株式会社 住ま居る住宅研究所

笑顔の絶えない家づくり

 
 

★美味しい差し入れ 【吉野】★ 2010年03月29日(月)

先日の27日、市川市堀之内にお住まいのMさまご主人様からメールをいただき、今晩、みんなで食事に行こうと誘っていただきましたが、仕事が立て込んでいたので次の機会にしていただきました。

事務所で仕事をしていると、22時位にM様から電話が。

「まだ仕事してるんでしょ。どうせ、夜飯食ってないでしょ?今さぁ、カレー食べにいつも行く店行ったらやってなくて、車で走っていたらカレー屋見つけてそこで食べてるんだ。結構いけるから一時間位待ってて。持って行くから。」

えっーどこのカレー屋にいるんだろう?と思いつつ、待つこと一時間。


話を聞くといつも行く東京の浜松町のカレー屋さんがやっておらず、神田で見つけたカレー屋さんに行ってきたとのこと。
相変わらずアクティブなご夫婦です。

お腹の空いていた柴田と私は感激!!
ペロリと完食しました。

M様、奥様、お気遣いありがとうございます。

そしてぴーちゃんを連れてきてくれてありがとうございます。
ぴーちゃんと会えると心が和みます。
おかげ様で、仕事も捗りました。

来月は柴又のお蕎麦屋さんに行きましょうね。


 

■ 入居者宅案内 【柴田】■ 2010年03月27日(土) 

先日、松戸市で建築を検討されている、K様と、N様ご家族と一緒にお施主様のお宅へ伺いました。

私達が説明するより、実際に建ててくださった方の経験談を聞かれた方が参考になりますので、
必ず入居者のお宅へご案内させていただきます。

今回は、子育て世代の奥様のいらっしゃる、N様とT様のお宅へお邪魔しました。
急にお邪魔しても、いつも笑顔で迎えてくださるN様と、T様本当にありがとうございます。

まずはN様のお宅へ。
N様はご主人様、奥様、6歳と、2歳の女の子の4人家族です。


とあちゃんと、ゆうらちゃんがお出迎えしてくれました。

とあちゃんは今年の4月に小学校へ入学。
この机と本棚は今日ご主人様が組み立て終わったばかりです。
ようやく、子供部屋の出番ですね。


N様は28歳で家を建てられました。今年で3年目のお住まいです。
ご自分たちのライフスタイルに合わせ、色々な部分でこだわった住まい。
何通りものシーンがつくれるコーブ照明、
ちょっとだけ横になれるスペースをと作った畳スペース。
光が沢山入る吹き抜け。
ホテルの洗面台のようなガラスの洗面台
クローゼットイン洗濯機。
お気に入りの写真が飾れるようにと玄関には横長のニッチを設置等々・・・・・


こだわりは沢山ありますが私個人としてはN様奥様が選ばれた、ターコイズブルーの浴槽と赤のキッチンがとても気に入っています。家の雰囲気にとてもマッチしていてとても素敵なのです。
そして、奥様の明るく、元気な奥様にとても合っているのです。

N様、お忙しい時にお邪魔して申し訳ありませんでした。
とあちゃん、今度はゆっくり遊びにきますのでその時は吉野と思う存分遊んでね。

次にお邪魔したのはT様のお宅です。T様は29歳で家を建てられました。
T様はご主人様、奥様、お母様、2歳の女の子と0歳の男の子の5人家族です。

T様のお宅のこだわりは
大空間の開放的な吹き抜けがありつつエコな家。
ご自分で塗ったあらわしの梁。
シーン別で色々な表情のできる照明。
コミュニケーションのとれるリビングイン階段。
日当たり良好、南向きの3枚掃き出し窓。
寝室からでもリビングの様子がうかがえるように設置した室内窓等々・・・・

お部屋を見せていただいた後、奥様がお茶を入れてくださり、ご主人様がお住まいづくりの経験を話してくださいました。


その間お子様たちはというと・・・・

T様奥様が作ったフェルトのケーキや野菜、果物に興味深々のみーちゃん。
珍しくママの膝から離れて熱心に遊んでいました。


なんと、0歳児集合。左からりくとくん、みーちゃん、げんきくん。3人とも同級生です。
これも何かの縁ですね。成長が楽しみです。

最後にT様ご主人様が話してくださったことがとても心に残りました。
それは・・・
「家は出来上がったから終わりじゃなくて、それから又付き合いがはじまるんですよ。
完成までは誰でも来てくれると思いますけど、完成してからも何かあればこの二人はすぐに来てくれる。
だから安心して任せられますよ。」

