株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

回回回 セミナー 回回回 2012年2月25日

 2月19日日曜日に松戸市民劇場にておこなわれた「お金と暮らしのセミナー」、
忙しい合間をぬって、吉野と柴田はその日の10時にその場所にいました。

 このセミナーは松戸市に在住・在勤など、関わりのあるファイナンシャルプランナーが
集まり結成された「松戸生活やくだちたい」というグループ主催のものです。
 今回で、市の助成が最後になるとのことですが、次回からも資料代のみでなるべく
格安で、お金に関する啓蒙活動を続けたいという熱い想いをもっているそうです。

 以前はお金に関することを口にするのは、日本人の美徳に反するということで、あまり
よしとされませんでした。確かに、人前で、お金がどうこうと話すのは未だに気がひけます。
 しかし、本当はとても大切なことで、お金があってはじめてできることの方が圧倒的に
多いのも事実です。そして、クリアにしないといけない問題をうやむやにすることで、
逆に余計にお金がかかっている場合があるのも事実です。

 知識がある、ということは何にも勝る宝です。知らないことで、私達はたくさんの大切な
ことを見過ごしているのです。

 だからこそ、こういう中立の立場にたったプロのセミナーに行くことは意味のあることなのです。

 時間の都合上、一コマ目の「家計管理セミナー」のみ出席。
この一コマ目の講師は、もしかしたらみなさんご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
60分がアッという間でした。
家計簿から財務諸表へ。とても興味深い内容です。
興味のある方は、是非当社スタッフまで、または「松戸生活やくだちたい」のHPからお気軽に
ご連絡ください。
 
イチゴツアーでは「当社のかくれキャラ」と自己紹介していました。
さて、誰でしょう?


 

★N様ご子息誕生!!★

鎌ヶ谷市で建築されたN様ご夫妻様にご子息が生まれました。
N様ご家族様は5人家族になりました。
ご夫妻様、長女の叶愛ちゃん、次女の悠良ちゃんそして、ご主人様待望の男の子。

ますます賑やかになりそうです。


当時3歳だったとあちゃんは今は8歳。
遊び疲れると腕の中で寝ていたとあちゃん。
彼女はユニークで面倒見の良いお姉ちゃんとなりました。

お住まいが完成してから生まれたゆらちゃん。
「ゆらおねえちゃん。」と声をかけるとはにかんで嬉しそうに笑います。
 
二人ともきっと良いお姉ちゃんになることでしょう。


 

回回回 持つべきもの 回回回 2012年2月18日

何か困難や予期せぬ事態に遭遇した時にみなさんはどうしていますか。
例えば、自分でなんとかしようと様々な手法を試みたり、それでもだめなら
友達に頼ったりしますよね。

 しかし、女性の場合には、結婚と同時にお引越しされると、中々新しい状況の
中で、友人を作るのは難しいかもしれません。なぜなら、私自身が、結婚して
足立区に住み続けてついに今年で10年となりますが、友達がいないのです。
あえて、挙げろと言われれば、飲み屋のマスターかクリーニング屋の犬ココア
ちゃんだけです。
 それは、この10年、ほとんど外に出て働いていたからで、休みの日には家の
ことを色々やらなければならないからです。

 だから、近くに友達がいない、という人の気持ちはよく分かります。

 しかし、友達は作ろうと思えば、いくらでも作れるのです。ただ、その「一歩
踏み出す勇気」が中々でないだけなんです。大人になれば、その勇気が
どんどん加速度的に減っていくのを私もひしひしと感じる時があります。

 友達をつくる一番の近道は何だと思いますか。
実は「共通項」なのです。「生まれ月」「血液型」「趣味」「好きな本」「好きな俳優」
そして、「好きな人」。

 お住まいを建てる際に、当社を選んでくださったお施主様は、皆様一様に
当社の「スタッフが好き」とおっしゃってくださいます。そんな、共通項をお持ち
いただいたお施主様達を結びつける架け橋になれればと思っています。

 本題に戻りますと、私は困難に直面してどうにもならない時には、友達に
微に細に渡って「何に困っているのか」「何が解決すればいいのか」を知らせ
ます。そうすると、12時間以内には、素晴らしいレスポンスがあります。
 もちろん、吉野も柴田もその筆頭です。
 
