンを思い出させてくれます。
犬種は違うのですがしぐさが似ているのです。
上目づかいにうるんだ瞳で見つめられると思わずクシュクシュとしながら抱きしめたくなるのですが
がまんがまん。


S様のお宅へ伺う=はなちゃんと会える。
密かな私の楽しみでもあります。(^^)
 

★K様打ち合わせ 2013年3月13日★

先週末、松戸市で建築を検討中のK様とお打ち合わせをさせていただきました。
K様のお子様ゆうちゃんとそうちゃんは会うたびに心も体も成長し、私共をびっくりさせてくれます。

最初にお会いしたのが8か月前です。
下の写真は8か月前のゆうくんとそうちゃんです。
少し幼さが残るゆうくん(写真左下)
ぷくぷくほっぺがとっても可愛いそうちゃん(写真右下)



ゆうくんは言葉をよく覚え、沢山お話してくれます。
(特に仮面ライダーウィザードに関しては力いっぱい語ってくれます♪)
そしてますます活発になり、良く動き回ります。

生まれてから一番目の試練、お兄ちゃん業も頑張っています。(^^)


当時、移動手段は抱っこだったそうちゃんはつかまり立ちをしながら自分の行きたい所を目指すようになりました。

話しかけると満面の笑みを浮かべてくれます。


K様ご夫妻様、今後も可愛いお子様方の成長を住まいと共に見守らせてくださいね。
 

★M様小屋工事 2013年3月8日★

松戸市のM様邸の小屋工事を行っています。
農機具や肥料などをを収納したいとのことでこのお話をいただきました。

M様は気持ちがいいほどの決断力の持ち主で、笑顔の素敵な方です。
お会いすると気持ちがほっとします。
柴田はお会いしているのですが私は1カ月近くお会いしていないので何だか寂しいです。
来週位には仕事が落ち着きそうなのでお顔を拝見できたらなぁと思っています。



M様3月下旬には完成しますので今しばらくお待ちくださいね。


 

★Y様&T様地盤調査 2013年3月7日★

松戸市で建築されるY様邸と、鎌ヶ谷や市で建築されるT様邸の地盤調査を行いました。


地盤調査とは、構造物などを立てる際に必要な地盤の性質の把握などを目的として、地盤を調査することです。この調査により、地盤改良が必要か、否かが判明します。


地盤調査の方法としてはスウェーデン式サウンディング試験で行います。
電式スクリューポイントと呼ばれる“やじり”を地盤中に貫入あるいは回転貫入させることによって、土の貫入抵抗を測定し、その硬軟や締り具合、または土層の構成を判定する試験です。


松戸市Y様邸
試験結果により、地盤の許容支持力度qa、標準貫入試験によるN値に相当する換算N値などを求めることができます。


鎌ヶ谷市T様邸
まもなく地盤調査結果が送られてくる頃です。Y様,T様もうしばらくお待ちくださいね。
 

★プラン作り=片思い 2013年3月7日★

この処、お問い合わせのお電話を多く頂き、多くの方とお会いする機会が多く、楽しい時間を過ごしています。

既成品を売る仕事ではありませんので、敷地の形状、その方のライフスタイル、ご要望に合わせてのオンリーワンのプラン作りから始まります。

いつもプラン作りをする時に思うこと、それはまるで若かりし頃の片思いをしている時と似ているなぁと思い、プランを作りながら笑ってしまいます。

片思いしている時ってその人の事ばかり考えていた気がするのですが、プランを考えている私はお施主様ご家族に片思いしているかのごとくずーっと考えています。

ご主人様の趣味はこれだけだろうか?
奥様は仕事をしていたっけ?
帰宅時間は何時だろう?
お子さんは近くに通学かなぁ?
将来は同居するかもしれないから介護側の負担を少なくしなくちゃ。
お子さんの趣味と好きな物は何だろう
そういえばアンティークが好きって言ってたなぁ。
あっ、この小物可愛い、奥様好きかも。
この無垢材の床、色合いいいけどワンちゃん飼ってるしなぁ・・・
と納得のいくプランが出来上がるまでそのご家族のことばかり。

その為、突然思いついたように
「ねぇねぇ、やっぱりクローゼットもっと広くした方がいいよ。それと、車いすが通れるように廊下幅もっと取ろうよ」と言いだすので
「誰の家のプランの事?」と突っ込みを入れられる日々を過ごしています。



気合いの入っている時はパソコン2台を駆使して仕事してます。
こういう時は誰も近寄ってきません。(゜-゜)


 

回回回 魚座 回回回 3月3日

3月になりました。
3月はだいぶ春めいて、春一番なども吹いてきます。現代では、黄砂とともにPM2.5など、情感とはかけ離れたものも一緒に飛んでくるのは甚だ残念でなりませんが…。そして、春は別れの季節でもあります。別れがあれば、出会いもある。そうして、一年のサイクルを通じて、人は色んなことを学んでいくのだとしみじみ感じるのがこの季節です。

当社の柴田は実は魚座です。お施主様にも魚座の方がちらほらいらっしゃいます。この前、たまたまお施主様達とお話させていただきましたところ、居合わせたすべての男性が魚座というミラクルもありました。

魚座の人ってどんな人なんでしょうか。

基本性格は、憐れみや感動が深い。自分が傷を負っても、他者を済おうとする。「優しさ」という勇気に満ちている。 直感的、重要なことを無意識的に判断し、行動することができる。 自分の内面をみつめ、音楽的、芸術的才能がある。言葉にならない感覚や感情を音楽やアートを通じて表現する能力。特に音楽には情感をこめる。つまり、かなり要約すると、優しくてカラオケ上手ということでしょうか。

反対に、魚座のネガティブな面には以下のようなことが挙げられます。決断力のなさ。常に他者の影響を受けやすい。 迷う。自分で決めることが苦手。 おしゃべり。自分を悲劇の主人公のように感じて悲しむことがある。臆病、責任のある仕事、立場を敬遠する。怠惰。手に負えない問題は解決せず、問題を見ないようにする。問題を放置するので、問題が大きくなりがち。他力本願。

いかがでしょう。みなさんのご存知の魚座さんにはあてはまりましたでしょうか。正直、お施主様で魚座の方々はみなさん本当に優しくて素敵で真面目な方が多いように思います。

魚座の方を住まいの部材でたとえるなら、「出窓」でしょうか。ロミオとジュリエットのような切ない激情を胸に抱きながらも、周囲のことを気にして自分を抑えるロマンチスト。そんな魚座さんは、出窓のイメージです。

なんだか調子づいてきましたので、12星座をたとえる部材も書いてしまいましょう。
♪やぎ座・・・基礎
♪水がめ座・・・蛍光灯
♪魚座・・・出窓
♪牡羊座・・・間柱
♪おうし座・・・リビング
♪ふたご座・・・玄関
♪かに座・・・ウッドデッキ
♪しし座・・・通し柱
♪おとめ座・・・ニッチ
♪てんびん座・・・テラス
♪さそり座・・・キッチン
♪いて座・・・土間

言葉で説明するのは難しいのですが、感覚とか雰囲気でなんとなく部材を通して人となりを表現すると、オブラートに包まれる部分もありますし、イメージを共有していただける場合も少なくありません。なぜ、部材なのか、と言われると、当社が注文住宅の会社だからという一言に尽きますが・・・。
納得された方、私と同じ感性ですね。納得できないという方、是非当社までご連絡ください。お住まいのことや占い談義をしましょう。また、占いシリーズお楽しみに。
.