株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

★DIYの楽しみ方★  2011年5月30日

お住まいが完成してからご自分で手を加えて住み心地の良い家にしていく。
ご自分で手を加えることにより、よりお住まいに愛着がわくと私達は思うのです。

鎌ヶ谷で建築されたH様邸のウッドデッキと花壇が完成しました。
このウッドデッキと花壇はお施主様ご主人様と奥様のご友人のご主人様で完成させました。


通風を考えた眼隠しと、ウッドデッキにある花壇。
花壇には紫蘇、パセリ、イチゴ等も植えてあり奥様の料理をより引き立ててくれることでしょう。
この外水道も手作りです。
アウトドア好きのご夫婦にぴったりの大型シンク。実はこれ、セメントを混ぜる時につかう桶なのです。
建築中に外にもお湯が出るようにしたいということでお湯の配管もしてあります。
バーベキューをした後の後片付けもこれで楽ですね。


この素敵なウッドデッキを作られた奥様ご友人の主人様は休日でよければ他の現場も手伝ってくれるとおっしゃってくださいました。

実は松戸市でHABITAを建築されたN様邸のウッドデッキもお願いするつもりです。
価格を抑えることもでき、そして楽しみも増えるDIY。
ご興味ある方、お気軽にご連絡ください。


 

★お土産三昧★ 2011年5月30日

先週からお施主様や、業者の皆様がお土産を下さることが多く、事務所にいながら全国のおいしい物に舌鼓をしています。
写真(左)は松戸市のMI様が秩父へツーリングに行かれた時のお土産です。
サツマイモの餡が入っているロールケーキ。しっとりしていてとてもおいしかったです。
写真(左)は松戸市M様が岡山に出張に行かれた時のお土産です。
桃太郎で有名なきび団子。昔ながらの優しい味でした。





写真(左)は大工さんのお土産、宮城県牛タン煎餅と牛タン味噌。牛タン味噌はおにぎりの具にしたりパンに塗って食べるとこれまたおいしいです。
写真(右)は会計の先生からいただいた岩手県のお土産。石割桜というゴーフレットのお菓子と茎わかめです。この茎わかめハマります。
そして、松戸市のN様は北海道マルセイバターサンドと奥様が焼いたパンをくださいました。
N様のお宅へお邪魔した時に焼きたてのパンをおやつにだしてくださいました。
とてもおいしかったので又、食べたいですなんてお願いしたらなんと事務所に届けてくださいました。
N様、いつもありがとうございます。



 

★I様お打ち合わせ★ 2011年5月28日

本日、松戸市で建築予定のI様とお打ち合わせをさせていただきました。
先週、風邪をひき、まだ治りきっていないとのことで、愛娘りこちゃんは奥様ご実家でお留守番です。
りこちゃんよくなったら一緒にトトロを見ようね。
さて、本日は奥様のご希望を取り入れたプレゼンシートのご確認と資金計画についてお打ち合わせをさせていただきました。

注文建築の良い所はご自分の好みを随所に取り入れられることです。

ご要望を入れたプランをお見せしたところ、奥様から嬉しい一言が。
「アクリル階段手摺に変更してくれたのですか?えっ?パナソニック?もしかして美装樹(びそうじゅ)ですか?高くて無理だと思ってたけど、嬉しいです。そういえば今までの要望で泣く泣く諦めた物はないですね。凄い嬉しいです!!」とおっしゃってくださいました。


当社のモットーは出来ないと言う前に出来る方法を考えるです。
もちろん、安心・安全は大前提です。
お施主様の日々の生活に負担がかからぬようにしながら満足してくださるお住まいを一緒に作り上げることが私達の喜びなのです。

料理研究家の栗原はるみさんが「ご馳走様が聞きたくて」という料理本を出版していますが、私共は
「笑顔が見たくて」というところでしょうか。
笑顔が沢山見られるようスタッフ一同頑張ります。

『家族が集う家」I様邸は6月1日にご契約させて頂きます。
 

回回回 成長 回回回 2011年5月28日

吉野は人は自分の気の持ち方ひとつでいくつになっても成長できるといいます。
人の人としてのもてる能力や、善良さをただひたすらに信じているのだそうです。

今回は、当社の看板娘みーちゃんについて、です。
お施主様方のランチに行き、久々にN様のお嬢さん、別名いちご姫に
会いました。

どうやらおむずかりのようで、中々笑顔を見せてはくれません。
これも成長の証なのでしょうか。
以前は、ニコニコと笑顔を振りまいていたのに、今では人見知り
とのことで笑顔はおろか、顔さえみんなの方に向けようとしませんでした。

