株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

★HABITA200年住宅完成現場見学会2週目その1 2012年8月25日★

柏市酒井根にてHABITA200年住宅完成現場見学会を開催しています。
3回目の本日はビンゴ大会を開催しました。
画像をご覧になりたいかたはこちらをクリックして下さい。↓
 

★完成現場見学会ビンゴ商品決定しました。 2012年8月22日★

HABITA200年住宅完成現場見学会を8月25日・26日に開催します。

8月25日(土)13時からは恒例のビンゴ大会を開催します。

今回の1位はなんと、「お掃除ロボットルンバ君」
2位はインスタントコーヒーがカフェの味に「バリスタマシーン」等、

お家で過ごすのが楽しくなる商品を選びました。(実際、私が欲しい商品ともいえますが…)
その他お家で過ごすことが楽しくなるグッズを沢山ご用意しました。

皆さん、是非お誘い合わせの上、ご来場ください。

さぁ、N様のお子様とあちゃん、出番です。今回はママの為に1位を当ててください。
あっ、これはあくまでもゲームですからね。ゲーム。(笑)

皆様にお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています。



 

★建売住宅と注文住宅の違い 2012年8月20日★

建売住宅と注文住宅の違いとは?

まず大きな違いは
建売住宅は「住宅に住む人が合わせるということ。」
注文住宅は「住む人に合わせた住宅を作ること。」だと私は思っています。

家族構成、ライフスタイルは人様々です。
子育て中のママさんは家事動線を短くして家事をしていても目が届くような間取りにしたいとか、
ご自宅でお教室を開催したい方にはキッチンが見えない様に独立型にしたいとか・・・
食器洗浄機はいらないけど、お風呂はりラックタイムだからそちらにお金をかけたいなんて方もいらっしゃると思います。


長く住む家だからこそ自由設計で自分に合った住まいづくりをして欲しい。
不満を抱えながら生活すれば笑顔でいられないでしょうし、一緒に暮らす人も笑顔ではいられなくなるでしょう。
家は落ち着く場所であってほしい。
私達はそう考えています。

「注文住宅って高いでしょ?」そう思われている方、是非ご相談ください。
「できないという前にできる方法を考える」をモットーにご提案させていただきます。


松戸市・市川市・柏市で家を建てるならHABITA200年住宅住ま居る住宅研究所
 

★HABITA200年住宅完成現場見学会 2012年8月18日★

HABITA200年住宅完成現場見学会1日目、20名の方がお見えになりました。

暑い中お越しくださいまして誠にありがとうございました。



建築中から気になっていたとおっしゃってくださった方もいらっしゃり、嬉しい限りです。




アンケートに答えてくださった方に差し上げている、ウッドベリーズの生フローズンヨーグルトも好評で、購入したいといわれる方もいらっしゃいました。


本日も沢山の方と出逢うことができ、素敵な一日でした。
元気印の女の子、ほのかちゃん&ももちゃん、チョコレート大好きなゆうくん、又逢える日を楽しみにしています。


お施主様も会社を早退して駆けつけてくださいました。
出来上がりを見て感慨深げなお施主様。

1年間、お疲れさまでした。
そしてこれからも宜しくお願い致します。

完成現場見学会は19日・25日・26日と開催しますので是非ご来場ください。

木の香りが漂う癒しの住まい、是非ご体験下さい。
5寸の柱は見ているだけで安心感を与えてくれます。


 

回回回 新妻YOSHINO 回回回 2012年8月11日

 吉野と話をしていると「私、男みたいな性格だから」とか、「性別間違っちゃったんだと思うんだよね」などとよく言います。実際にその通りだと思ったことは一度もありません。

 きめ細やかで「ザ・女性」なのですが、当の本人はそう言われるのが嫌みたいです。

 先週B様邸で完成現場見学会をおこないました。前日からの疲労がピークになり、それでも黙々と準備をしていた吉野ですが、M様の愛息子もっくんが遊びにきたところ、態度が激変。それはそれはしとやかな新妻のような態度でコマゴマと動きだすのです。