T様、ありがとうございます。その言葉を励みにこれからもがんばります。


 

回回回住ま居る住宅研究所回回回【坂本】 2010年03月26日(金)

完成現場見学会にご来場いただきましたことをきっかけに
本ホームページをご覧くださるというお客様も多くいらっしゃいます。

そこで今回、松戸営業所の精鋭をご紹介したいと思います。
もう、すでにご存じの方は、新たな発見があるかもしれません。
是非ご一読いただければ幸いです。

当社で工務を担当している柴田。
彼は、ご両親から多くの愛情を独り占めにしてきた一人っ子。
にも関わらず、甘えというものを微塵も感じられません。
陸上部で肉体的にも精神的にも鍛えられている若きホープです。
お客様との打ち合わせから工事現場の管理、お住まいを建てた後の
ご相談、定期点検すべてをこなします。
もちろん、一人ですべてのことをやるには24時間なんてとても足りない。
そういう時は、睡眠時間を削ってでも、仕事に打ち込みます。
自分に厳しく、他人には優しい。
その証拠にいつも絶やさぬ柴田の笑顔をご覧ください。
柴田をご存知の方なら、きっとここでご納得いただけると思います。
今は忙しくてプライベートで遊ぶこともかなわない状態ですが、
スポーツ万能のアスリートです。

そして、吉野。
すべての業務を把握し、網羅し、改善しています。
お琴の準師範であり、料理上手な、たおやかな一面を持つ彼女ですが、
ジブリの主人公のような素直でまっすぐな女の子が大人の女性に
なってしまったような人です。
そしてすごいのは、自分の可能性をどんどんと広げているところ。
今、ウォークインホームという設計ソフトを自在に操り、お客様への
ご提案業務にも余念がありません。
常にお客様の気持ちを優先し、言葉にならない思いを的確にくみ取って
いきます。
そして、自分でできることは、自分でやる。
それをきっちり実践しています。
たとえば、DIY。すのこや靴箱を作るなど、目標を決めて邁進します。
多忙な中、住環境福祉コーディネーターの資格も取得。
お客様にご満足いただけるご提案できるようにというモチベーションを
常に高めています。

この二人の凄いところは、多々ありますが、お客様のご予算とご希望を
最大限に尊重します。そのためなら、業者さんに頼む仕事さえも自分たちで
できることは、自分たちでやってしまう。

お住まいというのは建ててしまえば終わりということではありません。
誰がどういう思いで建てるのか、そしてそういう思いをくみ取り
お客様に共感し、寄り添って、いつでもご相談にのれる存在。
お住まいを建てた後、リフォームの後、お住まいを建てた会社との
関係はまだまだ続くと思います。
でも、それは、誰でしょう。
誰が、責任をもってお住まいの相談にのってくれるのか。
お住まいを建てる、リフォームを考えているというお客様は、是非
色々な会社に足をお運びください。
そして、ご自身の目で吟味いただければと思います。


 

★市川市HABITA見学会 【吉野】★ 2010年03月25日(木)

3月20・21・22日に市川市曽谷オーナーズ展示場にて見学会を行いました。
カーテン・家具も入り、より一層、イメージがつかみ易くなったHABITA展示場。

市川市堀之内で建築されたM様もお見えになりました。
もちろん、ピーちゃんも。
ピーちゃんに会うと癒されます。



奥様はリビングに使用したプリーツカーテンが気に入ってくださったようで、カタログをお持ち帰りになりました。



現在お打ち合わせさせていただいているK様のお子様。HABITAの造りが面白い様で、楽しそうに色々な所を見て回っていました。



2時間近くのお打ち合わせでしたが、げん君もゆう君もとてもいい子で待っていてくれました。
げん君、又一緒にWiiでゲームしようね。


お打ち合わせをさせていただいているK様奥様と、N様奥様。げん君とミーちゃんも初対面です。
お互い興味深々。仲良しになってくれたら嬉しいです。



3日間で10組21名とぴーちゃんがご来場くださいました。ありがとうございました。
今回、インテリア、家具、カーテンのトータルコーディネートをさせていただきました。
お施主様の好きな色、イメージ、そしてご予算に合わせ行いました。
お施主様も大変気に入ってくださいましたが、ご来場いただいた方にもお褒めの言葉を頂戴し、嬉しい3日間でした。

