株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

回回回 気になる木 回回回 2012年4月28日

 一寸法師の大きさはどれくらいかご存知でしょうか。
3.03㎝だそうです。かわいいですね。そんな可愛らしい一寸法師が鬼を退治するのですから
今更ながら大したものだと感心します。

 では、五寸というとその五倍ですから、約15㎝。
そして、HABITAで使用する柱は5寸角です。これは、かなりの大きな柱です。

 そして、木をふんだんに利用したHABITAの特徴と言えば、「現し(あらわし)」です。
私は最初に「アラワシ」と聞いた時には「荒鷲?もしやホークスのこと?」などと妄想して
しまうほど、なじみのない言葉でした。そもそも何をアラワシているのか。
 調べてみると、以下のような意味でした。
「通常隠蔽してしまう部分を、あえて露出させる仕上げをいう。たとえば、天井をはらずに
小屋裏をみせると、『小屋裏現し』となる。また、二階根太をみせると『根太現し』になる。
化粧になることから、精巧な工作が要求されて、天井を張るよりも高価になる。」
厳密に言うならば、「現し」というのは、「小屋根現し」や「寝太現し」というわけなので、
「荒鷲」ではない、ということになります。

 ホークスファン、無念。

 ただ、気になるのは、「化粧になるから、(略)天井を張るよりも高価になる」という
ところです。ちなみに、ここでいう「化粧」とは建築用語で「建造物・工作物などの内外の
表面を、ある目的をもって仕上げること」という意味で、ここでいう「ある目的」とは
「意匠(デザイン)」ということになるのでしょう。

 HABITAでは、この美しい「小屋根現し」や「寝太現し」を天井で隠してしまうことは
不信感を招き、またコストが必ずしも安くなるとは限らないとしています。
 確かに、天井の壁でかくれている部分の施工状態については、住み手からは見えない
部分です。一枚の壁、クロスが阻むもの、それは本来見せることによってその家の
価値や信用の証となる「小屋根現し」や「寝太現し」なのではないでしょうか。

 そして、「地産地消」。国産の木材を利用することは、有数の木材生育国である日本に
住まうものとして、当然の選択となる、というのもHABITAの考え方です。現存する
古来の神社・仏閣では、木を使用しており、長い期間その荘厳さを私達に見せつけます。
 最近、大河ドラマを見ていて気になるのが、床、です。
 あの、元祖フローリングである板の間を裸足で闊歩する松山ケンイチ、もとい、平清盛は
「ザ・日本男子」というキリリとしたオーラが出ています。そして、何より気持ちよさそうですよね。

 吉野も裸足が大好きで、いつも靴下を脱いでぺたぺた歩いています。
 いわゆるHABITA体質ってやつでしょうね。

 木材生育国であるにも関わらず、海外の木材を輸入して使うというのは、実はとてつもない
リスクが潜んでいます。木材はきっちり乾燥させて建材として使用するのが一般的ですが、
輸入した状況が劣悪な場合には、湿っていることもあり、それがしいては住宅の強度を
弱めることになります。
 また、外国の白蟻がその木材に付着し、一緒に輸入され他の木材を食い荒らしたり…。
 地産地消であれば、その風土に合った木材ですから、そのようなトラブルは起こり得ない
のです。

 万が一白蟻の被害にあったとしても、「現し」ですから、すぐに対処もできます。天井を
外す必要もないわけですから、手間もかからなくて済みます。

 また、HABITAのこだわりの一つとして、構造の接合部には、マンホールで使用する
鋳物の金物(ハラテック21)を使っています。

 木造軸組工法(在来工法)では、接合部では回転力の伝達がないため、地震の
横揺れや、風圧力に対して抵抗するためには、筋交いなどの耐力壁が必要となります。
 柱、梁、筋交いなどの各部材の強度が地震力や風圧力による応力以上の強度を
持たなければならないのは当然ですが、建築の構造に対する根本的な考え方として、
柱、梁、筋交いをつなぐ接合部分は、柱や梁などの各部材の強度以上の強さを持って
いなければなりません。

