株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

★今年もお世話になりました。 2012年12月31日★

ん?CM作成するの?なんて疑問を抱きながらブログを更新している吉野です。
以前からスタッフがユーチューブでCM作ろうと言っていたのですがそのままでしたので立ち消えになっていたのかと思っていましたが彼女の中では消えていなかったようですね。CMの事に関しては彼女に一任するということで、本題に。


昨日、柏市で建築されてたM様がフラッといらっしゃり、
「おーい年の瀬だよ、年の瀬。」と笑いながら事務所に寄ってくださいました。

そう、今年は31日の午前中まで工事が入っており、事務所の掃除も昨日と、今日の2回に分けて行なうことになり、バタバタでした。

ようやくめどがついたので私はブログの更新をさせてもらっています。

お施主様、そして取引先業者様、今年も一年お世話になりました。
どうぞ来年も宜しくお願い致します。

来年も沢山の笑顔に出会えますように。

さて、これから1年間見守ってくれたお札をお返しに行ってきます。

皆さん、良いお年をお迎えください(^^)

 

回回回 あねさん&あにさん 回回回 2012年12月29日

以前から、そういう傾向はあったのですが、とうとう、二人とも大工の道を歩み始めたようです。大工だけではなく、ある時には、現場監督、ある時には壁紙補修、現場でおこるあらゆることに対応しています。

プロフェッショナルは一つの道を極めた人をいいます。イチローなんかがいい例ですよね。
それに対してジェネラリストというのは、すべての分野において、力を発揮する人をいいます。

当社の二人は間違いなくジェネラリストです。これからの世の中を生き抜くタフなビジネスパーソンはジェネラリストでなければならない、と思います。







今年も吉野と柴田にとっては、相当に充実した一年でした。そして、フラフラになりながらも、こうして年の瀬を無事に迎えることができたのは、応援してくださっている皆さまのおかげです。そして、お施主様たちの優しさに何度も救われました。本当にありがとうございました。

この一年が皆さまにとって充実した一年であり、そして、来年の一年も皆さまにとってかけがえのない一年でありますように。心からお祈りいたします。そして、そのかけがえのない時間を、ご一緒できれば、それは私達にとって本当に素晴らしいことだと思っています。

来年の皆さまの笑顔を、応援しています。一緒に笑顔の一年にできたらといつも思っています。

 

回回回 CM作製 回回回 2012年12月29日

大手住宅メーカーさんは、これでもかというくらいCMを流しています。そして、最近では、電気屋さんとタイアップしてエコ住宅をつくりましょう、なんてキャンペーンもやっていたりします。はっきりいって、テレビCMを見ていると面白いですし、お金かけているということは、大手の広告代理店も噛んでいる筈なので、面白くて、人の興味を引きつけなければ、逆に「アウト」だとは思います。

そして、もう少し言わせてもらうと、有名芸能人のCM出演料だけで****万円とか普通にかかります(まぁそこそこ知れた顔で。なので好感度とか諸々の住宅メーカーさんの希望によってはそれ以上かかるのは当たり前です。そうそう、動物もプロダクションがありますから結構なお金も動きます)。そして、それ以外にも、さまざまなお金がかかっています。CMの作成料とか、そこで動いた人たちの交通費・お弁当・ギャランティー・・・。CMを流すのもお金がかかります。さらに、CMを継続するとなるとそれだけでまた費用がかかります。その費用は、誰が負担するかって?






それは、その会社でおうちを買った人たちが負担します。



さて、前々から考えていたことですが、当社でも大手住宅メーカーさんに負けないくらいすごいクールでHIPHOPでプログレッシブなCMを作成しようと思います。有名タレント?使いません。「有名になるタレント」を使います。当社とともに成長するタレントを発掘したいと思います。もちろん、老若男女問いません。「年齢は背番号!」ですから、何も若さが溢れればいいというものでもないでしょう。そして、CMの監督の感性を理解してくれる心優しい人。

「ギャラ?いいよ、いいよ。」そんな人なら、なおのこと大歓迎です。お金をかけずに知恵を絞って、世界をターゲットにしたCMを作製したいな、というのが私の来年の抱負です。