お手持ちのインテリアや小物も活かし、リーズナブルで高級感の出るように工夫した空間。
ご覧になりたい方は是非ご連絡ください。 047-703-5210




 

回回回言葉の不思議回回回【坂本】 2010年03月19日(金)

言葉ってつくづく難しいと思います。

特にそう感じるのが、料理の感想。
一時期、料理番組などでやたらといろんな言葉を駆使して語っていました。
「まったりとした食感でかつ、もったりとしていながら口に広がる云々」

最近の料理番組ではやたらと「優しい味」という言葉が多用されています。
「優しい味」ってどういう味なんでしょう。
見ていて、さっぱりわけが分からないのは、私だけではないはずです。

今日、今までのアンケートを整理していました。

HABITA200年住宅でお住まいを建てたY様邸にご来場いただいたお客様の
ご感想が、際立って特徴的でした。
言葉が少ないのです。

「素晴らしい」
「気持ちがいい」
「いい香り」

本当に感動した時は、言葉にならないこともあります。
HABITAのお住まいには、五感に訴える何かがあるのでしょうか。
頭で考えた言葉ではない、体が発する言葉というのでしょうか、
そんな素直な感覚的なもの。
お客様のアンケートを読んでいて強烈に感じました。

明日から3日間、曽谷のHABITAで現場見学会をおこないます。
頭で考えるのではなく、体で感じる住宅を体感してみたいという
方は、是非、ご来場ください。

そして、ご感想をお聞かせ願いたいと思います。
 

★200年住宅HABITA宿泊体験 【吉野】★ 2010年03月19日(金)

浦安市にお住まいのN様が宿泊体験にいらっしゃいました。

N様は、ご主人様、奥様、そして9か月になる女の子のみーちゃんの3人家族です。

N様ご夫妻は前回のイチゴ狩りツアーに参加されてから、HABITAファンになってくださいました。
ツアーから戻られてずーっとHABITAのカタログを毎日眺めていた主人様。


奥様と相談して、1週間後にお電話くださり、家について相談したいとのことでしたので、この機会にまずはもっと良くHABITAの建物を知っていただこうと宿泊体験をしていただくことになりました。

奥様は木のぬくもりと、開放的な建物をとても気にいってくださいました。

そしてご主人様もとても暖かく過ごしやすいとおっしゃってくださいました。

現在HABITAには6畳用のヒーターが2台設置されていますが、1台しか使用していません。
1階のみで使用していますが、2階も十分暖かく、暖房器具が必要ありません。

そして、何より、お子様が、1度も起きることなく寝ていたことにびっくり。

みーちゃんは寝るまでも時間がかかりますが、一度寝ても何度も目をさましてしまい、寝ぐずりをするので
大変だとおっしゃっていました。

はだしで歩いても寒くない床。そして、広々とした浴槽。森林浴気分の空間。 どれも気持ちがいいと満足そうに言っていただきとても嬉しくなりました。

前回打ち合わせした時は家具やカーテンは搬入されていませんでしたが、今回はすべてが搬入され、もっと良くなったと言ってくださいました。

プリーツカーテンも気に入ってくださったようです。


「うちもこんな感じがいい」といってくださいました。

階段で遊ぶ奥様とみーちゃん。 可愛いですね。

その後土地を確認し、ご要望を聞きながらプランを作成しました。

次週にはプランボードを作成し、ご説明させていただきますね。

あっそして、N様からサプライズプレゼントが!!

前回、お会いした時、柴田の誕生日が3月だということを話していたらなんと、ご主人様がスポンジを焼いて持ってきてくれました。そして、なんと生クリームまで!!
さっそくイチゴを買ってきてスポンジの間に生クリームとイチゴをサンドし、デコレーションしました。
デコレーションは柴田がしました。 中々上手です。

N様、ごちそうさまでした。大変おいしかったです。
そして、ありがとうございました。

家族が笑顔でいられる家づくり。精一杯がんばります。




 

■曽谷HABITAカーテン取付 【柴田】■ 2010年03月19日(金)