 なぜなら、梁が外れたり、柱が抜けたりすると、建物の倒壊に直結するからです。
阪神淡路大震災や先の新潟県中越地震で倒壊した建物は、筋交いが入っていなかったり、
バランスが悪い、重い瓦屋根などの原因が挙げられていますが、接合部にも多くの問題が
見受けられたと指摘されています。

 そして、一番の特徴は、シンプルな間取りです。
一時期、沢山の部屋数があれば、それでいいでしょ、といった間取りが流行った時期も
ありましたが、今、主流は可変式の大きな空間です。
家族が増えれば、部屋数も増やせる、子供が独立すれば部屋数を減らし広々と住まう。
変幻自在の空間というのは、結局のところ、一番シンプルな間取りということになります。

 HABITAの住まいで、やはり一番の見せどころ「現し」は、大工さんにとっては最高の
実力発揮の場所にもなり、気合が入ります。大工さんの中には、こういう住まいがつくり
たくて、この世界に入ったという人もいるくらいです。
 
 この木は国産材で、みなさんも目に触れたことがあります。
 ただ、見たこともない花は咲きませんので、あしからず。
 



 

★お姉さんズDIY 網戸張替編 2012年4月26日★

松戸市でリフォーム中のS様邸の網戸の張替をお姉さんズで承りました。

この頃は気温も高く窓を開けたくなることもしばしば。
虫が入ってこないよう、網戸は必需品です。

そこで今回の網戸は目の細かい防虫網戸を使用しました。




DIY大好きなので網戸の張替でしたら、お姉さんズが材料代で施工します。

材料代は網戸代+ライナー代(網抑えゴム)で1枚770円です。




 

★M様お打ち合わせ 2012年4月23日★

柏市で建築中のM様とお打ち合わせをさせていただきました。

まずは現場で打ち合わせをさせていただき、追加したいとおっしゃった天井物入れの位置確認をさせていただきました。

M様のお住まいは玄関が7.5畳もあり、まさに「玄関は家の顔」というのにふさわしいお住まいです。

事務所に戻って詳細を打ち合わせを済ませ、久しぶりに食事をご一緒することに。








テキおそばの好きなM様と向かった先は柴又のやぶ忠です。

M様の仕事が忙しく3週間ほどお会いしていなかったので久しぶりにゆっくりお話することができました。

M様美味しいお土産ありがとうございました。
さっそく今日の夜食でいただきますね。

天もりの大盛り 3人前位はあります。
天もりの大盛り 3人前位はあります。

 

★お施主様満足度 2012年4月22日★




松戸市で建築されるS様とお打ち合わせをさせていただきました。

S様のお住まいはディティールにこだわった癒しの住まいです。


当社で建築を依頼されるお施主様は理想のお住まいを形にする為には時間を惜しみません。

こだわりを持たれている方は特にその傾向が強いと思います。

なぜならば、こだわりを持たれている方はハウスメーカー、工務店等を何社イエ、何十社も見ていらっしゃるからです。

S様もに沢山のハウスメーカーをご覧になったようです。

だからこそ、当社ならではのハウスメーカーさんではなかなかできない細かなニーズに対する対応、納得いくまでの打ち合わせ、契約後の追加変更が可能なこと等よくご理解されているのです。

ちなみに当社の打ち合わせ回数NO1は今のところ松戸市で建築されたM様です。
NO2は市川市で建築されたM様
この記録実はもうすぐ塗り替えられそうです。

NO2はS様になりそうです。
(ちなみに当社の平均打ち合わせ回数は20回以上です。)


自分で決めたら納得がいく。色々考えた答えが形になる。だからこそお施主様の満足度の高い住まいができるのだと思います。

家は多くの方が一生に一度の買い物です。
自分のライフプランに合った住まいはストレスが溜まりません。
注文住宅は高いから・・・なんて思っていらっしゃる方、是非一度ご相談ください。

総資金計画(土地代含む)2500万円の注文住宅の実績もあります。
まずはご連絡お待ちしています。


 

回回回 ZEROエネルギー 回回回 2012年4月21日

【衣食住】 
将来のことを考えると、不安になります。
年金の問題とか、雇用の問題、数え上げればきりがないです。
「衣食住」で、一番イニシャルコスト、ランニングコスト共にかかるのは、言わずと知れた「住」ですよね。