早めの食事をした柴田が、みーちゃんを外に連れ出し、遊んでいました。
みーちゃんママがゆっくりランチを堪能できるよう、柴田は美味しいご飯を
凄い勢いで味わい、みーちゃんと二人で近くの商業施設の集まるアパートの
雨宿りスペースで遊んでいました。

遠目に見ていると、年若いお父さんのようです。
柴田は独身ですから、子供に対する免疫はなかったのですが、ここ数年で
おむつ替え、長時間のだっこ、お遊び、ご機嫌を鎮めるなど、様々な難題を
クリアーしていきました。
工務の仕事のかたわら、ベビーシッターとしてのスキルを身につけています。
休日を利用した「プチ起業」をお薦めしたいところですが、残念ながら、お休みは
ないようです。

これから、お父さんになる男性、また、お父さんだけど子供をどうやってあやせば
いいのか分からないという男性の皆さん、是非、当社の柴田にご連絡ください。
きっと、ご満足いただける回答を用意していると思います。

みーちゃんと柴田は二人で通行人や走りゆくバスや車を観ながら、笑顔でした。
みーちゃんのご機嫌はなおったようです。
これぞ「柴田マジック」でしょうか。

お施主様方も皆さんみーちゃんのファンで、とてもかわいがってくださいます。
最後は、みーちゃんもみんなに可愛い笑顔でバイバイできました。
みーちゃんはどんな女性へと成長するのでしょうか。
そして、工務からベビーシッターのスキルまで習得した柴田は、これからどういう
方向へと成長していくのでしょうか。
さらに、私のウエストはどこまで成長するのでしょうか。

いろいろ楽しみなことが盛りだくさんですね。
これが人生の醍醐味で、その人生の醍醐味を封じ込め、反芻する場所が「住まい」
なのです。
だからこそ、人と住まいは成長するのだと思います。
 

★MI様ご契約★ 2011年5月28日

柏市にお住まいのMI様とご契約させていただきました。
MI様は鎌ヶ谷市で建築されたH様奥様のお父様、お母様です。
MI様ご契約ありがとうございます。
お嬢様ご夫妻と同じように「住ま居る住宅研究所に任せて良かった」と言われるようスタッフ一同頑張ります。

そしてお嬢様ご夫妻様同様末永いおつきあいの程宜しくお願い致します。


セキセイインコのたまちゃんです。
セキセイインコのたまちゃんです。



 

★お施主様のお父様が褒める家★ 2011年05月27日

現在松戸市高塚新田で建築中のM様邸ですが、なぜかお施主様のお父様とお会いすることが非常に多いのです。建て主であるM様ご夫妻様よりも現場見学に行ってる回数がダントツです。
お近くにお住まいでしたら毎日お会いしても当たり前ですが、お父様が住まわれているのは習志野台、仕事場所は埼玉県戸田市です。遅い時は夜11時に、早い時は朝8時位にお会いすることしばしば。

お会いするとお父様とお話させていただくのですが、実は一番楽しみにしているのはお父様のようです。

お父様のお住まいは昔ながらの山から切ってきた木を使用した在来工法です。
ですから南に生えていた木は南側の柱に使い、北側に生えていた木は北側に使うというなんとも贅沢なお住まいなのです。

そのようなお住まいづくりをされたお父様からお褒めの言葉を頂きました。
「色々変更してすいません。お手数おかけしています。とてもしっかり建てられていて安心します。出来上がるのが楽しみです」とのことでした。


ありがとうございます。M様お父様。
風と光がふんだんに入るもみの木の家、7月中旬に完成予定です。



 

★H様手すり取付工事★ 2011年05月24日

船橋市で建築されたT様奥様のご実家、H様邸の手すり取付工事を行いました。
取付場所は玄関、階段、1.2階トイレです。
 
H様邸は軽量鉄骨ですので大工さんと一緒に事前に現場調査に伺わせていただきました。
下地位置の確認、お使いになる方の身長、お体の状態等を伺いその後施工をさせていただきます。







1日がかりの工事したがなんとか無事終了です。
仕上がりはこちらです↓




最後はみんなで掃除をして終了です。
今回は軽量鉄骨で技術がいる施工でしたが、お姉さんズでも施工致します。
その場合は材料費のみです。
もし、手すりや棚を取り付けたい方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡下さい。