昨日注文していたプリーツカーテンと、カーテンレールが納品されました。

さっそく取付です。

まずはブラケット取り付け位置を確認。


2階のレールを組立する吉野。




ブラケットの取り付け位置を確認し、インパクトを使用して取付です。

後は本体をセットして完了です。

本日は浦安市のN様が宿泊体験でお見えになります。
気に入っていただけるでしょうか?ドキドキです。

HABITAの雰囲気にぴったりのプリーツカーテン。
ご覧になりたい方は是非現場見学会にお越しください。

現場見学会情報はこちらです。→8人中7人がぐっすり眠れる家HABITA200年住宅


 

■曽谷HABITA家具決定【柴田】■ 2010年03月16日(火)



3月の上旬にお施主様と一緒に家具を選びに船橋のららぽーとへ行ってきました。
ららぽーとにはアクタスを始め、フランフラン、モーダエンカーサ等インテリア家具を取り扱っているお店が集中しています。
又、近隣にはイケヤもありますので、お施主様の予算や好みに合った家具がお選びいただけます。

侮れませんイケヤ。品揃えも豊富です。使い方を想像するとワクワクします。


今回お選びいただくのは電話台、テレビボード、ローテーブル、ラグ、そしてカーテンでしたが
決定したのは電話台、テレビボード、ローテーブルでした。

約6時間かけて各店舗を見ていただきましたが、やはり色々目移りしてしまうのですね。
お選びいただいた家具はすべてウォールナット調でまとめました。



カーテンはY様がお任せしますとのことでしたので、吉野が事務所に戻ってから選び、発注をかけました。
吉野が選んだ1階のカーテンはプリーツカーテンという立川ブラインドの商品です。
(男前の吉野、またしても、潔く決めていましたが、大丈夫でしょうか?)

2階はカーテンレールのみをオーダーし、カーテンは既成のものを選び、コストダウンを図ったようです。
(カーテンは3月18日に納品されます。)

インテリアの入った曽谷HABITA。吉野の選んだカーテンはお部屋のインテリアとマッチするのでしょうか?

3月20.21.22日の現場見学会でお披露目です。
是非お越しください。



 

■同級生の0歳児 アカちゃんズ 【柴田】■ 2010年03月14日(日)

3月13日二組のお客様とお打ち合わせをさせていただきました。

偶然にも浦安市にお住まいで、車で7分程の距離の所にお住まいです。

そしてお子様もなんと同い年。
K様は3カ月の男の子、N様は9カ月の女の子です。

すごい偶然ですね。
これも何かの縁でしょうか?

そして・・・市川市にお住まいのM様にも待望のお子様(男の子)がお生まれになりました。
おめでとうございます。

実は偶然にも皆様同じエリアを検討中なのです。

同じ学校に通う可能性もありますね。

そんなことを考えていたら自分の小学校の頃を思い出してしまいました。
小学校1年生の時によく、一緒に遊んだあやねちゃん。
元気でしょうか?
 

★お姉さんズ集合  【吉野】★ 2010年03月14日(日) 

この日は朝からフットワークも軽く、旭の目黒姉さんと二人で曽谷HABITAへ。

久しぶりのお姉さんズ集合です。

まずは軽ーく積み木づくりから。

ガレージで作業をしているとご近所の方から
「今日はなにしているんですか?」とご近所の方からお声をかけていただきました。

今日はということはいつも何かしていると思われているのかしら…・

確かに手打ちうどんをつくったり、果汁酒つけたりしてますが、それはそれで私達が目指している住宅づくりに通じています。



「DIY!」   Do it your self! 
お姉さんズ流にいいますと、「自分で作っちゃえ!」

環境にも優しく、そして健康で、楽しく過ごしたいから、出来ることは自分でする。
人任せにせず、なんでも挑戦したい。これが私達のモットーです。
要するに好奇心が旺盛なのです。

端材を丸のこで切り、角をヤスリがけしてしているワイルドな目黒姉さん。
ご近所のみなさん、積み木が出来上がったらお庭に置いておきますね。

そして、丸のこが到着したので依頼されているすのこづくりを再開しました。
花粉症のメガネではありません。DIY用の保護ゴーグルです。ちょっとウルトラマンチックです。

「どれくらい間、開けようか?」  「えーと5mm位かねぇ」 時にはこのアバウトさも必要です。

DIY最高です。
時間が経つのを忘れてしまいます。
あっ、まずい19時30分からお客様と打ち合わせでした。
片付け・片付け・・・



 