【賃貸】
たとえば、賃貸の場合では賃貸料がかかりますし、継続する場合には家賃上昇のリスクもあります。また、更新料も2年に1度発生します。
それに加えて固定費(電気・ガス・水道代)も月々発生します。

【固定費】 
よく、「節約」と言われる場合の筆頭にあげられるものは、毎月発生する支払い、例えば家賃の他、保険料、そして電気・ガス・水道代などです。

【借りるか、買うか】 
 家賃がもったいないから、家を買うというのは、一時期不動産営業の鉄則のようなものでした。
低金利で今の家賃の支払額と比較しても、住宅ローンを組む方が割安ですよ、と。
確かに、それもありますが、今後金利上昇リスクがないともいいきれません。
それに、低金利が続くということは、景気の低迷であり、それはすなわち雇用自体も危うく
なる可能性を秘めているわけです。
もちろん、借りる場合のリスクも勿論あります。高齢になれば、賃貸借契約そのものが更新
されない場合もあるのです。まして、家賃がどれくらいのペースで上昇するのか、一定なのかも
分からないですよね。

【持家の強み】
 住宅ローンを組まれる場合には、団体信用保険に加入します。これは、住宅ローンの借主に
万が一のことがあっても、家族が路頭に迷うことなく、家購入に伴う債務が帳消しになる状態で
住み続けることができる、素晴らしい制度です。
それに、もし、予測不能な大地震がきても、土地は残ります。
野菜を育てることもできますし、テントを張ることもできるのです。
つまりは、何が起ころうと、自分の居場所を確保できるのです。

【ゼロエネルギー】
 地球上の石油はあと50年で枯渇すると言われて久しいです。そして、私達の使命は
次なる世代に残すべきこの地球の資源と自然を守ることでもあります。
HABITAでは、今後の生活を見据えた新しい形の住宅を発表してきました。
家の一部を賃貸にしたり、ギャラリーにしたりできる住宅。
今回は、太陽光パネルを使用し電力を自身で作りだし、まかない、さらには電力会社に売却するというゼロエネルギー住宅を発表しました。
前出の固定費の電力部分がかからず、しかも+アルファまで見込める、そんな夢のような住宅。
ご興味のある方は是非、一度ご連絡ください。


 

★H様リフォーム開始 2012年4月20日★

市川市下貝塚のH様邸にてリフォーム開始しました。

H様はHPからのこの様なお問い合わせを頂きました。
 「1室を教室用に防音室へリフォームしようと思っております。本格的な防音室は何百万のも費用がかかってしまう為、ある程度、音漏れが防げたらと考えております。」

ということで現地調査と、お打ち合わせをさせていただき、簡易防音リフォームをさせていただくこととなりました。


そして、リフォームする部屋がこの和室です。
この和室がピアノ教室用のお部屋にリフォームされます。


仕上がりはHPでアップします。





 

★S様リフォーム開始 2012年4月18日★

松戸市五香のS様邸のリフォーム工事を開始しました。
S様邸リフォーム内容は1階フローリングの張替と、トイレ、居室の段差解消工事です。

今週中にはリフォーム完成です。





 

★PONOPONOグランドオープン 2012年4月17日★


いよいよ明日生フローズンヨーグルト専門店PONOPONOがグランドオープンします。

グランドオープンに備えこっそりと5日間程プレオープンしていたのですがリピーターの方が多いのにびっくりしました。

中には2日続けて来店された方もいらっしゃいます。

ウッドベリーズの生フローズンヨーグルトと厳選した旬の季節の果物ををその場でミキシングする生フローズンヨーグルトは格別です。

私も目黒からSOSを受けて14日、15日と手伝いに行っていたのですが、その間、1日に2つは食していました。私のお気に入りは出来たての生フローズンヨーグルトと、高濃度トマトの組み合わせです。

14日にはなんと市川市で建築されたM様ご夫妻と、市川市でリフォーム工事を頂いたI様がお店に来てくださいました。
わざわざ遠くまでご来店ありがとうございます。そして、大人買いまでしていただきましてありがとうございました。