 

★目に入れても痛くない、良質なコンタクトレンズ★2011年05月23日

私の大事な良質のコンタクトレンズちゃんの一人である、N様お施主様のお子様とあちゃんがピアノの発表会に初めて参加しました。
その日伺うつもりで予定をしていましたが仕事の都合で会場にはいけず、夕方ご自宅にお邪魔させていただきました。
とあちゃんは来月で8歳。彼女とは3歳の頃からのお付き合いです。
インターホンを押すといち早く飛び出してきてくれた彼女。はにかみながら笑顔を向けてくれる彼女がとても可愛らしく、すぐにでも抱きしめたくなります。

3歳の頃の彼女はやんちゃでいつも動き回っていました。(多分今まで出会ったお子さんの中で一番の運動量と、やんちゃぶりかと・・・)
縄跳びやボール遊び、公園に行って滑り台やブランコ等、打ち合わせの最中は沢山遊びました。
疲れて眠たくなった彼女を抱っこして寝かしつけたこともしばしば。その可愛いらしい寝顔は今でもしっかり覚えています。
又、打ち合わせが終わり帰る頃になるとまだ遊びたいとよく泣いていた彼女。
そのやんちゃな彼女が可愛らしいワンピースを着て一人でピアノを弾いている映像がこちらです↓



ビデオを見せて頂き思わず涙腺が緩みそうに・・・・
あっという間の5年です。彼女はこれからどんどん成長していくのでしょうね。

帰り際、とあちゃんに両手を伸ばしておいでをしたらはにかみながら腕の中に来てくれました。
いつまで腕の中に飛び込んできてくれるでしょうか?

そしてお施主様から嬉しいお知らせを頂きました。
良質のコンタクトレンズちゃんが増えることに!
お施主様の奥様お二人がご懐妊されました。
お一人は8月に、そしてもうお一人は12月に出産予定です。
どうぞ、お体お大事になさってくださいね。

新しい命に会えるのをスタッフ一同楽しみにしています。
 

◆M様打ち合わせと電気スクーター試乗◆  2011年5月19日

如何ですか?かっこいいですよね。
柏市で建築を検討されているM様の愛車です。
M様はバイクを3台お持ちです。
その中の1台がこちらです。 スズキバンディット1200㏄→

いいですね。私もバイクに乗りたい!!
私の場合、免許の取得からですが・・・・・


吉野はM様のバイクに興味深々。
以前からバイクに乗りたいと騒いでいた吉野。
実はご近所にあるバイク屋さんの前を2年前からウロウロ。
仕事が忙しいのと10年のブランがあり中々踏み出せないでいた所にM様がバイクで登場。
バイクの話しを聞きたくて仕方がない様子でした。

打ち合わせ中もなぜかバイクや車の話しに脱線。
M様に謝りながら話しを戻すと又いつの間にかバイクの話しへ。
M様はメカについて非常にお詳しいので話しを聞くのが楽しいらしく・・・・
M様色々教えてくださってありがとうございました。

打ち合わせが終わってから、M様が電動スクーターに試乗してみませんかと誘ってくださり
3人でバイク屋さんへ行きました。
初めて電動スクーターに乗りました。
試乗の感想は、静か!楽しい!ラクラク!と言ったところでしょうか。
充電は100ボルトの電源でOKですし、軽くてコンパクト。
5~6時間の充電でエコモードで30キロ程走りますし、チョイ乗りには最適です。

只今真剣に購入検討中です。
 

★週末お打ち合わせ★ 2011年5月18日

先週末はお打ち合わせが多く、用意に追われる週となりました。
仕事が忙しければ忙しい程楽しくなる私。
周りの人に仕事中毒と言われようが、仕事が趣味と言われようがなんとでも言ってください。
好きな物は好きなのです。(*^_^*)

まずは土曜日は松戸市で建築を検討されているI様とお見積りと資金計画をさせていただきました。
I様とは前回パナソニックショールームと、YKKショールームへ見学に行き、プレゼンボードも出来上がってきていたのでそちらも確認していただきました。
I様の愛娘りこちゃんは打ち合わせの最中とてもお利口さんでいてくれます。
アンパンマンとポニョの好きなりこちゃんはDVDを喜んで見てくれていました。
画面にポニョが出てくると指をさして「ポニョ!」と教えてくれます。
りこちゃんの嬉しそうな顔を見ると私も思わずニッコリ。