 皆様も何か困ったことがある時には、是非ご相談ください。
アンテナは高く、広くしていた方が、ベストアンサーが見つかるはずです。
 

★初級ベビーマッサージセラピスト養成講座★ 2012年2月15日

初級ベビーマッサージ養成講座講習を受けてきました。
昨年の10月位に受講する予定でしたが、仕事の都合で5カ月過ぎてしまいました。
どうにか時間が取れ、晴れて受講することが出来ました。

本当はみーちゃんママと、私で受けることになっていたのですが、せっかくですので柴田も一緒することに。
講師は当社で建築されたT様奥様、美緒さんです。
久しぶりにT様のお子様みくちゃん、りくと君に会えることも楽しみの一つです。

テキストと、マッサージオイルが机の上に置かれています。
テキストと、マッサージオイルが机の上に置かれています。

さて、小さなお子さんがいるママ達が勉強しようとすると困るのが子供も一緒にという教室が少ないことです。ベビーマッサージの教室はお子さんを連れて受講できますし、ママ達も子育ての悩みを話せて、ストレス解消できることではないでしょうか?




もちろん受講するに当たってはみーちゃんも一緒です。T様のお子さんりっくんと仲良く?遊び始めました。
二人が仲良く遊んでくれている間に机上論から受講開始です。
ベビーマッサージの概念、歴史、ベビーマッサージの効果、赤ちゃんの肌、身体の特徴等の説明を受けました。


分かりやすく説明してくれます。
分かりやすく説明してくれます。

みんなで楽しい昼食タイム
みんなで楽しい昼食タイム

みくちゃんからのプレゼント
みくちゃんからのプレゼント

お昼にはりくと君のお姉ちゃん、みくちゃんも園から帰ってきてみんなで楽しい昼食を取りました。
みーちゃんはみくちゃんが帰ってきてからはみくちゃんにべったり。
みくちゃんの言うことを素直に「うん」と言って聞いています。
人見知りはどこへやら。
楽しそうなみくちゃん達。
午後からは実技講習です。
実技用のお人形『まちこちゃん』(みくちゃん命名)
ポポちゃん人形『みほんちゃん』(りくと君命名)を使用しての実技講習を行いました。


お人形を使って実技講習です。
お人形を使って実技講習です。

恐る恐る人形を触る柴田
恐る恐る人形を触る柴田

なんとか様になってきました
なんとか様になってきました

無事講習が終わり修了証書をいただきました。
さて、講習中ずっといい子で待っていてくれたみくちゃんたちとの約束を守るため、みんなで外へ。




縄跳び&かけっこです。
子供のパワー恐るべし・・・・疲れましたが楽しかったです。
久しぶりにみくちゃんと遊ぶことができましたし、人見知りの激しいりっくんがパズルを一緒にやろうときてくれたり、幸せな気持ちにもなりました。
みくちゃんもりくとくんもお腹にいるころから知っています。
気持ちは親戚のおじちゃん、おばちゃんといったところでしょうか。

最後にみくちゃんとスキー場に行き、大きな雪だるまを作る約束をしてお別れしました。
いつも、帰る時になると寂しくなるのか、バイバイをしてくれない彼女が笑顔でバイバイしてくれました。
彼女の成長を嬉しく思う反面、少し寂しい私でした。
美緒さん、本日はお世話になりました。

又次回、お会いできる日を楽しみにしています。

ベビーマッサージは赤ちゃんだけでなく、ママも癒される親子の癒しの時間です。
初めての赤ちゃんでどうしていいか分からないと悩んでいる方にもお薦めです。アットホームな雰囲気と彼女の人柄でも癒されます。

優しくて気さくな講師、美緒さんが開いている教室を知りたい方は是非こちらをクリックして下さい。
 

★MM様お打ち合わせ★ 2012年2月14日

柏市で建築中のMM様とお打ち合わせをさせて頂きました。
本日のお打ち合わせ内容はセキュリティと照明のプランニングです。
セキュリティ会社によって提案内容が違うため各会社の方にきて頂き説明して頂きました。