回回回 床から魚座まで 回回回 【坂本】 2010年03月09日(火)

床材には様々な種類があります。
例えば大きく分けて、木質系・繊維系・樹脂系・石・タイルなどがあります。

一昔前は、カーペットなどの繊維系が主流であった気がします。
足触りがよく、保温性が吸音性に優れているため、マンションなどではよく
利用されていました。

ただ、掃除の際には掃除機を使ってもカーペットの中の隅々まで埃がとれて
いないような気がするというのと、汚れがついても簡単に張替がきかないという
短所もあります。

そこで、お住まいの床材をカーペットからフローリングに替えるというリフォームも
出てきます。

工務担当の柴田に以前話を聞いたところ、リフォームでカーペットからフローリングに
変更するのはそれほど難しいことではないとのことでした。
それに、リフォームの適正価格というのは素人目にはどうにも理解しがたいものが
あります。

むしろ、時間があれば、自分でできるのではないか・・・そう考えても決して不思議では
ないと思います。
必要なのは、材料と、工具と、ほんの少しの勇気でしょうか。
実際に、その勇気でもの作りに挑戦する二人の心意気に感服いたします。
               ↓↓↓
■ブライトホームあさひDIY工房お姉さんズ発足 【松戸店 柴田】■

自分の住まいのリフォームを、ご自身でやってみたいという方も、是非
ご相談ください。
もちろん、内容により専門の者がしなければならないリフォームもあります。
しかし、まずは、何から始めればよいのか。
セルフ・リフォームを思い立ったら、是非、お気軽にご連絡ください。
当社には、お姉さんズと工務のエキスパート柴田がおります。
どうぞ、ご安心ください。

そして、今日3月9日は感謝の日、ではなくて柴田の誕生日です。
今日もこの冷たい雨の中、現場に出かけていきました。

社長もそうですが、当社関連の人に魚座が多いようです。そこで、魚座の
性格を少し・・・。
魚座生まれの人は、人の話を聞き、感銘し、そして信じやすい性格を持っています。
それはそれとして、良い点なのですが、ただ、話と事実とを結び合わせる術を知らないので、
だまされやすい欠点があります、とか。
みなさんの身の回りの魚座さんはいかがでしょうか。

なんでも邪推するよりは、柴田の屈託のない笑顔はみなを和ませてくれます。

柴田さん、おめでとうございます。
そして、いつも、ありがとうございます。


 

★T様、S様アフターフォロー 【吉野】★ 2010年03月08日(月)



3月7日(日)船橋市にお住まいのT様邸のアフターフォローに行ってきました。

前回点検し、気になる点を大工さんと改善しに行きました。


床鳴りがするとのことでしたが、確認しましたらベットとベットが当たって擦れた音が床鳴りに聞こえていたようです。ベットを離したら音はしませんでした。
ついでにミクちゃんがつけたフローリングの傷も補修してもらいました。

ミクちゃん大きくなりました。子供って成長が早いですね。
←地鎮祭の時のミクちゃん
あどけない表情でとてもかわいいです。



←今のミクちゃん

ミクちゃんも今年で3歳。弟のリクちゃん面倒をよく見る良いお姉さんです。
逢うたびに成長しているミクちゃんにびっくりです。


奥様が焼いたパウンドケーキと、ミクちゃんが型抜きしたクッキーをいただきました。
とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。
ミクちゃんがクッキー作った様子はこちらで見ることができます。 「はじめの一歩♪」 


さて午後は西小岩のS様邸のアフターフォローです。

途中T様のお宅に行く途中にある「たまごやさん」でたまごを購入しました。
いつも色々お世話になっているお施主様のお土産にしました。
もちろん自宅にも購入しました。
このたまごやさんの卵は卵かけご飯に最適です。
私は炊き立てご飯とこの卵があればもう何も要りません。

余談ですが、テレビ番組「いきなり黄金伝説」の企画でお笑い芸人が一緒に生活していた
鶏のしゃくれはここで生まれたそうです。




道も思いの他空いていたので時間より早くS様邸に到着しました。

クローゼットのパイプハンガーが緩いので締め直しをし、外れないように吊り金物を増設しました。

作業が終了し、おいしい和菓子をいただきました。

桜餅と、イチゴ大福。このイチゴ大福ですが、なんと中の餡子が白餡でとてもあっさりしていて
おいしいそうです。柴田と大工さんが頂きましたがとてもおいしいと言っていました。
ちなみに私は桜餅をいただきました。こちらもとてもおいしかったです。桜好きの私としてはたまりません。