せっかくの年末年始、時間はありますので、「これからデビューもわるくないな」という方、「わしゃ、若い頃は日活スターと間違えられたもんじゃわい。」というおじいさま、お子さんをアイドルにするより自分がなりたいお母様、いかがでしょう?もちろんかわいいちびっこも大歓迎です。

 

★近況報告★ 2012年12月25日

年末につれ忙しさが増し、とうとう大工見習いになりました吉野です。
というのは冗談ですが、大工の手伝いをやらなければいけないほどの忙しさは事実です。



おかげでビス打ち機、フロアタッカーも使いこなせるようになりました。

だからといって兄さん(大工さんの事です)柴ちゃん、今後私を頭数にいれることはしないでくださーい。(^^)



流石に連日連夜の肉体労働&徹夜でクタクタでしたがお施主様やスタッフそして友人の心の温まる心遣いに励まされ乗り切ることができました。

そして、心配しながらも黙って成り行きを見守ってくれた母、ありがとう。





一山は越えましたので、後はリフォーム工事、庇工事、コンセント増設工事、水道工事のご注文を頂いている方々の工事を年内中に終えれば年内の仕事は完了です。

そして、お施主様にお詫びしなければならないことが一つ。

毎年、年末のご挨拶に伺わせていただいているのですが今回は年末ぎりぎりまで工事が入っており皆様のところに伺うことができなさそうなのです。

ご挨拶ができず申し訳ありませんが、メッセージを添えて生フローズンヨーグルトを郵送させて頂きました。どうぞご笑納ください。
年始には後挨拶にお伺いさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

回回回 ファッションモンスター 回回回 2012年12月22日

舌を噛みそうで、なかなか名前を言えない方が歌っている歌ですが、その中に「誰かのルールにしばられたくはないの」とか「せまいこころの檻を壊して自由になりたいの」という歌詞があります。若い頃はとかくルールに縛られたりすることを厭います。私もそうでした。しかし、ルールに縛られるということは、ルールによって守られていることでもあるのです。

当社の吉野と柴田は誰かのルールに縛られることはありません。自分たちで作ったルールに則り、生きています。だからこそ、自分たちの身は自分で守りますし、それ以上にお施主様を守っていかねばならないという気持ちで日々精進しています。と、いうことは二人とも「ファッションモンスター!?」ということになりますかね。

そんな当社のファッションモンスターズは、お施主様との打合せはもちろんですが、内部的な事務、営業、現場管理、(もちろん現場が回らないときには、大工さんと現場で仕事もします)、お引き渡し後のアフター管理等々すべて自分達でやっています。ですから、この二人を捕まえるのはまさに、ツチノコを捕獲するのと同じくらい難しいです。かりに捕まえても、分刻みで動いていますので、おそらくゆっくりお話などはできないんです。吉野は、結局、誕生日恒例の親友とのディナーが延び延びになり、今年中に会えるか会えないか微妙な、タイトなスケジュールで動いています。

お施主様はもちろん第一に考えて行動しますが、その分プライベートを極限まで削っているわが社のファッションモンスターズ。写真で追ってみましょう。







どうやらトレンドは暗めの色のようです。



ということではなくて、ある時はT様邸、ある時はI様邸、そしてある時はS様邸、というように息つく間もなく動き回っています。これが、わが社のファッションモンスターです。

さて、現在着々とリフォーム工事がすすんでおりますのが、I様邸です。今日も、大工と柴田という名の大工見習い(?!)が現場に入っております。ちなみに、今、吉野は外構についてのお打ち合わせで、北国分のM様邸と秋山のM様邸に伺っております。

大工を「おじさん」、柴田を「にいちゃん」、吉野を「吉野さん」とよんで可愛がってくださるI様、リフォーム工事はまもなく完成する予定です。当社のファッションモンスターにお任せいただき、ありがとうございます。

I様がお気に召す素敵なビフォーアフターをご覧にいれますので、今しばらくお待ちください。




 

回回回 インテリアコーディネーター 回回回 2012年12月15日

 「インテリアコーディネーター」という資格があるのをご存知でしょうか。「インテリアコーディネーター」という言葉は広く一般に知られるようになりましたが、実際に、どういう勉強が必要かということになると中々不明瞭な資格でもあります。インテリアコーディネータの資格を取得するには、1次試験と二次試験にパスしなければなりません。