りこちゃん、いつもお利口さんでいてくれてありがとうね。


子供なのでずっと座っていることはできないのでもちろん遊びまわります。
なぜか、ジョウロとカゴを両手に歩き回るりこちゃん。
ジョウロとカゴが気に入ったようです。
I様、5時間近い打ち合わせお疲れさまでした。

ご友人の多いI様ご夫妻のご要望は2階リビング。
お友達が沢山いらしても狭さを感じない勾配天井のリビングはとても居心地の良い空間になることでしょう。
I様、次回も宜しくお願い致します。


翌日、午前中は船橋で建築を検討されているS様ご夫妻様に敷地調査の結果とその敷地に合うプラン、資金計画についてお打ち合わせさせていただきました。
早期に土地の購入をされたいS様。
まずはその敷地のメリット、デメリットをきちんとご理解頂き、それから購入を決めて頂きたいと思い敷地調査報告書を提出させていただきました。

S様、お忙しい中、ご来店下さりありがとうございました。
ご希望に沿えるよう、頑張ります。
午後からは松戸市で建築中のM様と下地・コンセント位置についての最終確認と現場確認をさせていただきました。

M様のお子様もっくんも大好きな太鼓のおもちゃと機関車の乗り物で楽しそうに遊んでくれます。
以前は機関車に乗ってはすぐに降りていたのですがこの頃は後ろから押してくれて走らせてとせがみます。
成長しているのですね。





図面で確認していただいてからは現場に行き、実際の寸法の確認をします。コンセントの位置、下地の場所等も確認していただき、ご自分が使いやすい位置に本当にあるのかをもう一度検討していただきました。

M様のお住まいは随所にこだわりのある素敵なお住まいです。M様曰く、「まだ完成していませんが3度建てた満足感はあります」とのことでした。完成は7月中旬です。私達も完成が待ち遠しいです。(^^)
 

回回回 バイク野郎TOMOKO 回回回 2011年5月16日

「あ~あ。バイクでどこか行きたいなぁ」
連日のハードワークで、寝不足のため真っ赤に血走った眼で、吉野は言いました。


皆さん、吉野がどういう女性がご存知でしょうか。


もちろん、打合せでみなさんのご希望にそえるよう、控えめにかつ的確な
提案をさせていただいているのも、本物の吉野です。

裏表のないところが好きという、吉野ファンも多い筈です。

姉ご肌で、どちらかというと、女性に人気の吉野です。それも本物の吉野です。

子供と犬が大好きでたまらないというかわいい一面もあります。それも本物の
吉野です。

今日は、吉野の過去を少しだけ暴いてみたいと思います。
そしてそこに吉野の本性も隠されているのかもしれません

吉野は、何がきっかけかは知りませんが、10代でバイクの中型免許を取得、
21歳の時にはSRXを自分で購入し、両親の目を盗んで、一人でツーリング、
2か月近くさすらいの旅に出ていたそうです。
ご両親からすれば、度肝を抜かれるような出来事だったでしょう・・・。
女の子一人、しかも一番かわいさがMAXの時期に、バイクで一人旅だなんて
絶対許すわけはありません。
おそらく、親の承諾もなく、旅に出たのでしょう。
何でも、自分のことは自分で決める。その代わり、何か不測の事態が起こっても
自己責任。そういう覚悟がある吉野のポリシーは、あるいはこんな過去から
生まれたものなのかもしれません。

しかし、その後仕事が忙しくなったTOMOKOは、バイクに乗る機会もなくなり
泣く泣くバイクを手放します。

そして、今。2011年。TOMOKO再始動・・・。

しかし、まずバイクがないと話にならないのではないでしょうか。
きっと、思い立ったら吉日のTOMOKOは、今日の仕事が終わったら
(いつ終わるか分かりませんが・・・)さっそくバイクを購入しようと画策する筈です。

バイク好きで、本ブログをご覧の方。
こんなTOMOKOにバイクを紹介してあげてください。
老婆心ですが、できれば原付でもいいので・・・。電動自転車ならなおいいのですが。

ちなみに、TOMOKOはバイクだけにとどまらず、クラシックカーラリーなどに参戦していた
A級ライセンス保持者でもあります。

車好き、バイク好きの方、吉野とドライブやツーリングに行ってあげてください。
一人ではちょっと心配です。




防災ずきんをかぶり、震災に備えるTOMOKO。
「きれいに撮ってよね~」などとポーズを決めていたところを、
打ち合わせにご来社いただいたM様ご夫妻ともっちゃんに
発見され大慌てのTOMOKOでした。