お持ち帰りは何度も召し上がっていらっしゃるM様奥様ですが出来たての生フローズンヨーグルトを食し、一言。
「美味しいです! これだけでも来た甲斐ありました。」

そして、グルメなM様ご主人様もぼそっと一言
「うん、うまい」

おしゃれで流行に敏感なI様奥様は吉祥寺のウッドベリーズにも何度も行かれているのですが
「おいしぃ~この機械 ピーちゃんちに入れて作ろうよ!」とおっしゃっていました。
嬉しい限りです。

私達が食べたくて始めたのではないかという噂もあるようですがそんなことは・・・


少しあるかもしれません。
しかしそれだけではありません。

美味しいだけではなく、安心・安全を届けられるとなれば、自分だけではなく、多くの人にその美味しさと安全を届けたいと思ってしまうからです。

自分が良いと思ったものしか薦めない。それは建築でも一緒です。
安心・安全を多くの方に届けたい。そんな思いで始めたお店PONOPONO。

いよいよ明日オープンです。






 

回回回 さくら 回回回 2012年4月14日

 みなさんは今年はお花見に行かれましたでしょうか。

今年は、中々暖かくならなかったのと、雨の影響で、桜を心ゆくまで堪能する時間は
悲しいほどに短かったですね。私の知人でも2週間前に「フライングで栃木にお花見に
行ったけど咲いていなかった」と嘆いていましたが、先週の週末が最初で最後のお花見
日和でしたね。

 M様のはからいで、仕事を終えて夜遅くに夜桜を見に連れて行っていただきましたが
桜の名所は、夜中にしては驚くほどの大渋滞でした。

 今日、出勤するときには、この雨で桜の花びらがアスファルトの歩道を彩っていました。
 私の家から駅へと向かう桜並木はすでに、葉桜へと変わっていました。
 
 桜といえば、フローリング材に使用されることもあります。S様邸のダイニングもそうですが
桜の木は丈夫であるために、床暖房の施工も可能です。また、色合いが少しピンクがかって
いるのと、年輪が細かく硬質の木材のために、とても扱いやすいです。
 桜の幹で染物をすると、きれいなピンク色になると、著名な女流大御所作家が以前書いて
いましたが、さもありなんという感じです。

 そして、今日は雨。
 桜をしのんで、今日は桜の花を詠んだ和歌を心で味わいたいと思います。
よく、古典では「花=桜」と言われますが、奈良時代には「花=梅」でした。
その後、花の地位が逆転し、平安時代以来、日本人は桜をこよなく愛する国民へとなるわけです。
桜といって一番最初に思い浮かぶのは、西行法師の

 願わくは花の下にて春死なむその如月の望月のころ

ですね。切なくも、美しい歌です。
 西行法師は桜の歌を多く詠んだ歌人でもあります。

他にも、小野小町の

 花の色はうつりにけりないたづらにわが身よにふる眺めせしまに

 激しく同意してしまう、今日この頃です。

 いずれにせよ、桜の美しさは一瞬だからこそ、はかなくも切なくも愛しい。
大局で見ると「刹那」であるこの生きている一瞬一瞬を大切に生きていきたい、
日本人のDNAに流れる人や物を大切にする思想は意外と桜が本流なのかも
しれません。


夜桜は艶やかで、幽玄の世界に導かれるようです。



 

★S様ご契約・B様打ち合わせ・H様打ち合わせ  2012年4月13日★

 今日は朝から3件のお打ち合わせでバタバタしていました。

 1件目は、五香のS様。築30年のお住まいの床材の張替をおこない、かつ、
バリアフリーになさりたいとのことで、ご契約させていただきました。
 どんなに大切に住まわれていても、床はブヨブヨしてきます。そのため、事前の
調査をさせていただいて、無料でお見積りを出して、その上で、当社で施工するかを
決めていただいています。
 S様は、今日はご契約。
 「以前にリフォームした時は、打合せも契約もなかったわ。契約書があって、色々
希望を聞いてもらえるのは、ちゃんとした会社だからだね。」と感心していただきました。
 S様、ご安心ください。
 当社では、リフォームでも新築でも、全力でお客様のご要望にお応えします。
 今月内の施工・完成となります。S様のお住まいを大切に思われる気持ちを大切にし
これからも快適にお過ごしいただけるよう、頑張ります。