以下左側が実際の会話。→の右側が新妻バージョンでお楽しみください。

もっくん「よーっちーん!」→「ただいま」
吉野「もっくーーーん!」→「あなた!おかえりなさい。何になさる?」
もっくん「あいちゅ」→「うむ。まずはチラシでみたフローズンヨーグルトが食べたい」
吉野「ちょっと待っててね。」→「かしこまりました。すぐにご用意いたします。」
もっくん「あいちゅ」→「早くしてくれ」
吉野「もっくん、ジュース飲む?」→「その前に、おビールでもいかがでしょうか。」
もっくん「あいちゅ」→「いらない。私はフローズンヨーグルトを所望する。」


お話がたくさんできるようになって、本当に成長したもっくん。感無量です。



そそくさと外に出ていき、生フローズンヨーグルトを用意する吉野。
美味しそうに生フローズンヨーグルトを食べ、満足のかわいいもっくん。




そして、この日はH様の愛息子こうちゃんもご来場。
これから大きくなって、吉野と遊んであげてね。
二人の会話を楽しみにしています。
こんな感じで、8月17日・18日・24日・25日の4日間も柏のMM様邸にて完成現場見学会をおこないます。素敵なお住まいを堪能するのみならず、スタッフの観察も楽しめる楽しい完成現場見学会です。

当社スタッフ新妻YOSHINOを見てみたいという方、是非ご来場ください。
 

★地域型住宅ブランド化事業採択されました。 2012年8月11日★

先日平成24年度第1回「地域型ブランド化事業」について採択が発表されました。当社が所属しているグルームも無事採択されました。

そもそも地域型ブランド化事業とは、地域工務店等とこれらを取り巻く関連事業者が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び街並みの維持・保全、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的としています。

このため、本事業では、中小住宅生産者等が他の中小住宅生産者や木材供給、建材流通等の関連事業者とともに構築したグループを公募し、グループ毎に定められた共通ルール等の取り組みが良好なものを国土交通省が採択し、採択されたグループに所属する中小住宅生産者等が当該共通ルール等に基づき木造の長期優良住宅の建設を行う場合、その費用の一部を予算の範囲内において補助をしてくれるのです。

長期優良化住宅をお考えの方、是非当社へご相談ください。
 

★嬉しい・楽しい・賑やかな1日 2012年8月10日★

当社で建築されたN様奥様、M様奥様、T様奥様、N様奥様が事務所に遊びに来てくださいました。

昨日T様から「牛乳パックで作る椅子が出来上がったのでお持ちしてもいいですか?」という電話を頂き、
T様のベビーマッサージを受講しているN様にも声掛けをさせていただいたらいつの間にか4組のお施主様が集まることに。


牛乳パックを使って作った椅子です。
もちろん大人が座っても壊れません。
そして記事は子供に大人気のアンパンです。
T様奥様、ありがとうございます。


当社のお施主様は当社が企画している感謝ツアーに参加されているのでほとんどの方が顔見知りです。
ですからお子さん達も仲がよく、「あっ、とあちゃんだぁ!」とか、「りっくんだぁ!」と嬉しそうにしていました。
最初は少し恥ずかしかったのかみんなでもじもじしていましたが慣れてくるとほら、この通り。






N様のお子さんりちかちゃんは3人姉弟。何事にも動じず、あまり泣かない将来が楽しみなお子さんです。
うつぶせにしていても必死で寝返りを打ち、這いずりながら自分のポールポジションを確保するりちかちゃん。たくましいです。


ブドウ好きな4人組。お昼御飯を食べてアイスを食べて、おやつにはN様から頂いたぶどうをパクパク。
沢山遊んだからお腹もすくのでしょう。




夜はみーちゃんとみーちゃんママが合流し、松戸にある食いしん坊へ。
ここでもみんな賑やかです。

びっくりしたのがお昼寝を一切していないりっくん。異常なほど元気です。
これにはりっくんママもびっくり。
うちの子どうしちゃったの?なんておっしゃっていました。


私達にとってはどの子も、この子もみぃーんな可愛い!
打ち合わせの時2歳半だったN様のお子さん、とあちゃんは9歳に。
生まれてからずっと土地を探しながらお付き合いさせていただいたT様のお子さんミクちゃんは5歳になりました。当時、一人っ子だった、とあちゃん、みくちゃんは妹弟の面倒をよく見るお姉さんになりました。

