株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 

回回回 今、心配なこと 回回回 2011年3月31日

今回の東北関東大震災、まだまだ行方の分からない方が多数いらっしゃいます。
新聞で、大きな被害に遭われた方の記事を読んでいると、涙が出ます。

そして、もうひとつ。忘れてはいけないのが、動物達のこと。
私の知人の親戚が、間一髪津波の被害から逃れたのですが、着の身着のままで
犬とウサギも車に乗せていたそうです。
大丈夫だろうと車を降り、目を離した瞬間に、車は濁流に飲み込まれたそうです。
その犬とウサギは、その後助かったのでしょうか。助かっていることを願いたいです。

今回の大地震や津波などは、動物にとっては何が起こったか全く分からない状況です。
ましてや、放射能などはもってのほかですよね。

震災の際に、綱に繋がれたままの犬や置いて行かれた動物達のことを考えると
やるせない気持ちになります。

しかし、ブログでそういう動物達を救いたいと動いている方もいらっしゃいます。
http://ameblo.jp/reina-x-japan/page-2.html#main
本当に頭の下がる思いです。

そして、『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』というのを
ご存知でしょうか。4月末締め切りで、署名を受け付けています。
http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

是非、ご覧いただき、ご賛同いただきましたら、署名を郵送でお送りいただければと
思います。

私は動物を「飼っている」という言葉はあまり好きではありません。
むしろ、動物に一緒に暮らしてもらっている、といった方が私にはピンときます。
かけがいのない存在である動物たちを一匹でも多く救えたらというのが、
今の私の願いです。

★A様ご契約  2011年03月27日

松戸市にお住まいのA様から増築と外壁塗り替えをご依頼頂きました。
数ある建築会社から当社をお選びいただきまして誠にありがとうございます。
A様ご家族様が笑顔で過ごせる住まいづくりをさせていただきます。

今後とも末永いお付き合いの程よろしくお願い致します。m(__)m





 

★I様土地契約 2011年3月26日

建築を検討されているI様の土地の契約に立ち会いました。

ほとんどの方が土地や、建物は一生に一度の買い物です。
契約ごとに慣れていない方は読み合わせの内容も理解できず契約書に印鑑を押し後からトラブルになる可能性もあります。そのようなことがない様に事前に私共も契約書、重要事項説明書をコピーさせていただき、チェックをさせていただいています。そして、ご要望があれは一緒に同席させていただいております。
今回I様から同席のご要望があり同席させていただきました。
契約書と重要事項説明書の読み合わせで1時間から2時間ほどかかります。
きちんと説明を聞いていただきたいのでI様のお子様りこちゃんは吉野が預かりました。

さて、ご両親から離れてりこちゃんはどのように過ごしていたかと言うと…

最初は「ママ・ママ」と言っていましたがその後はおもちゃに夢中です。

りこちゃんが一番気にいったおもちゃはおままごとセット。
やっぱり女の子ですね。




I様ご夫妻が思わず、
「他人には見せない笑顔を向けてる!」
「歯が見える笑顔だ」とびっくりする程楽しんでいたりこちゃん。

パパとママがいなくても笑顔で過ごしてくれました。
又、遊ぼうね。
そして、I様ご夫妻様お疲れさまでした。

次回の打ち合わせプランニング楽しみにしていますね。


 

★子連れ?T様2年点検 2011年3月25日

先日船橋市で建築されたT様邸の2年点検に伺いました。
壁付け物干しを増設したいとのことでお姉さんズに依頼がきましたが、お姉さんズ1号の都合が合わず、今回は柴田が取付を行いました。
点検ついでにサイディングと、タイル部分の清掃をおこなう約束をしていたので高圧洗浄を預かっていただいていた松戸市のN様邸へ取りに伺うと奥様が体調を崩されていたので慌てて病院へ。
大事をとってN様のお子様みーちゃんを預かることになりました。
T様にみーちゃんを連れて行っても良いか確認したところ、快く承諾してくださいました。

当社のお施主様は皆さん仲が良いので、困った時はお互い様といつも助け合ってくださいます。
本当にありがたいことです。

T様のお宅に向かう車の中でみーちゃんに
「今からりっくんとおねえちゃんのお家に行くからね。一緒に遊ぼうね。」というと
「くっくん、ねーしゃん」と繰り返していました。

いつもは人見知りをするみーちゃんですが全くしません
いつもは人見知りをするみーちゃんですが全くしません



みーちゃんはみくちゃんが大好き。人見知りの激しいみーちゃんですが、みくちゃんの後をついて回っていました。

みくちゃんがみーちゃんの遊び相手になってくれました。
みくちゃんがみーちゃんの遊び相手になってくれました。




お昼の用意までしてくださったT様奥様。お昼の時間が過ぎてしまっても食べずに待っていてくださいました。以前もご馳走になりましたT様奥様の作る料理は絶品です。(^^)