説明終了後は照明照度を確認して頂くため松戸市でハビタを建築されたお施主様宅へ伺いました。




驚いたことにお施主様のお子様、ミーちゃんは二度会っただけのMM様の車の色と一緒に行った場所まで覚えていました。二歳児の記憶侮れません。
照度も確認頂き本日の打合せ終了です。MM様お疲れ様でした。
それでは次回の打ち合わせもよろしくお願い致します。

美人で優しくて、料理上な美緒さん。一緒にいると元気になること間違いなしです。
そんな美緒さんが開いている教室を知りたい方はこちらをクリックして下さい。↓
 

★S様お打ち合わせ★ 2012年2月13日

建築をご検討されているS様ご夫妻様とお打ち合わせさせていただきました。
柴田は奥様から一足早いバレンタインのチョコレートを頂き大喜びです。

バレンタインチオビタ(栄養剤)も頂き、元気はつらつ!
S様ありがとうございます。
又長時間の打ち合わせお疲れ様でした。
次回お会いするまでにご要望頂いたサンプルをご用意させて頂きます。


パッケージが可愛いチオビタドリンク。
実はパッケージは奥様の手作りです。
ハッピーバレンタイン『日頃の感謝を込めて』とタイ語と日本語で書かれています。


 

★入居者宅案内★ 2012年2月13日

建築をお考えのS様ご家族様に土地案内土地案内入居者宅案内をさせて頂きました。今回案内させて頂いたのは松戸市で2世帯住宅を建築されたM様邸です。
M様邸は将来の事、機能性、快適性はもちろん、お互いのライフスタイルを考えて設計しました。
S様ご家族様はM様の住まいづくりについてのお話を熱心に聞いていらっしゃいました。





柴田月S様ご夫妻様、お母様とお話させて頂いている間、私はS様お子様、ハル君と一緒に遊ばせて頂きました。元気いっぱい笑顔の素敵なハル君。おばあちゃまに抱っこされながらニコニコしているムツ君。二人ともとても良い子でいてくれました。長い時間頑張ってくれてありがとう。
そしてM様、見学させてくださり、ありがとうございました。
又、手作りの栞、ありがとうございました。
当社の本の虫も大変喜んでいます。次回は一緒にお邪魔しますね。

M様の手作り。素敵ですね。
M様の手作り。素敵ですね。

大変細かい細工がしてあります。
大変細かい細工がしてあります。

 

回回回 主婦(主夫)業考察 回回回 2012年2月11日

 主婦の仕事って案外楽そうに見えて実は本当に大変です。
私の周りの女性たちは「専業主婦が大変だから子供を預けて働きたい」という人が
多くいます。
 それだけ主婦業に専念するって大変なことなんですね。
外に出て働けば、会社の人たちに認めてもらえるし、対価ももらえる。
でも、主婦業は旦那さんが認めてくれなければ、誰も何も評価してくれない。
ましてや、対価ももらえないのです。
 
 「家のことだけやっている」
 
 これは主婦に対してよく言われる言葉ですが、これな大いなる間違いです。
ご近所づきあい、八百屋さんやなじみの店との交渉、営業部長も顔負けの
能力を発揮しています。
 子供がいたらなおのこと、なにがしかの役職を引き受けたりしますよね。
これなんかは、営業部長をやりながら別に社内のイベントの企画運営をするに
等しい労力ですよ。
 そして、「やりくり」。
 営業部長兼経理部長なのです。
 チラシからものの底値を察知し、いかに家計がうまくいくか考えて行動されている
わけです。ご近所さんとのおすそわけなんかも、交渉力の成果の賜物です。
へそくりなんかできている奥様がいらしたら、ご主人は褒めてあげましょう。
少ない給料(多い方はごめんなさい)から、どうやったらへそくりができるのか。
これは、もう、天賦の才能としか言えないでしょう。
 そして、お子さんの教育。
 ファミレスで子供を連れてきて話し込んでいるお母さん方を怠惰とみるか、それとも
世間の荒波に子供を放り投げて鍛えているとみるかは、受け手の問題です。
 叱るべき時は、関係のない子も叱ってあげなければなりません。それを求めて
あえて人の多くいる場所に連れてきている可能性もあります。
 会社に行けば拘束時間は決まっているものの、主婦業は24時間働いています。
休みなんてありません。まさに主婦とは、在りし日の「ジャパニーズビジネスマン」
なのです。
 