日常では当たり前のことですが、お子さん達がお会いした時よりも成長したことを確認できる行動を見たり言動を聞いたりするともうそれだけで感動し、なぜか涙が出そうになるのです。

そして、いつも思うのが「みんななんていい子に育っているんだろう。パパ・ママがんばっているんだなぁ」

建築の仕事は非常に責任の思い仕事です。正直辛い時もありますがお施主様ご家族様の成長を一緒に感じられる喜びがあるからこの仕事が続けられるのです。

あまり言いたくありませんが、私、お施主様のDVDを作成中いつもティシュを横に置きながらせっせと作成しているのです。 この頃はあまり珍しくないのか誰も「どうしたの?」と声をかけてくれなくなりました。だって本当に写真を見てると泣けてくるんですよ。その成長ぶりに。
この気持ち、分かってくれる人いないかなぁ・・・・・・

 

★祝上棟 2012年8月10日★

松戸市で建築中のA様邸の上棟を行いました。

本日も気温が高く、作業を行うにはハードな一日でしたが皆さん頑張ってくださいました。

熱中症になる人もいなく、無事に上棟が終わりほっと一息。
炎天下の上棟はいつもの倍以上気を使います。




無事上棟終了です。
本当にお疲れさまでした。


 

★お住まいの不満を解消!B様邸完成現場見学会 2012年8月6日★

8月4日・5日と松戸市松戸にて完成現場見学会を開催しました。

暑い中にも関わらず20名の方がご来場くださいました。
誠にありがとうございました。





鎌ヶ谷市で建築されたH様もご来場くださいました。
昨年生まれたばかりのこうだいくん。大きくなりました。
人見知りもせず誰に抱っこされても動じません。
表情も豊かになり、みんなデレデレです。


皆さん、とても素敵で良く考えられた住まいねと褒めてくださいました。

お住まいは住まわれる方の家族構成、年齢、ライフスタイルによって変わります。
住まわれる方が住みやすいお住まい、そして愛着のあるお住まいにするのが私共の役目です。


ただ、一つだけ心残りが・・・・
それは最初の提案は年齢等を考慮して全部引き戸で提案させていただいたのですが、途中でお施主様が一部を開き戸に変更したいと言われ変更したことです。
将来の事を考えて引き戸のほうが使い勝手が良い旨を説明させて頂いたのですが開き戸が良いとのことで変更させていただきました。

しかし、完成してからやっぱり全部引き戸にすればよかったかしら・・・と言われ、あぁ、あの時もっとご納得いただけるよう説明すれば良かったと思いました。





本当に暑い中ご来場くださいましてありがとうございました。


又、8月18・19日・25日・26日には柏市酒井根でHABITA200年住宅を開催します。
お会いできるのを楽しみにしております。


 

★ジョンソンタウン 2012年8月1日★

現場見学会の準備や8月引き渡し物件の最終施工等でバタバタしていますが、お施主様から頂いた宿題を確認するため、埼玉県入間郡のジョンソンタウンに行ってきました。
ジョンソンタウンとは昭和13年当時の陸軍士官学校に勤める将校たちの為に平屋の日本家屋が建築されたのが始まりとされています。昭和29年にアメリカ進駐軍の軍人向けに玄関の段差のない外国人向け住宅が建築されました。
現在は120戸以上の住宅や個性的な店舗が立ち並ぶ白い町としてCDジャケット、ミュージックビデオの撮影も行われています。




業者さんも一緒に同行して頂き、サッシの納め方について確認しましたが・・・・


おもわず・・・・・黙ってしまいました。
その後、柴田と二人で納め方について色々話しあっていました。



当たり前ですが私達が一番嫌うのが雨漏れです。
窓の部分は十二分に気を使って防水処理を施します。
ですが、この納まり方だとちょっと心配があるようです・・・・

不審者のように各お住まいや店舗のサッシを確認し、1時間半。
お昼になり食事をすることに。
ジョンソンタウン内にあるお豆腐料理のお店へ。


豆腐の精進料理に豆腐のデザート付のランチを頂きました。

どれもおいしく頂きました。

食事の間もサッシの納まりについて図を書いたり、インターネットで調べたりとなにやら忙しない食事時間になりましたが、美味しい食事に癒されました。

さて、お互い社に戻って仕事です。
Oさん、宜しくお願いしますね。


.