S様はおいしいものをよくご存じで、色々教えてくださいます。
S様のお宅へお邪魔するとついつい長居をしてしまい話し込んでしまいます。

T様、S様色々とお気遣いいただきましてありがとうございます。仕事で伺いましたがとても楽しい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

今後もよろしくお願いいたします。




 

■K様土地案内 【柴田】■ 2010年03月07日(日)

3月6日(土)新築をご検討中のK様の土地探しに行ってきました。
K様はご主人様、奥様、そして、2カ月になる男の子のお子様との3人家族です。


前回、K様ご夫妻の通勤時間を考え、そして、子育てのしやすい場所ということで、千葉県松戸市の北総線の駅から徒歩6分の土地をご案内させていただきました。

今回は、K様は現在京葉エリアの浦安市にお住まいの為、東葛エリアの松戸市側をご存じないのでK様が見てみたいというとエリアの土地をピックアップしご案内させていただきました。

まず、千葉ニュータウンのあります千葉県白井市の土地をご案内し、船橋市三咲、薬円台、東中山の土地をご案内させていただきました。

K様は奥様にお見せする写真を沢山撮り、熱心にその土地の特徴などを聞いていらしゃいました。
優しいご主人様です。そして、何よりお子様の環境に良いところを考えておいででした。

ご自分の目で色々な土地をご覧になって松戸市の土地が良い場所だと認識してくださったようです。

K様、長時間にわたりお疲れさまでした。
家は多くの方が一生に一度の買い物です。
ご不明点、ご不安点ございましたら、お気軽にご連絡ください。
 

回回回イチゴ狩りツアー 本丸イチゴ編回回回 【坂本】 2010年03月03日(水)

ツアーの最後を飾るのが、今回のメインイベント「イチゴ狩り」です。

イチゴ狩りというと、しゃがんでイチゴを物色し、イチゴについている泥を
手で払いのけて食す、というのが今までのスタイルでした。
それはそれで風情があっていいのですが、食べ終わる頃には足腰が
辛い状況になるのもまた事実です。

そういう状況を覚悟しながら、イチゴ狩りのビニールハウスに到着すると・・・



なんということでしょう!
立ったままでイチゴ狩りを楽しめる、絶妙な高さにイチゴがたわわに実っています。
他の列に移動したい時には、イチゴの下をくぐってどこにでも移動できます。
今までは、イチゴの上を跨いで移動しなければなりませんでした。
でも、食べ物を跨ぐのはなんとなく気が引けるものです。


しかも、イチゴが地面についていないのでとても衛生的です。

この美味しそうな形と色をご覧ください。
スタッフ一同、仕事ということもすっかり忘れて、イチゴに没頭していました。





香りも良く、甘味が口いっぱいに広がり、誰もが笑顔になるこのイチゴ。
前回の柴田のブログにもありましたが、旭市はイチゴの先駆けであり、
なかなか市場には出回らない逸品です。

旭市のイチゴ。興味のある方は、是非ご連絡ください。

こうして、お客様・スタッフ皆、満ち足りた気持ちで、帰路に着きました。
吉野が話していましたが、旬のものを食べるとパワーをもらえるとの
ことです。確かに、いつも行きと帰りではみなさん表情が穏やかになっている
気がします。

この旭市ツアーは今回で3回目ですが、毎回毎回、国内材を使用した気持ちのいい
HABITAの建物をご堪能し、旬の美味しいものを味わっていただいております。

回数を重ねるごとに、ご参加いただいているお客さまも増えてきました。
お住まいを建ててくださったお客様、これからお住まいを考えているお客様、
旭市に興味のあるお客様・・・そういうお客様のネットワークも確実に広がっています。
当社のイベントが、お客様同士の出会いの場になればと考えています。

帰りのバスの中では、恒例となった高確率ビンゴ゙大会とスタッフお勧めの映画を
ご覧いただきました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
皆様のイチゴを食べていた幸せそうな顔が忘れられません。

M様、S様。
え?違う?
そうですね、私が一番楽しませていただきました。




.