 とはいえ、人間だもの、ではないですが、会社に窓際族がいるように、主婦でも
「ちょっとこの分野は苦手」というものもあるでしょう。
 みんなどうやっているのか気になるけど、聞けない。そんなデリケートな問題。
たとえば「家計管理」だったり、「相続」の問題だったり・・・。

 来週、2月19日に松戸市民劇場にて松戸生活やくだちたいのセミナーが開催されます。
セミナーは無料ですし、個別相談会(有料1000円)もおこなっています。

 苦手分野をなくして、カリスマスーパー主婦を目指しませんか。
当社ではそんな主婦(主夫)の方を応援しています。

 詳しくは、http://www7.plala.or.jp/MSYakudachitai/ または、「松戸生活やくだちたい」で
ご覧ください「。
 

回回回 必要な広さについて考える 回回回 2012年2月4日

 お住まいを考える上で欠かせないのが、住まいの広さ、いわゆる建蔽率とか容積率とか
言われるものです。建築基準法や、その土地柄や特性により規制を受けるものはありますが
基本的にはみなさんこうおっしゃると思います。

 「広いにこしたことはない」

 私も、そう思っていました。
 しかし、主婦目線で考えた時にその広い家を誰が掃除するのか、広い分必要なアイテムは
どう調達するのか、その広さを快適にするための光熱費はどう捻出するのか…。
 窓があれば窓の数だけカーテンやブラインドも必要になります。
 カーテンは部屋に入った時に一番大きな割合を占める空間なので、どこかのお笑い芸人の
ように段ボールで代用するわけにはいきませんよね。
 それだけではありません。ドアも部屋の数だけ必要になりますし、壁も壁紙も、照明用具も
必要になります。
 
 広さを考えるには、今お住まいのところを基準として、考えるのが一番だと思います。
意外と、北側の部屋が物置になっている場合には、実は部屋数は少なくてすむのではないか、
少ない分、一部屋の広さを大きくとって使い勝手よくしたほうがいいのではないか、
今、住んでいるところの収納で全く使用していない部分は、新築を建てるときにもその場所に
該当する箇所は使い勝手が悪いから使わないのではないか、など考えていけば数限りなく
アイデアが出るのです。

 コンパクトでかつ掃除が楽なお住まい。それでいて空間が広く見せられるようなお住まい。
これが理想系かもしれません。掃除が楽ということは、部屋にものをごちゃごちゃ置かなくて
住むということです。そのためには、使い勝手の良い収納を、必要な広さでつくるのが
ポイントです。
 
 今、お住まいの部屋で一番ごちゃごちゃ出ているものは何ですか?
ごちゃごちゃ出ているということは、出しっぱなしにしているか、よく使うかのどちらかです。
常に使いやすい収納スペースがごちゃごちゃの近くにあれば、その問題は解決するでしょう。

 捨てられないもの、それは何ですか?
箪笥の肥やしにせずに、リビングのディスプレイにしてみてはいかがでしょう。
自分流の素敵なリビングになるかもしれません。または、お手洗いの壁にディスプレイする、
とか…。ボタンを付ければ、また着られる洋服を大切に何年ももっている人は、おそらく一生
その服は着ることがないでしょう。
何年も着なくてすんだわけですから…。

 私の勝手な考えですが、収納さえきちんと考えれば、さほど広いお住まいを考える必要は
ないのではないかと思います。機能的な間取り、自分が生活している上で「これがあれば」と
いうものさえ用意できれば、問題ないかと思います。

 しかし、どうしても世の中には今の倍以上の広さが欲しいという方もいらっしゃいます。
そういう方は、是非当社にご相談ください。
土地探しからご一緒させていただきます。
本当にご自身にとって適正な広さを一緒に考えてみませんか。
 

回回回 T様テレビ出演!!! 回回回 2012年2月4日

「今日ベビマの取材を受けてまいりました~!!!」という
興奮冷めやらぬメールを、先月、三咲市のT様よりいただきました。

T様は、習志野市のきらっ子ルームとご自宅でベビーマッサージ教室を
主催していらっしゃいます。
とても人気のあるベビーマッサージ、私の住んでる地域でもベビーマッサージ
教室が開催されるとの告知がありましたが、告知後すぐに定員オーバーになり
ました。お子さんを持つお母様方にとっては、今一番ホットな教室です。