1次試験の内容は2科目それぞれ100分の試験があります。2科目というのは、インテリア商品と販売、インテリア計画と技術というように区分けされています。実際にはインテリアに関する歴史やインテリアに関わる知識全般(構造、照明、家具、建具などすべて)が問われる試験です。ちなみに、受験資格はありません。どなたでも受験可能な資格です。

2次試験の内容は論文とプレゼンテーション合わせて180分で行われます。ここで必要な知識は一次試験のインテリアに関する内容を踏まえ、インテリアコーディネータとしての立場でどのように依頼主に課題となっている事例についてアプローチしていくか、ということです。また、プレゼンテーションでは実際に図面を作成しなければなりません。そのためには、家具のおおよその寸法が頭に入っているのはもちろんですが、たとえば机と壁の間がどのくらい空いていなければ支障がでるとか、図面への着彩もあるので、色彩感覚なども必要になってきます。

一次試験に合格すると2次試験だけを3回受験し、その間に合格すればOKです。

で、なぜ今回、このようなテーマでブログを書いているかというと、当社のお施主様なら、少し勉強すればすぐに受かってしまうんだろうな、と常々思っているからです。普通、分譲の戸建てを購入されると、その戸建てのサイズに合わせて生活していくわけなのですが、注文住宅の場合には、皆さんきちんと今お住まいの短所を明確にし、それを避けるためにはどういう間取りにすればいいのかを懸命に考えて、ご自分にとって一番住みやすい間取りを、ご自分の頭で考えるという作業をおこないます。この時点で、図面を読むことはもちろん、空間認識能力がとても高くなります。さらには、ご自分で使用している家具をそのまま新しい住まいでも使いたいという場合には、寸法を計り、それを置いた時の感じをイメージされている筈です。それだけではありません。壁紙の材質や、外壁、窓、一つ一つご自身で検討された事柄。その全てが、この試験では問われる要素になります。

それは、実はとてもすごいことで、注文住宅を建築する人からすれば、当たり前のように思われていますが、そういう一連の作業で取得できる資格があるということを考えると、そのすごさを体感することができるのではないかと思ったりします。

あと、2週間足らずで今年も終わりです。来年の目標は決まりましたでしょうか。もし、来年、何かにチャレンジしてみたい、と思われる方がいらっしゃいましたら、それがもし、お施主様やお施主様になろうとされている方であれば、インテリアコーディネーターをお薦めします。

ただ、この資格は、持っているだけでお金のかかる資格なので(更新時にお金がかかります)、コストパフォーマンスを考えて、取得することがリターンになるようでしたら、来年の目標にいかがでしょうか。
 

★ディテールにこだわった癒しの住まい完成現場見学会 2012年12月10日★

12月8日・9日に行ないました「ディテールにこだわった完成現場見学会」両日で20組の方がご来場くださいました。ありがとうございました。
特に2日目のビンゴは1階のリビングに溢れるほどの方がお見えになりました。


もちろん当社で建築されたお施主様方もお見えになり、皆さん楽しい時間を過ごされたようです。
そう、当社で建てられた方はお施主様同士も仲が良いのです。








S様のお住まいはとても特徴的です。
その中でも一番特徴的なのが「土間リビング」です。
皆さん、変わっているねぇ、とか、面白い建物ですね、と感想を述べられていました。

そう、住まいというのは住まわれる方のライフスタイルに合わせて建てるのが一番住みやすく、居心地の良い空間になるのです。

なぜって?考え方も家事の仕方も寛ぎ方も人によって違うからです。

家は多くの方が一生に一度の買い物。安心・安全はもちろん、オンリーワンの住まいづくりしてみませんか?