契約書にサインをいただいているS様のご様子
 お昼は、みなさんにご心配をおかけした私の母とスタッフで昼食をとりました。
ギックリ腰はおかげさまで嘘のように回復し、また元気に飛び回っている母です。
ギックリ腰はくせになるから、大事にしなよ、と何度も諌めているのですが、あまり
効果がないようです。
 まあ、元気でいてくれれば、それでいいんですけどね。
 S様や、今日これからお打ち合わせのB様のようにおしとやかなマダムでいてほしい…
私のささやかな願いは、母には届かないようです。

 軽い食事を終え、母と別れ、早々に私達は松戸市のB様邸に打合せに向かいました。

 2件目は、先週の土曜日に地鎮祭を終え、今日はサッシ、内部建具の色・デザインの
最終確認をおこないました。
 サッシの最終確認で、「光を入れたい、でも視線は防ぎたい」というところで、色々とお打合せさせていただきました。
 また、夕方近くまで続いた打合せのため、奥様は柏餅やお漬物、煮物などたくさんご用意してくださいました。大変美味しくいただきました。ありがとうございます。


 3件目は、市川市のH様。
 中古住宅をご購入されて、その一室を防音室にされたいとのことでした。
実は、ピアノ教室にしたい、とか楽器を演奏されるということで防音室をご希望される
お客様は結構多いです。
 防音にするには、遮断シート、防音ドア、サッシを2重にする、断熱材を入れるなどの工事をおこないます。そのため、クロスの張替もおこないます。
 H様はクロスの見本帳ごご覧になりながら、選ぶのが楽しくてしようがないといったご様子でした。注文住宅だと、こういうのを一つ一つ決めていくのは楽しいでしょうね、ともおっしゃっていただきました。


 この日は、リフォーム、新築の打合せ、中古住宅のリノベーションと、全く異なるお打ち合わせをしました。そして、皆様に、よろこんでいただけました。私達も、皆様のよろこんでいただいた笑顔に元気をもらいました。

 日当たり、一室だけのリフォーム、床の張替、手摺の取り付け、何かお住まいでお困りのことがございましたら、遠慮なくお申し付けください。
 当社では、男性だけではなく、女性スタッフも同行して、水回りやバリアフリーのご相談を
お受けしています。偏りのない、公平な目で、お客様が一番喜んでいただけるご提案もさせて
いただいています。
 
 

★こっそりプレオープン 2011年4月11日★

以前ブログでアップした生フローズン専門店PONOPONOが4月11日プレオープン致しました。
PONOPONOの生フローズンヨーグルトは生フローズンヨーグルトと厳選された旬の果物をその場でミキシングしてお客様にご提供させていただきます。

ですから、お客様が多い時はお待ちいただくこともありますが、本物の味を召し上がっていただけばきっと納得していただけるのではないかと思っております。

しかし、手際が悪くお待たせするのは大変申し訳ないことですので誰にも告知せず、こっそりプレオープンしました。


お姉さんズ1号、頑張っています。
お店の内装設計はもちろん、カウンター 内装木材、ディスプレー等もお姉さんズ1号の手作りです。

沢山の笑顔に出会えるのを楽しみにしているお姉さんズ1号は4月17日のグランドオープンに向け、張り切って、いえこっそりプレオープン中です。

松戸エリアのお施主様もPONOPONO1号店を大変楽しみにしていてこっそり旭まで行くとおっしゃっている方もいらっしゃいます。

おそらく、目黒は緊張してしまうかもしれませんのでこっそり訪れてみてください。
4月17日のオープンはお姉さんズ2号も手伝いに行きます。

皆様のご来店心からお待ちしております。




 

回回回 メグメグファミリー 回回回 2012年4月7日

お姉さんズ1号のかわいいファミリーを紹介します。


ドン!