こちらは食べられませんが、本物のようにおいしそうなフェルトで作ったチョコレートケーキと野菜です。
ケーキの大好きなみーちゃん、思わずフェルトをパク。確かにおいしそうですよね。






お腹も一杯になった所で柴田は物干し付け、私は2年点検へ取りかかりました。




物干し取付、2年点検も終わり帰る時間になりました。
りっくんとみーちゃんも仲良しになり、二人とも名残惜しそうです。

みくちゃん、りっくんみーちゃんと遊んでくれてありがとう。
おかげでママと離れていてもみーちゃんは楽しく過ごすことが出来ました。

帰り際手を握り合うりっくんとみーちゃん。微笑ましいですね。
帰り際手を握り合うりっくんとみーちゃん。微笑ましいですね。

 

★篠さん無事に帰ってきました!! 2011年3月25日

3月17日に岩手県山田町に戻っていた篠澤大工が帰ってきました。
行きは3日がかりで帰り、(ガソリンの給油は出来ないし、高速道路は使えないしでかなり大変な帰省だったようです。それでも何とか辿り着き、昨日無事に戻ってきました。
皆様、ご心配をお掛けしました。m(__)m

見なれた景色はどこにもなく、言葉を失ったと言っていました。
篠さんの実家は幸いにして被害が少なく、お母様もご無事でお元気だそうです。
(犠牲者リストに載っていたことはお母さんはご存じないようです)
一緒に戻ってくるかと思ったのですが、やはり、住みなれた土地が良いそうで離れたくないとのことでした。週末には妹さんが戻ってくるそうでひとまず安心だそうです。

17日に出発する際、用意できるだけの食品や日用品等を篠澤大工に渡し、もし必要な人がいたら渡してもらえるように赤ちゃん用の粉ミルクと、チョコレート等のお菓子を一緒に持っていってもらいました。
購入規制がかかっていたのであまり多くの用意はできなかったのですが、山田町役場の方に渡してくださったそうです。これからも私達にできる事ちょっとでも行って行きたいと思います。

そして、篠さんお疲れさまでした。
無事に帰ってきてくれて本当に良かった。\(^o^)/

 

★あっという間の3週間 その2 2011年3月24日

3月9日
松戸市で建築中のM様ご主人様と事務所にて19時から打合せ。
契約後の変更箇所の再確認を行いました。
M様邸はお施主様こだわり箇所が満載です。
完成現場見学会が楽しみです。
3月10日
松戸市で建築されたN様奥様とみーちゃん、そして松戸市で建築中のM様奥様ともっくんが事務所に遊びに来てくれました。

当社のお施主様はほとんどの方がお施主様感謝ツアーに参加してくださいます。
その際に皆さん仲良くなられてお声をかけると事務所に遊びに来てくださいます。
当社を通じてお施主様の和が広がっていくことは私達にとってとても嬉しいことです。
もっくんとみーちゃんは同い年でこれからご近所さんになります。
二人とも仲良くしてね。





3月12
土地を探されている松戸市のI様と打合せ。
汽車ぽっぽが気に入ったりこちゃん。
打合せの最中もいい子で遊んでくれてました。
ありがとう、りこちゃん。


3月13日
現場見学会に来てくださったN様を入居者宅案内させていただきました。

災害直後ですが、入居者宅案内をさせてくださった松戸市のN様、江戸川区のS様、市川市のY様、快く見学させてくださいまして本当にありがとうございました。





テキスト
 

★あっという間の3週間  その1  2011年3月22日

3月に入ってあっという間に3週間が経ってしまいました。
3月初旬もバタバタと忙しく中々アップできなかったので、3月初旬からブログアップしてみました。
3月3日
松戸市で建築されたN様のお引っ越しのお手伝いに。
途中で奥様が具合が悪くなりみーちゃんを預かることに。
ママ大好きのみーちゃん。初めての長い時間ママと離れることになり、私達も泣かれるのではと心配しましたが、終始ご機嫌。
帰宅すると奥様の体調は回復されていなかったのでみーちゃんとご主人様は借り住まいで休んでいただくことに。私と柴田で奥様の看病をする事になり、気がとがめましたが奥様より先にキッチンを使わせていただくことに。
おかゆなら食べられると言うとで土鍋でおかゆを作り(味に自信はありませんが・・・)召し上がっていただきました。
きっと自分の体よりみーちゃんのことを心配されていたN様奥様。みーちゃんはとてもいい子でしたよ。





3月4日
N様の銀行決済の日でした。
奥様は体調が戻られていないのでご主人様とみーちゃん、柴田、吉野で銀行へ行ってきました。

この日も終始ご機嫌のみーちゃん。でも突然思い出したかのように「ママ、ママ」と言っていました。
やっぱりママが一番ですね。





3月5日
N様から電話があり上のお嬢さんの都合がついたので手形をみんなで取りたいと連絡があり急遽手形取りの準備をし、N様のお宅へ。

枠は柴田のお手製です。(^.^)
一番楽しそうだった上のお嬢さん、ひーちゃん。
彼女はとても素直で優しいお嬢さんです。楽しい思い出になったでしょうか?