回回回 耐震診断 回回回 2011年5月15日

お施主様ご夫婦を拝見していると、本当に素晴らしいなと思います。

お住まいを考えていく上で、衝突はつきものです。
そして互いの意見を言い合い、最終的にどちらかが譲ったり、
折衷案にしたりと、折り合いをつけていくものですよね。
そして、お住まいが完成した時の感動たるや、プライスレスです。
ご家族の意見という形に見えないものが、形となって、家族を守る
要塞となり目の前に現れるのですから・・・。
ご家族みなさんの意見や葛藤や譲歩や納得など、数か月から一年の
思い出が結集したお住まいは、分譲とは違い格別の趣がありますね。

お住まいに限らず、複数の人間で何かを成し遂げようとすると必ず
そこには衝突が生まれます。そして、喧嘩になりますよね。
物質と物質がぶつかったら摩擦し、摩擦係数に応じた熱エネルギーが
発生するのと同じ原理です。だから疲れるのも道理です。何せエネルギーを
消費するのですから。すべて、当たり前です。

逆に、喧嘩にならない方がおかしい。
何をいっても配偶者が従順な場合には、別の理由があると考えた方が
良さそうです。

さて私ごとですが、この前主人と散歩をしていました。
家を出る前に、喧嘩をしていたため、非常に不愉快な滑り出しとなりました。
散歩をしていると、私は色んな家を観察することに気をとられてしまいます。
そして、外壁がああだのこうだの、こっちのほうがいい、ああすればいいのに、
と頭の中で色んな事を考え始めます。

その日もそうでした。
しかも、一階がむき出しの駐車場で、四角形のそれぞれの頂点から柱が出ていて
鉄板を支えているのですが、その鉄板の上に家が乗っているという、
ユニークというか、住むのに勇気のいる家がありました。
なので、ここは「勇者の住む家」と名づけよう、などとばか丸出しの顔でボケーっと
妄想していたら、
「どうしたの?」と配偶者の声が聞こえて現実に戻されました。
かくして仲直りするわけです。
さらには、同じような柱4本で支えている家の4本のうち1本がくの字型に溶接した
いつ倒れてもおかしくない家がありました。
これはさらに勇者の上を行く「仙人の住む家」といったところでしょうか。

あえての鉄板なのか、あえての溶接なのか知る由もありません。
むしろ、知るのが怖いような気もします。

しかしながら、当事者にとっては生死をかけた問題となります。
東日本大震災の影響で、お住まいをお持ちになられている方は神経質になるのは
当たり前ですよね。
地盤は大丈夫なのか。
柱の強度は大丈夫だろうか。

そういう不安をお持ちの方、是非、耐震診断を受けてみてください。
当社では無料で耐震診断をおこなっております。
今回のような未曾有の震災を前に私達にできることをやっていきたいという
熱い気持ちを込めて、診断させていただいております。

自称勇者及び仙人さん、是非耐震診断を受けてくださいね。
ご連絡お待ちいたしております。

★敷地調査★   2011年5月10日

市川市にお住まいのS様から依頼いただき、敷地調査を行ってきました。
当社では土地をお探しのお客様に敷地調査をさせていただいております。
気になった土地が見つかった場合、必ずその土地を見に行き、下記の事を調査します。
1.ライフラインが引き込まれているか
2.お施主様のご希望する間取りの建てられるか
3.その他の諸費用がいくらかかかるか(資金計画内おさまるか?)
4.お施主様ご家族様のライフスタイルにあった地域か
この4点は必須です。








調査した土地は擁壁があり、土地内に段差もあります。 市役所や、業者に確認しながら費用がかからずにご希望の建物が建てられるようよりいい方法を考えお客様にお話しさせていただきます。
今回はご近所の方々が非常に良い方で色々お話して下さいました。

土地を検討されている方、資金計画以外に費用がかからないよう、敷地調査をされることをお薦めします。
 

回回回 トレンディドラマ 回回回 2011年5月7日

今日、吉野が何を思ったか、突然
「ねぇねぇ、あの織田裕二が出てたドラマの最終回ってどうなったんだっけ?」と言ってきました。



知りません。
そして、おそらく聞いてる吉野もそのドラマを観ていない筈です。
ただ、最近、織田氏が出ていたドラマがあった事実だけは知っているというだけの話だと思います。