次回の完成現場見学会は4月・5月に開催予定です。
その間も入居者宅案内は開催しておりますのでお気軽にご連絡ください。
失敗しない住まいづくりをされたいのであれば、建てた方の本音を聞くのが一番です。(^^)

 

★初めての体験です 2012年12月6日★

連日連夜、大工さんと共に現場に入り続けることも初めてですが、誕生日を朝から晩まで現場で過ごしたことも、現場でケーキを頂いたことも初めての体験です。

チャレンジの大好きな私としては楽しい体験です。

お祝メール頂いたのに、返信できないままの方、電話頂いて出られなかったりとなっていますが、柴田も、吉野も元気です。

さぁ、今日も現場に張りついてきます。(^^)


 

回回回 happy icecream 回回回 2012年12月1日

今日は1日なので、八幡神社に参拝の日です、などともっともらしく書くことに何となく躊躇を覚えるのですが、そもそもなぜ、1日に参拝に行くんだろう…なんて、今更、吉野にも柴田にも聞けません。勝手な想像ですが、おそらく、理由その1.月の区切りだから。理由その2.八幡神社が好きだから。かなぁと勝手に推察しています。

理由その1.月の区切りだから、について検証してみると、確かに自分で事業を行っている場合、どうしても毎月の〆を行うことなく、日々の忙しさにかまけて自らを振り返るということをしなくなります。先月、自分はどうだったか、たてた目標はクリアできたのか、できなければ何が悪かったのか、今月自分はどういう目標で、どのような戦略をたて日々過ごしてゆくのか、そんなことを考える区切りのいい日であることには変わりません。

気がつけば、もう師走。今年一年を振り返るにはまだ早い。あと一カ月やり残したことを全力投球で頑張りたいものです。

区切りといえば、かなりソフトな話ですが、高校時代全寮制だった私は、何となく寮の廊下から聞こえてくるいつもニコニコ顔の素敵な同級生がこんなことを話していたのを思い出します。「毎月1日の朝、鏡を見て『ハッピーアイスクリーム』って3回言うの。そうすると、いいことがあるんだよ」。それから年月は流れ、高校を卒業、大学を卒業、就職、結婚、と人生の節目を何となく流されて過ごしてきた私は、ある時、ふと、神の啓示のように彼女の言葉を思い出すのです。きっかけもなく、何の前触れもなく。そして、それから毎月1日の朝には、第1声を上げるときは、それは鏡の前で、言葉は「ハッピーアイスクリーム」を3回、と決めて、それを欠かさず行っていました。それでいいことがあったかどうかは、なんとも言えません。ただ、1日と聞くと私の中では、吉野や柴田の八幡神社と同じようにとにかく欠かしてはいけない神聖な儀式であることには変わらないのです。もちろん、お施主様の健康、お住まいの無事、工事の無事を祈るのは当然なので、「ハッピーアイスクリーム」と同列に語ることはなんとも心苦しいのですが…。



理由その2.八幡神社が好きだから、については本人達が公言して憚らないのですから検証の余地なし、です。特に吉野はこの銀杏の木が大好きだそうで、参拝の度に「私、ここ、好き」とその場にじっと佇んでおります。特に今日は、紅葉で写真では黄色しか確認できませんが、もう少し近づいてみると、きれいな黄緑色とのグラデーションになっており、それはそれは素敵な色合いでした。

さて、話は少しそれますが、私が今朝事務所にまいりますと、こんな感じで机の上にてんこ盛りの荷物でした。なんだかお分かりになりますか?



当社のお施主様ならもうお分かりですよね。来週の完成現場見学会のビンゴ大会の景品です。旬の、「え。それ、欲しかった!」という商品が満載です。当選確率が驚くほど高い、驚愕の、そして毎回ドラマが繰り広げられる楽しいビンゴ大会、9日の13時から行われます。今回、あの子はまたビンゴの練習をしてきたのか!そして、その血のにじむようなビンゴの特訓は本番に生かせるのか!というより、ビンゴは運ではないのか!と言った、つっこみどころ満載のかわいいとあちゃん。是非、参加してくださいね。

本ブログをご覧いただきました方、当社で行う完成現場見学会は、お施主様が集う楽しい場でもあります。自分の納得のいくお住まいを建てたいと本気でお考えの方、是非、お施主様から直接お話を聞いてみてください。会社の人間がどんな美辞麗句を並べるより、私達と関わってくださったお施主様ご自身の口から色々お話を聞いた上で、お住まいのことを決めてください。もちろん、他で建てようと考えておられる方でも、結構です。私達は「後悔しない家づくり」を第一だと考えているからです。

そして、今回は残念ながら毎回ご好評いただいている当社の「happy icecream」、生フローズンヨーグルトはお休みさせていただきます。申し訳ございません。次回の完成現場見学会を是非ご期待ください。

.