3月6日 
増築を検討されているA様とYKKショールームへ行ってきました。
YKKショールームでいつも担当してくださる木曾川さん。
毎回サッシの大きさを確認する場所で柴田といいコンビプレーを見せてくれます。(^^)
彼女はとても気配りのできる素敵な女性です。

ショールームの後は松戸市高塚新田で建築されたk様宅へカーテンレールの取り付けへ。
お姉さんズに依頼がきましたが、私はK様邸の斜め後ろで建築されたN様のお宅へ残工事の確認へ伺い、取付は柴田が行いました。
その後、2家族のお施主様と一緒にご近所にご挨拶に伺いました。
ご近所の皆様今後も宜しくお願い致しますm(__)m





3月7日
松戸市で建築されたM様邸2年点検へ行ってきました。
お電話ではお話させていただいていましたが、中々お会いできず約8カ月ぶりにお会いすることが出来ました。
ずっとM様にお会いしたかったので久しぶりにお会いできてとても嬉しかったです。

M様にお住まいの住み心地について伺うととても住みやすいとお褒めの言葉を頂き、感激です。

ついでに普段手の届かないフィルターの清掃もさせていただきました。
M様、手の回らないことございましたらお気軽にご連絡ください。すぐに伺います(^^)


建具の調整 直せる所はその場で直します。
建具の調整 直せる所はその場で直します。

クロスの隙をコーキング
クロスの隙をコーキング

フィルター清掃中
フィルター清掃中

点検後、M様がお茶の用意をしてくださり、みんなで頂きました。
そしてお土産にM様お手製の押し花の栞をいただきました。

素敵ですよね。(^^)

多趣味なM様は押し花だけでなく下記の写真のようなこともされています。
M様、今度ゆっくり教えてください。





3月8日
市川市で建築されたY様の退院日。
そうです、交通事故に遭われたのはY様だったのです。
そしてこの日はY様の誕生日でもあります。
退院のお迎えと、退院祝いと誕生日を一緒に行いました。

入院1日目で家に帰りたいと言っていたY様。シャバの空気はいかがでしたでしょうか?
翌日、久しぶりにおいしい物を食べてぐっすり眠れたと嬉しそうに話Y様
やっぱり木の香りのする我が家が一番なのですね。





 

篠沢玉子さん生存されていました! 2011年3月18日

当社の職人さんのお母様見つかりました。
ご心配をしてくださった皆様本当にありがとうございます。
先程、ご連絡させて頂いたお施主様の中には涙声で喜んでくださった方もいらっしゃいます。
本当にありがとうございました。

篠沢大工も皆様の優しさにとても感謝しておりました。
そして、ご心配くださった皆様、本当にありがとうございました。
こちらに戻り次第又ご挨拶させていただきますと連絡がありました。

災害で被害に遭われた方のご家族様、お知り合いの方達のお気持ちを考えるととても心が痛みますが
安否確認が出来ない方も大勢いらっしゃいますので参考になればと思い、災害発生時から安否確認が取れるまでの経路を記載させていただきます。

 篠沢玉子さんは3月14日の犠牲者リストに記載され、その後15日には削除されていました。
どのような理由で消されたのかも分らなかったので当社スタッフが岩手日報に問い合わせ、その後配信元である共同通信にデータの発信先と、削除された理由を確認しました。
データの発信先は警察と山田町役場で安否確認が出来ていないので削除したとのことでした。
しかし、その後17日の読売ニュース他で犠牲者リストに記載され、絶望的になりましたが、年齢の記載もないし、14日の犠牲者リストに記載されていた方も再度記載されていたので、まだ望みはあると思い、岩手に向かった篠沢大工の連絡を待っていた所、親戚の方から連絡が入り自宅に戻っているとのことでした。

今回、犠牲者リストに載っていながら、希望を捨てずにいられたのはミクシーやツイッター等のインターネットによる情報収集です。そして、ユーチューブの画像に玉子さんらしき人が映っていたことです。

安否確認が出来ていない方のご家族様、ご親族様そしてご友人の方々、犠牲者リストに記載されても
生存されている方もいらっしゃいます。どうか、最後まで望みを捨てずにがんばりましょう。