みなさんは、最近ドラマをご覧になっていらっしゃるでしょうか?
ドラマの出演者を見て、観ようと思う人もいれば
原作者を見て、観ようと思う人もいます。
さらには、人によっては観る観点が違うんですね。
出演者が身につけている服やアクセサリーを見たいから、とか
ドラマで出てくる家、部屋、インテリアを見たいから、とか。

確かにトレンディドラマはその時代を反映した人や物が溢れているのかもしれません。

私は、最近衛星放送でやっていた昔の映画を観ました。
京マチ子主演の「地獄門」という映画です。
昭和28年制作・公開の日本映画です。原作は菊池寛。
カンヌ国際映画祭でもグランプリを受賞した作品です。
内容は、平安時代の横恋慕の話なのですが、デジタルリマスターされた作品の色彩の
美しさは古式ゆかしい日本の「色」に対するこだわりをものの見事に再現されていました。

平安時代の寝殿造りも一見の価値がありました。太い柱、畳と御簾、几帳の色彩の
コントラストと若き日の京マチ子の艶やかな姿に、平安時代にタイムスリップしたような
気持ちになります。

さて、私達の根底に流れ続ける日本人の美学とトレンディドラマが合体したら、どんな
感じか観てみたいと思いませんか。
とくとご覧あそばしませ。



ドン!!!



そこのあなた、笑わないでくださいね。笑ってはいけません。
今をときめくWiiを楽しむ男女たち。
そして、日本人のDNAを刺激してやまない和モダンのHABITAのリビング。
奥には、キッチンの背面収納。照明はベースライト。
この後、どういう展開があろうともドラマになるのです。しかもトレンディな。
ウププ。

おふざけはこれくらいにして、と。

今日は、HABITAに興味があるというS様ご夫妻にご来社いただき、まさに
このトレンディドラマの舞台、Y様邸をご見学されました。
上記の写真は、Y様が事故に遭われるだいぶ前のものです。
Y様の足も日に日に快方に向かっています。
また、この写真のようにWiiを笑顔で楽しむY様が見られる日も近いですね。
その日が来るのを、スタッフ一同楽しみにしています。

Y様、本日はお忙しい中、入居者宅ご案内にご協力いただきましてありがとう
ございました。
S様、Y様邸はいかがでしたでしょうか。
開放感のあるリビングのくつろぎスペースや趣味部屋など、大人の遊び心満載の
Y様邸、実はスタッフも居心地がよくてよくお邪魔しているのです。
トレンディドラマの舞台でもあり、私達のパワースポットなのかもしれません。
また、是非ご来場ください。
お待ちいたしております。

そして、冒頭の織田裕二主演のドラマの最終回についてご存知の方は、吉野に
教えてあげてください。
 

回回回 時間が待ってくれる家 回回回 2011年5月3日

「時間は待ってくれないよ!」

小さい頃に親からこういうことを言われた人は多いのではないでしょうか。
私も、今朝の今朝まではすっかり記憶の彼方にあった言葉です。
今朝、駅までの道を歩いていると、お母さんが小さい男の子にこの言葉を
叫んでいました。

時間が待ってくれない・・・懐かしい言葉だなと思いながら、なぜ親は子供に
この言葉を使うのだろうと考えてみました。
小さい頃に、この言葉を聞いても、全く実感をもって理解できませんでした。

「お母さん、そう言われても、意味が分からないよ。そもそも時間は待つとか
待たないとか、そういうのではないでしょう。言うだけ無駄だと思うよ。」と、
幼い頃の私は言いたかったのです。
だって、言う方も疲れるだろうし、疲れる割には言いたいことが伝わらない言葉だと
思うからです。

むしろ、「早くしなさい」などと簡潔に言ってもらうのが一番伝わるのです。

へ理屈はこれくらいにして、「時間が待ってくれる家」。
ノスタルジックな、ボンボン時計が似合う家。
お茶を飲みながら10年前、20年前にタイムスリップできる木の香り漂う家。
今日、ご来社いただいたお客様は、そういう「時間が待ってくれる家」に
大変興味を持たれています。

今の時代、時間は作りだすものとか、細切れの時間を無駄にしないとか
そういうハウツー本が出回っていますが、時間が待ってくれるような感覚。
時間が緩やかに流れ、時の流れさえもいとおしく感じる感覚。

多分、それがHABITAの住まいを端的にあらわす言葉かもしれません。

.