性格が温和な、ぱっちりした目がなんとも愛らしいハルちゃん。

右:吉野が抱いているのがハルちゃん
左:目黒が抱いているのがシュンくん

可愛いですね。
ハルちゃんは女の子、シュンくんは男の子です。
ゆっくりとした動作が可愛いスロローリス。
目黒の愛娘と愛息子でした。


 

回回回 地鎮祭 回回回 2012年4月7日

 今日は午後から、B様邸の地鎮祭が松戸市で執り行われました。
 
 そのため、早めに建築現場に到着し、辺りを皆でキョロキョロしていました。
というのも、実は秋山のM様奥様のご実家がお近くで、もしかしたら我らがアイドル「もっくん」に会えるかも、という淡い期待がありました。
そしたら、なんと偶然にも「もっくん」ファミリーが!!!M様奥様、奥様お母様、もっくんのお三方が、車で通りました。
 
 吉野は興奮して、「もっくん、もっくん・・・」とうわごとのように何十回もつぶやいています。
これじゃ、ジャニーズの出待ちのようで、多分、吉野ももっくんと出会えてそういう出待ちの気持ちが痛いほどよく分かったようです。何といっても、もっくんのファンクラブ会員1号ですから。

これでは、虜になるのも無理はありませんよね。
 ↓
 




そして、私達はB様の敷地に向かいます。 
 
 地鎮祭の度に、お施主様との出会いから、そして様々な思い出や、これからのお住まいの
青写真、など色んなことが胸に迫ります。
 そもそも、B様との出会いは、ご近所のM様奥様のお母様がご近所だったこともあり、
秋山のM様邸の現場見学会にご来場いただいたのがきっかけです。

 この土地で、B様が笑顔で快適にお過ごしいただけるよう、当社スタッフ皆全力で
頑張っていきたいと思います。
 






 
 どれくらい頑張るかというと、こんな感じでしょうか。
地鎮祭の準備、そして、地縄を張った実際のお住まいの寸法をご確認いただくためのお打合せ等々。


 B様、お住まいを建てていてご不安を感じることや、何か疑問点がございましたら
御遠慮なさらずに、いつでもご連絡ください。
 B様のご長男様も、本日はお忙しい中、地鎮祭にご出席いただきまして、ありがとう
ございました。
 素敵なお住まいが完成するよう日夜励んでおりますので、ご安心くださいますよう
お願いいたします。
 

★HABITA・木の強度について 2012年4月6日★

HABITAのお住まいは経年劣化を楽しみながら、そして、リフォームをしながら200年持たせていく建物です。平たく言うと、昔の古民家と同じ考え方の住まいなのです。

山口県の津和野には築120年から200年という建物が沢山あります。
どのお住まいも経年劣化を楽しみながらリフォームをし長年維持をされています。

えっ?木ってそんなに持つの?とお思いの方、木造の歴史は1400年です。
ちなみに鉄骨造は230年、RC造は130年です。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、木というのは伐採後徐々に強度を増すのです。

樹齢60年の木は200年後が強度のピークになります。
それから約1000年以上かけてゆっくりと伐採時の新材と同じ強度に戻っていくのです。
200年住宅の由来、ご理解いただけましたでしょうか?

もちろん、何も手を加えず200年持つ訳はありません。
リフォームしながら、手を加えながら長く住み続けられる住まい。それがHABITA200年住宅なのです。

そうそう、3年前に建築されたY様邸、現わしの部分を塗装しました。
以前のHABITAの外観も気に入っていたのですが、今回も又渋くて、私達の中では
「大人HABITA」なんて呼んでいます。




こちらが塗り替え前のHABITA。
ナチュラルな感じが素敵です。





「大人HABITA」如何ですが?
落ち着いた大人の渋さを感じさせる佇まい。

貴方はどちらのHABITAがお好みですか?