そして、今回の震災で被害に遭われた方のご冥福を心からお祈りいたします。

今後も私達に出来ることをコツコツと行って行きたいと思います。
日本人の謙虚さ、強さ、団結力があればきっと再生できると私達は信じています。



 

★皆様ありがとうございます。 2011年3月17日

篠沢玉子さんの安否情報をブログで見て沢山のお施主様からお電話いただいたり、又、インターネットを使い呼びかけてくださいましたこと、本当に感謝しています。

皆様の優しさ、お心遣いに感謝しております。本当にありがとうございます。

★助け合い  2011年3月16日

東北地方は未だに強い余震があり、救援物質も中々届かず不安な日々を過ごしていらっしゃいます。
何かを手助けをしたい気持ちというは強いですが、東北地方ではまだ県外のボランティアは受け入れていません。
私達の住む首都圏でも余震があり不安な日々を過ごされている方がほとんどだと思います。
特に小さなお子さんを連れたお母様、一人で住んでいらっしゃるお年寄りの方。もし不安でしたら事務所にお越しください。当社のお施主様も一人でいるより安心ということでお越し頂いている方もいらっしゃいます。それにみんなでいる方が暖かいですし、節電にもなりますので。(^.^)

自分のできることからコツコツと。そして、みんなで助け合って行きましょう。

それと皆様にお願いがあります。当社の職人さんのお母様が岩手県山田町にて安否確認が出来ていません。篠沢玉子さん70代の方です。当社でもインターネットや安否確認電話等を使って出来る限り調べています。昨日ユーチューブにてお母さんらしき人を見つけたのですが、その避難場所に名前が載っておらず安否確認ができていません。どんなに小さなことでも良いので情報入りましたら是非ご連絡ください。 又、避難場所である船越保育園、タブの木荘の避難者名簿確認情報等も情報が入りましたらご連絡いただければと思います。皆様のご協力の程宜しくお願い致します。

★建築の仕事に携わるということ  2011年3月13日

ようやく東日本地震後、ほっと一息をつくことが出来ました。
地震が起きた時柴田と私は高塚新田のN様邸で作業を行う予定で準備をしていました。
地震が起こった時、思わずN様のお子様、みーちゃんを抱きかかえ外へ飛びだしていました。

外で様子を見ているとN様の斜め前で建築されたK様もご自宅にいらっしゃったので奥様とげん君を迎えに保育園に行き、その後は現場確認、お施主様方に連絡をし、安否確認をとることに必死になり、柴田も私も自分の家族の確認が一番最後になってしまいました。

なんとも親不幸な子供だろうと自分でも思っています。
そして、建築に携わった以上仕方がないことだと思ってくれる母にはいつも感謝しています。

暫く忙しい日々が続きそうです。落ち着いたら必ず旅行に行こうね。母上。
 

回回回 退院 回回回 2011年3月5日

 実は、当社で建築されたY様、交通事故に合われ、足を骨折、手術を受けました。
術後の経過もよく、来週の火曜日に退院することになりました。
 
 Y様は大変温和な、それでいて芯のある素敵なお施主様です。
 今回の事故でも、大変な思いをされたかと思いますが、それを表に出さず、
せっかくの機会だからと、病院食のみでダイエットに励んでみたり、とにかく
前向きでいらっしゃいます。
 
 事故が起きる二日前に、実は当社スタッフ全員でY様邸に用事があり伺ったのですが
居心地のいいお住まいとY様の「お茶でも飲んでいきなよ」というお言葉に甘え、
かなり、みなでくつろがせていただいたばかりだったので、ショックでした。
 
 人生、何が起こるか全く予測がつきません。
 この、今の状態が永遠に続くと思いがちです。
 常に何かに備えることはできませんが、自分のできる範囲でリスクを軽減する方法を
とるか、または災難に遭遇してしまったときにも、それをプラスに変えるY様のような力が
欲しいな、とつくづく思いました。
 
 退院まであと3日。
 待ち遠しいですね。
 
 またY様の明るい笑顔がみられるのをスタッフ一同心待ちにしています。
 
 

★祝!!1歳   2011年3月2日

本日松戸市で建築中のM様のお子様もっくんは1歳になりました。

おめでとう!!もっくん!!
もっくんとはね、お母さんのお腹にいる時からのお付き合いなのよ。
もっくんが予定日を過ぎても生まれなかったので去年の今頃、スタッフは顔をつきあわせる度に
「M様の赤ちゃん生まれたかなぁ」でした。(^.^)

パパとママの愛情を沢山うけて育った男の子はこんなにも元気で可愛らしい子になりました。

どうぞ、素敵な1年であります様に・・・・・ 
                     スタッフ一同


.