T様のご厚意により、お施主様対象のベビーマッサージ教室も開催したことも
ありましたが、T様の手作りのデザートもご馳走になり、大好評を博しました。

11チャンネル(JCN船橋習志野)ケーブルテレビで2/1~2/14まで夜10時より
毎日同じ内容が放映されるそうです。

単独インタビューも受けられたとか・・・楽しみでワクワクしますね。

当社では、お施主様同士の交流をはかっていただける場を数多く設けています。
それは、同年代であったり、同じ地域であったり、同じくらいのお子さんをお持ちの
ご家族だったりという共通点で、悩みを共有し、共に解決していける場もご提供
したい、という想いがあるからです。
そのため、おそらくこのブログをご覧いただいたお施主様は「え!!Tさんが!!!」と
楽しみにされておられるかと思います。

是非ご覧ください。
これはT様邸建築中の様子。
梁をご家族で塗装されました。これも素敵な思い出です。吹き抜け部分の梁は、仲良し家族の象徴。



2年前、当社のお施主様を対象におこなったベビーマッサージ教室の様子。
りっくん、もっくんも、みーちゃんも、みんな小さいですね…懐かしくもいい思い出ですね。

あっそうそう、今度、柴田、吉野はベビーマッサージの講習をT様から受けるそうです。
受講後の感想は後日私がアップさせていただきます。(^-^)




フェルトで作ったフルーツ&野菜
ミクちゃんのお気に入りです。
美味しそうなケーキ。
もちろんこれも手作りです。
優しくて美人なT様奥様。
ベビーマッサージの教え方も上手です。
 

★節分★ 2012年2月3日

季節(きせつ)の始まりの「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを節分(せつぶん)といいます。
むかしは立春が一年のはじめだったことから、春の節分は現在の大みそかという意味があり、とても大切な日でした。

平安時代に中国からつたわった「追儺(ついな)」という宮中行事が行われ、前の年の悪いことをはらい、福(ふく)を呼び込むために、豆を撒いていたとも言われています。
この追儺が、時が経つにつれて庶民(しょみん)にも広まり、鬼(おに)をおいはらうために豆を撒いたりする、現在の節分行事になったと言われています。
そして、月日が経ち、節分といえば春の節分だけをさすようになりました。

これが節分の由来です。
当社も毎年節分の豆まきを行います。
19時位に行おうかと思っていた矢先松戸市で建築されたみーちゃんママとみーちゃんがお買いものの帰りに事務所に寄ってくださいました。

せっかくですので一緒に恵方巻きを食べましょうということになり近くのお寿司屋さんに恵方巻きを買いに行き、豆まきをすることに。
みんなで北北西を向き、恵方巻きを頂きました。

食事を終えた後はみんなで豆まきを行いました。

みーちゃんは最初は恥ずかしかったのか「鬼はー外」、福は内」と言えなかったのですが撒き始めてしばらくすると「おにはしょと、ふくはうち」と小さな声で言い始めていました。
楽しくなってきたのか、自分の豆だけでは足らずにみんなの豆もあっという間に撒いてしまい、「もっとするー」と騒いでいました。

みーちゃんに豆を年の数だけ食べるとその時は病気にならずに長生きすると話すと、みーちゃんがとても可愛い行動を。
ママに向かって
「ママ、豆、ハイ、もっと食べなよ」と次々に豆をママに手渡していきます。
2歳児ながら色々理解しているのですね。

私の家でも小さい時、豆まきをしていました。季節の行事を行うことで季節の変わり目を覚えたり、季節の行事の際に母が話してくれる昔話しを聞くことで物語や本が大好きになりました。
節分ではめざしと柊を飾る理由と、鬼を追い払うのになぜ豆を投げるのかなどをお風呂に入りながら話してくれたのを今でも覚えています。

以前、母に小さい頃によく私に物語を話してくれたことを言ったらすっかり忘れていました。
祖母もいて、2人の子供の子育て真っ盛りの母ですから細かいことなど覚えていなくて当然と言われれば当然ですが・・・・・
しかし、子供の心にはしっかりと残るものなのだと自分自身が体験しました。

来年はお子さんの情操教育にも良い節分イベントを企画しようとしている吉野でした。

.