ちなみに只今建築中の柏市、M・M様も大人HABITA仕様です。
インナーバルコニーが特徴的なM・M様のお住まい。
出来上がりが楽しみです。
 

★まもなく始動・PONOPONO1号店 2012年4月5日★




昨年から打ち合わせをしていた生フローズンヨーグルトのお店を旭市にてオープンすることになりました。

建築屋さんが生フローズンヨーグルト?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、この仕事を始めてからずっと私の中では考えていたことなのです。

お姉さんズ1号こと目黒と近い将来、住まいの安全、安心、そして食の安心、安全を地域の方に広めていけたらいいねと話していたのが4年前。

ようやく、夢に向かっての第1歩を踏み出すことができました。

無添加・無着色はもちろん、小さなお子様からお年を召した方まで安心して召し上がって頂ける生フローズンヨーグルトは味にうるさいお姉さんズが夜に車を飛ばして買いに行ってしまうほど美味しいのです。
(私は松戸ですから高速を利用して1時間、目黒は匝瑳市ですから3時間はかかります。)

私自身がびっくりしているのですが、アイスクリームがあまり得意でない私がウッドベリーズの生フローズンヨーグルトだとLサイズをペロリと食べてしまうのです。

お持ち帰りもあるのですが、この生フローズンヨーグルトはお店で出来たてを召し上がっていただくのが一番。

お近くにお寄りの際は是非、召し上がってみてくださいね。

プレオープンは4月11日11時からとなっております。
目黒がお店の責任者です。
お姉さんズ1号はお店のレイアウトはもちろん、カウンター、ウエスタンドア、塗装も自分で手掛けました。

アンティーク調の店の雰囲気は落ち着いた空間に仕上がってきました。
完成が楽しみです。

開店に伴う詳細は後日お知らせ致します。


 

★B様ショールーム打ち合わせ 2012年4月5日★

松戸市で建築されるB様と一緒にYKKショールームとパナソニックショールームに行ってきました。
B様は2度目のショールーム見学です。前回よりも商品が分かって楽しいとおっしゃってくださいました。
確かに以前より笑顔も多くみられ楽しそうでした。

YKKショールームでは各部屋の窓の大きさ、窓の種類等を再度確認頂きました。
迷っていらっしゃった玄関ドアも決まり、次はパナソニックショールームへ。

パナソニックショールームではキッチン、システムバス、トイレ、洗面台の確認をして頂きました。





地盤改良も終わり、4月8日には地鎮祭を行います。
B様は完成が待ち遠しいと嬉しそうにおっしゃってくださいました。

B様、ライフスタイルに合ったオンリーワンの住まいが出来るまでもうしばらくお待ちください。

 

★OS様お引き渡し  2012年4月2日★


松戸市にて建築されたOS様のお住まいが完成し、お引き渡しさせていただきました。





リースフックのついた可愛らしい玄関。
リーフの形をしたガラスの部分から室内に木漏れ日が漏れるようになっていて、とても可愛らしい雰囲気に仕上がりました。
ご主人様はお留守でしたので代表して長女のゆかちゃんが本キーの差し替えを行いました。

新居の一番風呂はお父さん待ちということでみなさんお父さんの帰りを首を長くして待っていました。

その後ご主人様から一言。
「新しいお風呂快適だよ。いいねぇ~」

OS様、完成おめでとうございます。
今後も宜しくお願い致します。


 

★ぴーちゃんが来てくれました。 2012年4月1日★

お散歩の途中、市川市堀之内で建築されたM様ご夫妻と愛娘ピースちゃんが遊びに来てくれました。
ピースちゃんは事務所の前を通るたびに、立ち止まり私達がいないか確認をするそうです。

M様ご主人様が他の人と電話をしていてもぴーちゃんは吠えないそうなのですが
私とご主人様が電話をしていると声が聞こえるようで、ワンワンと吠えるそうです。

ご主人様がぴーちゃんの気持ちを訳すると
「吉野さんですか?吉野さん、吉野さんですよね。今から来るんですか?ねぇ、来るんですか?」だとか・・・・
 



これだけ熱烈歓迎してくれるのはぴーちゃんだけかも・・・・・
もちろん、私もぴーちゃん大好きです。
ぴーちゃんのふわふわな毛、愛らしい瞳、甘え上手なしぐさ・・・・
会うたびにぴーちゃんをギュウっと抱きしめ、彼女のぬくもりを感じ癒されるのです。

あーなんて可愛いぴーちゃん!!

さぁ、月始めです。
ぴーちゃんに癒されパワー全開、頑張ります。



 
.